フリーランスエンジニア

未経験から組み込みエンジニアになれる?なるために必要なこと

組み込み系エンジニアは特殊なスキルが必要とされる職種ですが、需要が高く安定して働きたいならおすすめの職種です。

しかし、

  • 未経験でも組み込み系エンジニアになれるの?
  • 組み込み系エンジニアに必要なスキルって何?

のようが疑問がある方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは未経験から組み込み系エンジニアになるために必要なことについて、詳しく解説していきます。

この記事を書いている私のスペックは以下です。

  • Slerでシステムエンジニアとして10年開発・設計などに携わる。
  • その後会社勤めに限界を感じてフルリモートワークのフリーランスに。
  • リモートワーク歴5年。
  • スキル:C/C++/Java/Python/PHP/Ruby/Swift/VB/VBA

そもそも組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアとは、家電製品やデバイスなどのハードウェアにプログラムを組み込んで制御するためのシステムを開発するエンジニアです。

プログラムを組み込む機器としては、以下のようなものがあります。

主な機器
  • 家電:テレビ、エアコン、炊飯器、洗濯機、デジタルカメラ
  • 自動車:カーナビ、制御機器
  • デバイス:スマートフォン、タブレット

また、使用されるOSはTRONを採用されることが多く、特に国内ではトップのシェアを占めています。

未経験で組み込みエンジニアになるのは可能?

未経験でも組み込みエンジニアになれるの?

未経験から組み込み系エンジニアになることは十分可能です

。経験者が優遇されることは間違いありませんが、以下の理由で未経験者でも転職しやすい市場であることは間違いありません。

組み込みエンジニアになりやすい理由
  • 組み込み系エンジニアの人材が不足している。
  • 必要な知識は現場でキャッチアップすることが多い。

とくに初心者の場合はいきなり開発業務につくのではなく、テスターなど比較的ハードルの低い業務から徐々に仕事を学んでいくことが多いと言えます。

しかし、未経験と言ってもプログラミング言語の基礎や、ある程度のソフトウェア開発の知識はある程度必要です。特に組み込み系エンジニアの仕事は他のエンジニアの職種と比べても難易度が高く、特殊なスキルやハードウェア、ソフトウェアの知識が必要になります。

そのため、全くのスキルなしでいきなりなるよりは、ある程度の開発の基本は抑えておく必要があるでしょう。

組み込みエンジニアに必要なスキルは?


組み込み系エンジニアになるために、必要なスキルは以下となります。

必要なスキル
  • プログラミング言語C/C++
  • アセンブリ言語
  • OSの知識
  • ハードウェアの知識
  • ソフトウェア開発の知識

組み込み系で採用されているプログラミング言語は主に「C言語」「C++」です。C言語以前は組み込み系開発で主流となったアセンブリ言語が使われていました。

アセンブリ言語は現在では新規で開発する案件は少なく、もっぱら過去の資産の活用や改修などに限られていますので、最低限C言語は理解しておきましょう。

C言語については、次の記事でも詳しく解説しています。

組み込み系エンジニアは、基本的にプログラムの改修は機能追加の仕事が多く、プログラミングの基礎知識及びプログラムの処理や流れが把握できることや、問題点を見つけ出し修正できるスキルも必要です。

また、OSやソフトウェア開発に必要なスキルは、独学で学ぶことはなかなか難しいので、基本情報技術者試験を取得することをおすすめします。

基本情報技術者試験のメリットとしては以下があります。

1.ITの知識・技能に関する共通の評価指標として活用
2.技術の多様化・需要変化に対応できるITエンジニアの育成
3.質の高い試験問題
4.自己のスキルアップ、能力レベルの確認
5.企業等の組織での活用
6.IT利活用力・情報セキュリティ向上策として、あらゆる業種・職種で活用
出典:IPA 情報処理推進機構

基本情報技術者試験の勉強の過程で、ソフトウェア開発における必要なスキルがひととおり学べるので、余裕があったらぜひ取得しておきましょう。

組み込みエンジニアの将来性は?

組み込みエンジニアって将来性はあるの?

結論から言うと、組み込みエンジニアの将来性は高いと言えます。

理由として、さまざまな家電製品やデバイスが増えていることが挙げられます。最近では人工知能(AI)を搭載したり、モノのインターネット(IoT)の普及などにより、ますます組み込みエンジニアの需要は高まると言っていいでしょう。

組み込み系開発の資産が膨大にあることから、保守作業や機能追加などの業務での案件も多く、今後も需要はなくなるといったことは考えにくいです。

上で紹介したとおり組み込みエンジニア自体が不足していることから、なるには今がチャンスと言えます。

エンジニア向けのおすすの求人サイトは?

エンジニア向けの求人サイトってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?
未経験者でも利用できるおすすめの求人サイトを知りたい。

という方に向けて、次の記事では登録しておくべきエンジニア向けの求人サイトを紹介しています。

紹介しているサイトはエージェントサービスも利用できるので、スキルにマッチした仕事の紹介や転職/独立全般のサポートなどサービスが手厚いのでおすすめです。

悩んでいる方は、一度登録してエージェントに相談してみましょう。

まとめ

ここでは組み込み系エンジニアに転職/フリーランスとして独立するために必要なことを紹介しました。

組み込み系エンジニアは難易度が高いですが、その分需要も高く将来性があるので将来に渡って安定して働きたい方にとくにおすすめです。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ