プログラミングスクール

CodeShipのおすすめコース、プランはどれ?現役エンジニアが解説

CodeShipのおすすめプランやコースが知りたいな。

そんな方に向けて、ここではエンジニア目線でCodeShipのおすすめのプランと、どのコースを選択すべきか解説します。

この記事を読めば、CodeShipでどのプランやコースを選択するべきかわかります。ぜひ参考にしてください。

CodeShipのメリット・デメリットや評判については、こちらで解説しています。

 CodeShipで学べる6つのコース

CodeShipのコース

CodeShipでは以下の6つのコースを学べます。

ウェブメディアコース・ウェブメディアを作れるコース
・ウェブ開発の基礎やCMSを利用した動的なサイト開発が学べる
フロントエンド開発コース・ウェブページの見た目やデザインを学べる
SNS開発コース・Railsを用いてSNSウェブアプリ開発を学べる
ウェブアプリ&データ処理コース・ウェブサイトの仕組みや人工知能などの開発が学べる
ゲーム開発コース・Unityを用いてゲーム開発が学べる
先進ウェブ開発コース・Reactを用いてウェブサイト構築が学べる

ウェブ系開発のコースが5本、ゲーム開発コースが1本となっています。ウェブ開発は需要が最も多く、初心者でも比較的習得しやすいといえます。

それぞれのコースは初級、中級、上級に分けられています。

初級コース・ウェブメディアコース
・フロントエンド開発コース
中級コース・SNS開発コース
・ウェブアプリ&データ処理コース
上級コース・ゲーム開発コース
・先進ウェブ 開発コース

初級コースや中級コースでも、それぞれ開発に必要なスキルはしっかりと学べます

上級コースは難易度が高いため、初心者がいきなり挑戦するのは難しいでしょう。

CodeShipの無料カウンセリングはこちら

カウンセリングは無料のため料金は一切かかりません。

ウェブメディアコースとは

学べるスキルHTML&CSS / WordPress / PHP
Laravel / MySQL

ウェブ開発の基礎を学べるコースです。CMSを利用して動的なウェブサイトの基礎を学べます。

ちなみにCMSとはコンテンツ・マネジメント・システムのことでWordPressが有名です。

WordPressは無料のテーマをインストールすれば、そのままブログやウェブサイトとして、使用することができますが、ショッピングサイトなど動的なサイトを作る場合は、ウェブ開発のスキルが必要になります。

ウェブメディアコースで学べるPHP、Laravel(ララベル)はバックエンド(Webサーバによるデータ処理や保存などの処理)開発に欠かせないので、ぜひ習得しておきたいおすすめコースです。

フロントエンド開発コースとは

学べるスキルHTML&CSS / JavaScript / Bootstrap / jQuery

フロントエンド開発とは、WebページのデザインやWebブラウザ側の動作を実装することを指します。

フロントエンド開発では、HTML&CSSとJavaScriptのスキルは欠かせないものとなっています。

JavaScriptのライブラリであるjQueryを利用することで、効率よく開発することができます。

またBootstrapは、HTML&CSSとJavaScriptで構成されるフレームワークで、Webページ作成に必要なさまざまな部品が使えます。

SNS開発コースとは

学べるスキルHTML&CSS / Ruby / Rails

RubyのフレームワークであるRuby on Railsを使用して、ウェブアプリケーション開発が学べるコースです。

Ruby on Railsは習得しやすく開発の効率化が可能なため、PHPのLaravelと並んでウェブ開発で主流のフレームワークとなっています。

とくにベンチャー企業など、新興企業で多く採用されています。

ウェブアプリ&データ処理コースとは

学べるスキルHTML&CSS / Python / Flask

Python(パイソン)とPythonのウェブフレームワークであるFlask(フラスク)を用いて、ウェブアプリケーション開発が学べるコースです。

Pythonは人工知能や機械学習の開発で有名な言語ですが、近年ウェブ開発も主流となりつつあります。

Pythonはシンプルな言語構造で理解しやすく、さまざまな用途の開発で使われています。

需要も高く将来性もあるので、学んでおいて損はありません。

ゲーム開発コースとは

学べるスキルC# / Unity

ゲームエンジンのUnity(ユニティ)を使用して、ゲーム開発が学べるコースです。

Unityはプレイステーションなどのコンシューマーゲームの開発、WindowsやMac専用のゲーム開発も可能です。

Untiy単体でもゲームを開発できますが、複雑な処理を実装するならC#(シーシャープ)は欠かせません

ゲーム開発に興味があるなら、ぜひ抑えておきたいコースです。

先進ウェブ 開発コースとは

JavaScriptのライブラリであるReact(リアクト)を使って、ウェブサイトの構築を学べるコースです。

ReactはFacebook社が開発したライブラリで、ウェブサイト構築にあたり必要なUI(ユーザーインターフェース)パーツを作ることができます。

また、Vue(ビュー).jsはJavaScriptのフレームワークで、ウェブサイトのUI開発で使われます。

シンプルな構造で拡張性が高く、導入もしやすいため需要も高まっています。

CodeShipの料金

CodeShipの料金

CodeShipの料金プランは以下の2つです

オンライン通学プラン(4ヶ月)・一括:385,000円(税込)
・月々:13,400円〜(36回分割)
・保証コース:1コース
オンライン通学プラン(6ヶ月)・一括:660,000円(税込)
・月々:22,900円〜(36回分割)
・保証コース:3コース

CodeShipの料金には、以下のサービスも含まれます。

料金に含まれるサービス
  • 開発特化型カリキュラム
  • 全コースのテキスト開放
  • オリジナルサービス開発
  • チャットで質問可能
  • 充実したキャリアサポート
  • 無償延長保証制度
  • 環境構築サポート
  • 開発実務研修

期間内ならどのコースでも受講可能です。

また4ヶ月で1コース、6ヶ月で3コースの保証コースを選択できます。保証コースなら期間内にカリキュラムが終了できなくても、無料で期間を延長可能です

学習サポートも充実していますので、面倒な環境構築から丁寧に指導してもらえますし、わからないことは随時チャットで質問可能です。

また、実務に近い環境での開発スキルを学べるため、即戦力での活躍が期待できます。

CodeShipのおすすめ料金プランは?

CodeShipのおすすめプラン

CodeShipは先程紹介したように、4ヶ月プランと6ヶ月プランがあります。

しかし、未経験者の方はどちらのプランを選べばいいのか?わからない方も多いのではないでしょうか?

4ヶ月コースと6ヶ月コース、それぞれ向いている方は以下のとおりです。

4ヶ月プランが向いている方
  • 仕事があるので長期間学習するのは難しい
  • 短期で集中して学びたい
  • 学びたいものが決まっている
  • なるべく予算をかけたくない
6ヶ月プランが向いている方
  • 4ヶ月コースで習得できるか不安
  • いろいろなスキルを網羅的に学びたい
  • 時間はあるので長期でじっくり学びたい

個人的におすすめなのは4ヶ月プランです。

とくに本気で転職、フリーランスへ転身を考えているなら、短期で集中的に学んだほうがよいでしょう。

さっさとカリキュラムを終了して、現場で開発経験を積んだほうが、エンジニアとして早く成長できるからです。

ただし、どうせならいろいろなスキルを学びたい方、時間や予算に余裕がある方は6ヶ月プランでも良いと思います。

CodeShipで学ぶべきおすすめコースは?

CodeShipで学ぶべきおすすめコース
  • CodeShipではどのコースを選べばいいの?
  • たくさんあってよくわからない……

そのような方に向けて、ここではおすすめのコースを紹介します。

短期でウェブ開発スキルを学びたい方

プラン4ヶ月
選択するコース・ウェブメディア開発コース
・フロントエンド開発コース

「ウェブメディア開発コース」「フロントエンド開発コース」は、ウェブ開発で必要なフロントとバックエンドをそれぞれ学べます。

基本的なスキルを一通り学べますので、短期でスキルを学びたい方におすすめです。

2つのコースを学んだあとは、実務で経験を積んだほうが早く成長できるでしょう。

ゲーム開発スキルを学びたい方

プラン4ヶ月または6ヶ月
選択するコース・ゲーム開発コース

「ゲーム開発コース」で学ぶC#やUnityは、初心者が簡単に習得するのは難しいといえます。

プログラミングの基礎的なスキルがあるなら4ヶ月、まったくの未経験なら6ヶ月をおすすめします。

未経験からウェブ開発スキルをがっつり学びたい方

プラン6ヶ月
選択するコース・ウェブメディア開発コース
・フロントエンド開発コース
・SNS開発コース

こちらの3つのコースを選択することで、フロント側の処理とバックエンド側の主流なPHP/LaravelとRuby/Ruby on Railsが学べます。

Laravel、Railsともに採用している企業は多いので、ぜひ身につけておきたいところです

フロントの処理をしっかり学びたい

プラン6ヶ月
選択するコース・フロントエンド開発コース
・先進ウェブ サービス開発コース

比較的規模の大きなプロジェクトでは、フロントとバックエンドはそれぞれ分業で開発します。

フロント側は、ウェブ開発の中で最も求人が多いので、ぜひおすすめしたいコースです。

「フロントエンドコース」では動的ウェブサイトでの基本的な処理やデザインを学べます。

「先進ウェブ サービス開発コース」では、ウェブ開発で注目度が高いReact、Vue.jsでの開発スキルも身にきます。

Pythonのスキルを学びたい

プラン4ヶ月
選択するコース・ウェブアプリ&データ処理コース

「ウェブアプリ&データ処理コース」はPythonでウェブサイト開発やデータ処理を学べます。

ウェブ開発はPHPやRubyが主流ですが、Pythonでもウェブ開発用のフレームワークも増えてきており、需要も高まってきています。

また、Pythonは汎用プログラミング言語で、特定の用途に特化せずなんでも作れるので、基礎は覚えておいて損はないでしょう。

全くの未経験で、フロントとバックエンドの処理もしっかり学びたいなら6ヶ月コースで、「ウェブメディア開発コース」「フロントエンド開発コース」も一緒に学んでおくことをおすすめします。

結局なにを選べばいいのかよくわからない場合

結局なにを選べばいいの?

IT業界未経験の場合、自分にとって何が正解か?なかなか決めきれない場合も多いのではないでしょうか?

そのような場合は、CodeShipの「無料体験」に申し込んで見ることをおすすめします。

完全未経験者でも安心して体験授業を受講できますし、カウンセリングも受けられるので、自分にぴったりのプランやコースがわかるはずです。

もし悩んでいるなら、思い切って申し込んでみることをおすすめします。

CodeShipの無料カウンセリングはこちら

カウンセリングは無料のため料金は一切かかりません。

まとめ

この記事では、CodeShipのおすすめコースやプランについて、エンジニア目線で解説しました。

CodeShipではさまざまなコースを期間内に受けられるので、自分に最適なコースを選択できるかが重要になります。

この記事を参考にいただいて、自分にぴったりのコースやプランを見つけていただければ幸いです。

CodeShipの無料カウンセリングはこちら

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ