プログラミング

C言語を独学で身につけるコツとは?現役エンジニアが初心者向けに解説

プログラミング初心者の人が、独学でC言語を身につけることは可能なのでしょうか?

  • ​​プログラミング初心者でも独学でC言語を習得できるの?
  • C言語を独学で習得するにはどうすればいいの?
  • C言語はまだ需要はあるの?

このような悩みや疑問に答えていきます。

C言語を長年扱ってきた経験から、プログラミング初心者が実際にC言語を習得する方法、C言語の需要や将来性までを解説していきます

ぜひ参考にしてください!

C言語の特徴やできること

C言語の特徴やできること


C言語は1972年に開発された汎用プログラミング言語です。歴史は古く当時はアセンブラと言われる言語の代替言語として、C言語が広く普及し始めました。

C言語で書いたプログラムを動かすためには、コードを記述したあとにコンパイル(コンピュータが実行可能な機械語に翻訳)する必要があり、コンパイルして生成されたファイルを実行します。

C言語でできることは幅広く、次のことができます。

C言語でできること
  • ゲーム開発
  • ソフトウェア開発
  • 家電の組み込み系ソフトウェア開発
  • 大規模なシステム開発
  • OSの開発

C言語はC++、Java、PHPなどが登場するまでは、さまざまなシステム、ソフトウェア開発で使われていてその数は膨大です。

そのため、今でもC言語で動いているプログラムは数多く存在します。

初心者がC言語を独学で習得するのは難しい?

C言語を独学で習得

結論:C言語は初心者には不向き

プログラミング初心者はC言語を独学で身につけるのはやっぱり無理?
なんか難しそうなイメージ…

C言語を独学で身につけるのは可能ですが、難易度は超高めです。

私も最初に学習したプログラミング言語がCですが、参考書の内容を一通り学習してもポインタや共用体の概念がよくわからず、一から学び直した経験があります。

その時使った参考書が初心者向けでなかったというのもありますが……。

ただ、C言語のあとに登場したC++、Java、PHPなどの主要プログラミング言語はC言語の影響を強く受けています。

はじめにC言語を学ぶことで、他のプログラミング言語も比較的習得しやすくなるといったメリットがあります。

初心者向けの言語から学ぶのもあり

それで、実際C言語は初心者におすすめできるの?

C言語を学びたい強い動機がある人以外はおすすめできません。やはり挫折しやすくポインタやメモリ管理の概念が、独学ではどうしても理解が難しいからです。

また、メモリ破壊やメモリリークのバグもおきやすく、予期せぬ不具合で1日中頭を悩ますこともめずらしくありません

そうなると、

あーもうC言語やだ!!!!

ってなります。

とりあえず何かプログラミング言語を学びたい場合は、RubyやPHPなど、学びやすい言語をおすすめします。

C言語を独学で習得する方法

C言語の学習のコツ

ここではC言語を独学で習得するおすすめの方法を、詳しく解説します。

C言語を効率よく学ぶためのコツ
  • 学習スケジュールを決める
  • まずはC言語の基礎を習得する
  • 質問力を身につける
  • 学習を習慣化する

未経験からC言語を独学で習得したい場合、プログラミングの概要を理解し、正しい順番で学習することをおすすめします。

独学で習得するなら、学習サイトや学習本で実際に手を動かしながら、学んでいくことが大切です。

①学習スケジュールを決めておこう

C言語に限らず、学習するときは必ず学習スケジュールを決めておきましょう。

基礎を学びたい場合の学習期間は3ヶ月程度が目安となります。独学の場合、それ以上長くなると飽きてきたり、学んだことを忘れて再度勉強し直すことになります。

1日1ページのペースで進めても、いつまでたっても学習は終わりません。

基礎学習はさっさと終わらせて、早めに次のステップに進みましょう。

②C言語の基礎を習得しよう

まずは独学でC言語の基本的な処理をある程度覚えておく必要があります。

そのためには、下記の方法があります。

  • 無料のプログラミング学習サービスを利用する
  • 書籍で学習する

C言語の基礎学習は、本とサイトを併用しながら学ぶことをおすすめします。

おすすめの本と学習サイトについては、次の記事で詳しく解説しています。

③質問力を身に着けよう

独学の場合、不明点やエラーが解決できずにそのまま挫折するパターンが多いです。とくにC言語はつまづきポイントが多く、挫折しやすい言語です。

そのため学習で行き詰まったら、質問するクセをつけることが大切です。

プログラミング関連の質問をするなら、エンジニア向けのQ&Aサイトがおすすめです。現役のエンジニアやプログラミングに知見がある方から、回答を貰えることが多いです。

おすすめのQ&Aサイトは下記のとおり。

ただし、回答者がスムーズに答えられるように質問力を身に着ける必要があります。

プログラミングに関するエラーなら、下記を踏まえて質問するようにしましょう。

  • どんなエラー(現象)が発生したか
  • エラーに至るまでの操作を具体的に
  • どのような解決を望んでいるか

曖昧な質問では答えてくれる可能性も低いです。またなんでもかんでも質問するのではなく、まずは自分で調べて解決策がないか、試してみましょう。

エンジニアとしてググって解決するスキルも必要です。

フリカツ

私も独学で躓いたときはよくQ&Aサイトを利用していますが、早ければ10分で回答を頂ける場合もあります。

独学でプログラミングを学習するなら、積極的にQ&Aサイトを活用しましょう。

④学習を習慣化しよう

プログラミングを独学で学ぶ場合、一般的に400〜500時間必要と言われています。現役エンジニアとして必要なスキルを身につけるなら、1,000時間は確保したいところです。

それだけの時間を勉強するには、毎日継続してコツコツと続けることが大切です。

ただし毎日学習を続けるのは大変です。モチベーションが持続しないとつい勉強がサボりがちになって、そのまま挫折するパターンも有りえます。

そのため継続して学習するなら、毎日決まった時間に勉強ができるようにしておきましょう

毎日決められた時間に学習することで、そのうち習慣化してきます。習慣化すれば学習を続けるのが苦ではなくなります。

C言語の資格取得を目指すのもあり

C言語の資格取得

独学でC言語を学ぶ場合、自分のスキルがどれくらい上達したか、客観的にはかりにくいといえます。

資格を取得することで、スキルの証明にもなりますし転職や案件獲得でも有利になりやすいです

また、資格取得の過程でスキルを体系的に身につけることができます。

参考書を終えて次に何をすればいいのかわからない場合は「C言語プログラミング能力認定試験」の資格取得を目指してみましょう。

資格取得のメリット
  • スキルを客観的に評価できる
  • 資格取得の過程で効率よくスキルを身につけられる
  • 就職/転職で有利になる

【2022年最新】C言語の需要と将来性

C言語の需要
C言語はオワコンって言われているけど本当?
C言語はまだ需要ってあるの?

昔からC言語は将来性がなくオワコンと言われています。これは代替言語(C++やJava)の登場、言語難易度の高いことが原因として考えられます。

そのため、

  • C言語を学習する人が減ってきている
  • C言語ができるエンジニアが少ない

といった状況となりオワコンと言われる要因となっています。

しかし、前述したとおり昔からあるシステムはC言語で動いている事が多く、他の言語にリプレースするにしても膨大なコストがかかります。そのようなことから、C言語は保守や機能追加などで、まだまだ使われています。

大手転職サービスのdodaと、フリーランス向け案件紹介サービスのフリーランススタートで、C言語の求人を調べた結果は下記のとおりです。

サービス案件数
doda1,366件
フリーランススタート2,461件
2022年1月 C言語の案件数

主要なプログラミング言語よりは少ないですが、まだまだC言語の求人があることがわかりますね。

また、人気プログラミング言語の指標であるTIOBEでC言語の人気度を調べてみると、2022年現在で2位であることがわかります。

TIOBE
出典:TIOBE

そのため、C言語はまだまだ需要や将来性はあると思ってもよいでしょう。

まとめ

ここではプログラミング初心者がC言語を独学で習得するために、おすすめの方法やコツについて紹介しました。

C言語が衰退してきているのは間違いありません。ただし、C言語の資産は膨大にあるため、当面は需要がなくなるということはないでしょう

C言語は後にシェアを拡大した、他のプログラミング言語のお手本となった言語です。

C言語を習得することで、他の言語もスムーズに理解することが可能なため、興味のある方はぜひ習得してみることをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ