プログラミング

独学でC言語を学ぶためのおすすめ本9選!初心者向けに解説

独学でC言語を学んでみたいけど、おすすめの本ってどれ?
本でプログラミングを効率よく学習する方法を知りたいな。

これから学習本でC言語を学ぼうと思っても、どれを購入するべきかわからない人も多いのでは?

この記事ではC言語を効率よく学習したい人に向けて、おすすめの学習本を紹介します。本で学習する際の注意点についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

独学でC言語を学ぶためのおすすめ本9選

スッキリわかるC言語入門 第2版 (スッキリわかる入門シリーズ) 

人気の高い「スッキリわかる入門シリーズ」のC言語入門書です。

C言語を勉強する上で、プログラミングの概念理解は書かせません。本書では豊富なイラストでC言語ついて分かりやすく解説している他、ストーリー仕立てで飽きることなく身につけられます。

豊富なイラストと解説で飽きることなく、サクサクと学習を勧められます。

Cの絵本 第2版 C言語が好きになる新しい9つの扉

本書はプログラムのことが何もわからなくても、勉強が始められるように考えられた入門書です。わかりやすい図解とサンプルプログラムで、C言語の基礎の基礎を学べます。

C言語の独学に自信がない人、基礎の基礎から学びたい人に最初の一冊としておすすめです。

最新版 12歳からはじめる ゼロからのC言語ゲームプログラミング教室

C言語で本格的なプログラムを作るには、相当な時間を要します。本書では他の学習本のように文字を表示するような地味な学習法ではなく、「グラフィカルコンソール」を用意し、簡単なミニゲームを作りながらC言語の基礎を学べます。

楽しみながらC言語の基礎を学べるので、おすすめの一冊です。

1週間でC言語の基礎が学べる本 (1週間シリーズ)

本書では1週間でサクッとC言語の基礎が学べるようになっています。C言語のプログラミングをはじめてみたいけど、まずはどんなものか試してみたい人向けに、おすすめです。

サンプルプログラムを入力してみることで、C言語の基礎の基礎を理解できるようになります。

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

人気の高い「明解シリーズ」のC言語版です。豊富な図表でプログラミング言語教育界の巨匠が、基礎からわかりやすく解説しています。

また、応用力を身につけるための演習問題も豊富に用意されています。これからC言語の学習を本格的に始めたい人におすすめの1冊です。

新・C言語入門 シニア編 (C言語実用マスターシリーズ)

C言語の基礎から、必要な知識を網羅的に解説しています。少し古い本ですが、具体的なサンプルでわかりやすく解説していますので入門書に最適です。また、学習が終わったあともリファレンスとして使えます。

苦しんで覚えるC言語

C言語の基礎をはじめ、豊富な例題でC言語をマスターするための完全独習本です。タイトルのわりには基本を丁寧に解説していますので、初心者でも無理なく理解できます。また基本のみならずC言語の考え方も学べますので、より深く理解したい人にもおすすめです。

独習C 第4版

人気の独習シリーズC言語版です。1つの章が長く具体的なサンプルプログラムでC言語の基本から応用まで学べます。練習問題がやや難易度が高く、挫折しやすいポインタについても丁寧に解説しています。脱初心者を目指したい人に最適です。

プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠

本書は1989年に出版されたC言語の古典的名著です。初心者にはややとっつきにくいですが、C言語のプログラマーを目指すなら手元に置いておきたい1冊です。

他の入門書を1冊読み切ったあとに、本書を購入することをおすすめします。

C言語を本で独学するときの注意点4つ

本で学習する際の注意点

ここでは、C言語を本で独学するときの注意点について紹介します。

本で学習するときの注意点
  • 出版日はなるべく新しい日付のものを購入する
  • 全てを理解しない
  • 学習スケジュールを決めておく
  • オリジナルポートフォリオを作成する

注意点1.出版日は新しい日付のものを購入しよう

C言語に限らず、プログラミング言語は仕様や新機能が都度アップデートされることがあります。出版日が古い学習本は、最新版の仕様に準拠していない場合も…。

本によっては内容が古すぎて、最新バージョンの言語では全く使えない場合もあり得ます。そのため出版日が古くなく、なるべく最新版の学習本を購入するようにしましょう

ただし本記事でも紹介していますが、古いながらも人気の参考書もあります。

注意点2.全てを理解しない

本の内容を全てを理解、丸暗記しようとすると膨大な時間がかかります。

C言語は汎用プログラミング言語で、さまざまな開発の分野で採用されています。しかしその分他のプログラミング言語と比較して覚えることが多く、難易度も高いです。

本で学習する際は、全て丸暗記する必要はありません。おそらく暗記してもすぐに忘れてしまいます。

そのためプログラミングでよく使う変数、条件式、繰り返し、クラス、関数、構造体、ポインタなどの形を覚えておけばプログラミングでつまずくことはないでしょう。

注意点3.学習スケジュールを決めておく

書籍で基礎を学びたい場合、学習期間は2〜3ヶ月としておきましょう。それ以上長くなるとモチベーションが保ちにくくなったり、学んだことを忘れてまた勉強し直すことになります。

1日1ページのペースで進めてもいつまでたっても終わりません。毎日学習時間は確保しておくことをおすすめします。

基礎学習はさっさと終わらせて、早めに次のステップに進みましょう。

注意点4.学習の仕上げにオリジナルのプログラムを作成する

本の内容を一通りやり終えたら、学習の仕上げにオリジナルのプログラム作成にもチャレンジしましょう

学習本で学んだ内容を元に、C言語でできるプログラムを簡単な設計から取り組んで見ることです。

C言語で実用的なプログラムを作成することで、必要なスキルを一通り理解していることが証明できます。

まとめ

この記事では、C言語を独学するためのおすすめ学習本について紹介しました。また、本で学習する際の注意点についても紹介しました。

C言語は覚えることも多く大変ですが、本で基礎をしっかりと学ぶことで、スキルを身につけることは十分可能です。

テックアカデミーは未経験から実践的なスキルを学べるスクールです。
初心者の9割以上が挫折せずに学べています。

テックアカデミーの無料相談はこちら

テックアカデミーは10〜40代の幅広い層が受講しています。
次の方におすすめのスクールです!
・働きながら副業したい!
・スキルを習得して就職/転職したい!
・今後はフリーランスとして働きたい!

【言語別】おすすめの学習本

最後にプログラミング言語別に、おすすめの本を紹介している記事をまとめました。

リンク先から確認できますので、ぜひ参考にしてください。

初心者が読むべき本おすすめ本を確認する
PHPおすすめ本を確認する
Javaおすすめ本を確認する
Rubyおすすめ本を確認する
JavaScriptおすすめ本を確認する
VBAおすすめ本を確認する
C言語おすすめ本を確認する
C#おすすめ本を確認する
Pythonおすすめ本を確認する
Go言語おすすめ本を確認する
Swiftおすすめ本を確認する
Kotlinおすすめ本を確認する
こちらの記事もおすすめ