Webライター

現役ライターが解説!Webライター1年目でやったこと、やるべきこと

  • Webライター1年目でやっておくべきことって何?
  • 実際にWebライターとして働いている人が、1年目に何をやったのか知りたいな。

これからWebライターとして働きたいと考えている人、Webライターを本業に考えている人は、1年目に何をやるべきか?気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは実際に私が1年目にやったことや、やるべきことについて紹介していきます

  • Webライター1年目にやったこと
  • Webライター1年目でやるべきこと

Webライター歴5年以上の私が、実際の経験に基づいてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の信頼性(私の経歴)

  • 文字単価0.5円から副業Webライターとして、キャリアをスタート
  • その後独立して3ヶ月で月収45万達成(最高月収75万)
  • 現在はフリーランスのWebライター/ディレクター/マーケター/エンジニアとして活動中

Webライター1年目にやったこと

Webライターの勉強をしている人

Webライター1年目にやったことは以下のとおりです。

1年目でやったこと
  • Webライターの仕事についての情報収集
  • 関連書籍を読み漁る
  • クラウドソーシングで仕事を探す
  • 業務委託契約に移行

それぞれ解説していきます。

Webライターの仕事についての情報収集

「Webライターの仕事はどんなものなの?」「実際に稼げるの?」「どうやって仕事をもらうの?」

など、Webライターとして働く上で気になることは、在職中にとことん調べました。ライターとして活躍している人のブログを片っ端から読んだりのアカウントをフォローして情報収集。

何事も調べないと気がすまないので、気になることは片っ端から調べまくりました。

そのとき得たこととしては、Webライターも二極化していて、全く稼げないライターと、着々と実績を積んで、稼いでいるライターがいるということ

低単価案件に甘んじてはいつまでたっても収入は上がらないことや、ある程度実績を積んで知名度を上げれば、単価は上がりやすいこともわかりました。

並行してライター関連の書籍と、フリーランスとして働くつもりだったので、フリーランス関連の書籍を読み漁りました。

ただ情報収集や本ばっかり読んで、いつまでも行動を起こせないので、ある程度情報収集した段階で、実際に仕事を請けてみることにしました。

クラウドソーシングで仕事を探す

クラウドソーシングサービスは、定番の以下のサービスを利用しました。

能力不足を実感

いきなり仕事を辞めてWebライターになるのは怖かったので、まずは副業でできそうな仕事を探しました。

最初はWebライターの仕事というものを経験しておきたかったので、未経験者OKの低単価の仕事を請けてみることに。

運良く最初に仕事を請けたクライアントさんが、しっかりとした会社だったのが幸運でした。丁重なフィードバックをいただいて、勉強になりましたし、Webライターとしてのスキルも上がっていくのを実感しました。

ただWebライターという仕事は、想像以上に大変であることを実感。納期も短かったので、本業以外の時間はほぼWebライターの仕事に充てました。

また時給換算でも大したお金にならなかったので、早くも心が折れそうになるのをこらえて、いくつか案件を掛け持ちして実績を上げていきました。

仕事に慣れたら比較的報酬が良さそうな案件を探す。

Webライターの仕事も慣れてきたので、文字単価1円以上の案件を探して、実際に請けてみることに。

ここで難易度の高い案件に思い切ってチャレンジできたらからこそ、今もライターとして活動できていると思っています。

ただ中にはリサーチで1日掛かるような案件もあったり、ネット上で情報収集が難しい案件もあったりで、心が折れそうになったこともありました。

また、この時点で安定して収入を得られるようになってきたので、フリーランスとして独立。開業届や確定申告ソフトも合わせて導入。

フリーランスになって実際にやった手続きについては、以下にまとめています。

この頃は実績も上がってきたので、直接オファーがくるようなこともちらほらありました。

実績を元にランサーズストア(現スキルパッケージ)にも出品して仕事の依頼を請けることもあり、収入も上がっていきました。

業務委託契約に移行

Webライターは当然だけど手を動かして、クライアントが求めるものを納品しないと報酬はもらえません。

クラウドソーシングサービスは単発の案件が多く、仕事が途切れることが結構な頻度で発生します。システム手数料もなにげに大きいので、並行して徐々に直接企業と取引をする業務委託に移行することに

業務委託先を探す場合は、気になるメディアにコンタクトをとったり、大手ビジネスSNSのWantedlyなどがおすすめです。

ある程度実績を上げるとモテ期が訪れるので、魅力的な案件のオファーが来ることも。この段階で仕事も途切れることなく安定してきました。

Webライター1年目でやるべきこと4つ

Webライター1年目でやるべきこと

他の仕事にも言えることですが、特に専業Webライターとして安定して働く場合は以下の4つは最低限やっておくことをおすすめします。

1年目でやっておくべきこと
  • 生活習慣を変える
  • 継続案件を掛け持ちする
  • プレッシャーに負けないようにする
  • 改善のPDCAを回す

生活習慣を変える

Webライターの案件は、ほぼリモートワーク中心になります。

リモートワークは周りに同僚や上司がいないし、誘惑も多く人によってはつい怠けてしまいがちです。しかし怠けてばかりでは、大きく稼ぐことはできないでしょう。

そのためリモートワークで働くなら、誘惑に負けないでしっかりと仕事ができる環境づくりが必要です

生活習慣を変えて、リモートワークで成果を出すには、毎日のスケジュールは必ず決めておきましょう。

経験上決まった時間に働いて決まった時間に休むなど、うまくメリハリをつけないと、集中して作業をするのが難しくなるので注意が必要です。

継続案件を掛け持ちする

とくにフリーランスとして働く場合は、仕事が途切れる状態を作らないこと。会社員と違って仕事がなくなると収入は一切入ってこないので、気持ちも焦ってしまいがちです。

仕事がない状態にならないためには、複数のクライアントから業務委託契約を結んで、継続して仕事を貰える仕組みを作ることが大切です。

これができれば、会社員以上の収入を得ることも十分可能になります。本業の場合は、くれぐれも単発案件だけの仕事を請け負うのは極力避けましょう。

プレッシャーに負けないようにする

自分のできる範囲の仕事ばかりを請け負っていても、Webライターとしての成長は難しいですし、収入も大きく上がることはありません。

それよりは難易度が高い案件に挑戦したほうが、Webライターとしてのスキルも上がりますし、収入アップも期待できます。

ただし難易度が高い案件は時間が掛かるし、人によっては納期ぎりぎりで相当なプレッシャーになります。

そうなるとストレスで精神的に辛くなることも……。

プレッシャーに負けないための方法はシンプルで、「やりきって自信をつけること」につきます。

自信がないと、いつまでも低単価な案件に甘んじてしまいますし、重労働の割には収入が少ない状態が続いて「Webライターって稼げないじゃん……」となってしまいますね。

私も全く未経験で高難易度の仕事を請けたことがありますが、プレッシャーで吐きそうになることもありました。

ですが、それを乗り越えることで自信がつきますし、次のステップに進むことも可能になります。

改善のPDCAを回す

闇雲に仕事を請けているだけでは満足のいく収入を得るのは難しいですし、いつか頭打ちになります。

そのためには定期的に仕事内容を振り返って、反省点や改善点を洗い出していく必要があります。

具体的には以下の指標を設定して、改善のPDCAを回していくことをおすすめします。

  • KGI(Key Goal Indicator):重要目標達成指標
  • KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指数

なんだか難しそうな言葉ですが、わかりやすく言うとKGIは目標を数値化すること、KPIはその目標達成に向けて、達成度合いを計測するための定量的な指標となります。

このKGI・KPIを設定した上で、改善のPDCAを回していくことでが重要になります。

PDCAの詳しい回し方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ここではWebライター1年目として、実際にやったことを紹介しました。また、Webライター1年目にやるべきことも合わせて紹介しました。

Webライターは自宅で簡単にできる仕事、という認識を持たれている方も多いですが、実際に成功している人は一握りといえます。

ここで紹介していることを実践すれば、Webライターとして必ず成功できる。とは限りませんが、確実にレベルアップはできますので、ぜひ参考にしてください!

あわせて読みたい

こちらの記事もおすすめ