プログラミングスクール

DIVE INTO CODEはおすすめ?口コミ・評判を現役エンジニアが解説

  • DIVE INTO CODEはおすすめのプログラミングスクールなの?
  • 口コミや評判、おすすめの理由を知りたいな

そのような疑問にお答えします。

この記事の信頼性(私の経歴)

  • SIerのシステムエンジニアとして10年勤める
  • 会社勤めに限界を感じてフリーランスとしてのキャリアをスタート
  • 主なスキル:C/C++、Java、Swift、VisualBasic、JavaScript、PHP、Python、Linux全般など
  • 現在はプログラミングスクールのメディアディレクター兼エンジニア

DIVE INTO CODEは、Webサービスの開発や機械学習などのスキルをしっかりと学べるプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODEが気になる方は、

「エンジニアとして通用する技術力を習得したい」

「将来でも通用するスキルを身に着けたい」

と考えているのではないでしょうか?

そこで、ここではDIVE INTO CODEについて、エンジニア目線で特徴や評判・口コミ、おすすめの理由について、しっかりと解説していきます

この記事を読めば、DIVE INTO CODEは自分にとっておすすめのサービスかわかりますので、ぜひ参考にしてください。

また、DIVE INTO CODEは無料の説明会も実施していますので、気になる方は申し込んでみることをおすすめします。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

費用は一切かかりません。
オンラインで無料相談できます。

DIVE INTO CODEとは

DIVE INTO CODEのトップページ
DIVE INTO CODE
運営会社株式会社DIVE INTO CODE
事業内容人材育成・教育サービス
授業形式対面(渋谷)、オンライン可
サービス概要本気でエンジニアを目指す方のためのプログラミングスクール
学べる言語HTML/CSS、JavaScript、Ruby
Ruby on Rails、Python
入会金・Webエンジニアコース:100,000円(税込)
・機械学習コース:200,000円(税込)
受講料金・Webエンジニアコース:547,000円(税込)
・機械学習コース:877,800(税込み)
就職/転職サポートあり
対象者・プロのエンジニアとして活躍したい社会人の方
・自分でWebサービスを開発してみたい方
・高い学習効率でプログラミングを学びたい方

DIVE INTO CODEは、未経験からでも本気でプログラミングを学びたい人のためのプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODEの特徴として、以下があります

主な特徴
  • 問題解決能力
  • 仲間と共に学べる
  • 手厚い就職サポート

教材の内容をただ書き写すだけでは、プログラミングスキルはなかなか身につきません。

DIVE INTO CODEは実践的な課題を突破することで、プログラミングスキルや問題解決能力が身につけられる学習の体系になっています

また、同期とのペアプログラミング、ディスカッションを通して、切磋琢磨学ぶことができます。

プログラミングスキルを身に着けて、就職/転職したい方に向けて手厚い就職サポートも受けられます。

DIVE INTO CODEは、仕事で使えるプログラミングスキルを本気で学びたい方におすすめのスクールです。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

DIVE INTO CODEの2つのコース

DIVE INTO CODEのコース

DIVE INTO CODEは以下の2つのコースを提供しています。

Webエンジニアコース・入学金:100,000円(税込)
・コース料金:547,000円(税込)
・学ぶ言語:Ruby、Ruby on Rails
機械学習エンジニアコース・入学金:200,000円(税込)
・コース料金:877,800円(税込)
・学ぶ言語:Python

それぞれのコースについて、詳しく解説していきます。

Webエンジニアコースとは

フルタイム 4ヶ月土日祝以外、平日10時〜19時(平均8時間/日)
パートタイム 10ヶ月平日19時〜22時:平均3時間/日(平日)
土日10時〜19時:平均8時間/日(土日祝)

Webエンジニアコースは、フレームワーク「Ruby on Rails」でWebアプリケーションを開発するための技術を習得できます。

Web開発においてRuby on Railsは主流となっていますので、ぜひ習得しておきたいスキルの1つです。

Web開発企業に転職したり、Webサービスを開発したいと考えている方におすすめのコースです。

時間がある方はフルタイム、仕事をしながら学びたい方はパートタイムをおすすめします。

機械学習エンジニアコースとは

フルタイム 4ヶ月土日祝以外:平日10時〜19時(平均8時間/日)

Pythonを使って、AI(人工知能)を開発するための機械学習を学べるコースです。

機械学習の分野でPythonはデファクトスタンダードとなっています。Pythonは機械学習を学ぶ上で避けては通れない言語ですので、ぜひ習得しておきたいところです。

また、機械学習エンジニアの数は不足しており、転職するなら今がチャンスと言えるでしょう。

機械学習エンジニアコースはこちら

カリキュラムのイメージ

DIVE INTO CODEの学習は下記の通りに進めます。

  1. 入門フェーズ
  2. 基礎フェーズ
  3. 応用フェーズ
  4. 実績フェーズ
  5. 就職フェーズ

入門や基礎のフェーズでプログラミングの基本をしっかりと学んだあとは、応用フェーズでフレームワークを活用して、開発の効率化を学びます。

エラー対応を通して、エンジニアとして必要な問題解決能力を身につけることが可能です。

実践フェーズでは、実際に開発会社で使われているカリキュラムを通して、より実践的な内容を学習します。

ただ開発するだけではなく、上流工程のWeb開発設計から学べるので、実務で通用するスキルが身につきます。

カリキュラムの概要や各コースの詳細については、無料のオンライン説明会でも確認できます。気になる方は説明会に参加してみましょう。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

DIVE INTO CODEの4つのメリット

DIVE INTO CODEの4つのメリット

DIVE INTO CODEのメリットは以下のとおりです。

  • 仕事で使えるスキルが学べる
  • 学習時間が長い
  • チーム開発ができる
  • 徹底した転職サポート

実際に仕事で使えるスキルが学べる

ただカリキュラムに沿ってプログラミングを学ぶのではなく、実際に仕事で使えるスキルや能力が学べます

そのため、本気で転職を考えている方におすすめです。

たとえばWebエンジニアコースでは、Ruby on Railsを中心とした開発手法だけではありません。

上流工程の要件定義やER図の作成、データベースのテーブル定義書作成など、実践的なスキルが身につきます。

学習時間が長い

DIVE INTO CODEはフルタイムでも最短4ヶ月で720時間と業界最高水準の学習時間となっています。

そのためしっかりと確実にスキルを学べます。

DIVE INTO CODEの場合一般的なプログラミングスクール
約4ヶ月(720時間)約2-3ヶ月(500時間)

チーム開発ができる

一般的なプログラミングスクールは、自己学習しながら都度メンターに質問する形式でカリキュラムを進めます。

DIVE INTO CODEの場合は自己学習とメンターに加えて、同期と学ぶチーム開発があります

チーム開発を通して切磋琢磨学ぶことができますし、学習スピードと効果を最大限に高められます。

徹底した転職サポート

DIVE INTO CODEは、専任のキャリアアドバイザーによる、徹底した転職サポートを実施します。

履歴書や職務経歴書のレビューして、書き方のノウハウをフィードバックしてくれますし、特別講師を招いた説明会イベントもあります。

また、企業説明会も実施しています。求人内容の詳細や現場で求められることについて、講義や個別質問ができる座談会を定期的に開催しています。

DIVE INTO CODEの2つのデメリット

DIVE INTO CODEの2つのデメリット

DIVE INTO CODEのデメリットは以下の2つです。

  • 学べるコースが少ない
  • 受講料金が高い(キャッシュバックあり)

学べるコースが少ない

DIVE INTO CODEで学べるコースは、先程紹介したとおり「Webエンジニアコース」「機械学習エンジニアコース」の2つです。

ただしWebエンジニアは需要が高く、比較的習得しやすいと言えるので初学者にはおすすめです。

機械学習も今後は需要が伸びる分野ですので、エンジニアとして付加価値を上げたい方は、ぜひ身につけておきたいスキルです。

もし、組み込み系開発のスキルやスマホアプリ開発など、他の選択肢も検討している方は、「おすすめのプログラミングスクール」の記事も参考にしてください。

受講料金が高い(キャッシュバックあり)

DIVE INTO CODEは先述したとおり、Webエンジニアコースで54万7千円、機械学習コースでおよそ87万7千円ほどかかります。

ただし、その分受講期間が長くしっかり学べますし、ただカリキュラムに沿って学習するだけではありません。

基本的なプログラミングスキルだけではなく、仕事で使える確かなスキルが身につきます。

チーム開発もあるので、より実践に近い形で学習を進めることも可能です。

また、各コースは経済産業省認定の「第四次産業革命スキル習得講座」となります。

一定の要件を満たす場合は、Webエンジニアコースで(フルタイム)で最大45万円、機械学習コースでは最大56万円のキャッシュバックが受けられます。

そのため、30代〜の方で確実にスキルを身に着けたい方には、とくにおすすめです

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

費用は一切かかりません。
オンラインで無料相談できます。

 DIVE INTO CODEの口コミ・評判は?

ここではDIVE INTO CODEの実際の口コミ・評判について見ていきましょう。

説明会は行ってみる価値あり

説明会で本当に知りたいことを詳しく聞けるのは良いですね。興味のある方はぜひ説明会に申し込んでみることをおすすめします。

仲間に出会えたことに感謝!

DIVE INTO CODEはチーム開発もできるので、一緒に学んだ仲間と交流を深められるのも大きなメリットです。

卒業課題発表会がタメになりすぎる

DIVE INTO CODEは卒業生の課題発表会もあるので、これからプログラミングを学ぶ方にも良い刺激になるのではないでしょうか。

無料カウンセリングが勉強になる

デメリットでも紹介したように、DIVE INTO CODEは少し受講料が高めに設定してあります。ただしその分実務で通用するスキルが学べます。また、機械学習コースはキャッシュバックも受けられます。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

DIVE INTO CODEはおすすめのサービスなの?

DIVE INTO CODEはおすすめのサービス?

結局DIVE INTO CODEはおすすめのサービスなの?

DIVE INTO CODEをおすすめできる人は以下のとおりです。

DIVE INTO CODEをおすすめできる人
  • じっくりとプログラミングを学びたい方
  • 手厚い転職サポートを受けたい方
  • 他業種からプロのエンジニアとして働きたい方
  • 自分でWebサービスを開発したい方
  • 最先端であるAI(人工知能)の分野で働きたい方

DIVE INTO CODEは他のプログラミングスクールと比較して、学習期間が長いです。

その分確かなスキルが学べますので、現場で通用するプロのエンジニアとして働きたい人におすすめのサービスです。

他のスクールにはないペアプログラミングやチーム開発もできますので、効率よく学べますし、受講生同士で横のつながりもできます。

他業種で、将来的にはエンジニアとして働きたいと考えている方は、この機会にぜひ検討してみましょう。

今なら無料のオンライン説明会にも参加できますので、気になる方は詳しく聞いてみることをおすすめします。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

 まとめ:悩むくらいなら行動しよう!

本記事ではプログラミングスクールのDIVE INTO CODEについて、特徴や口コミ、評判、おすすめの理由などをエンジニア目線で解説しました。

ここで紹介したようにDIVE INTO CODEはプロのスキルをしっかり学べますし、途中で挫折しないように徹底的な学習サポートも行っています

また、Webエンジニアコース(フルタイム)で最大45万円、機械学習コースは最大56万円のキャッシュバックが受けられますので、興味のある方はぜひ検討してみましょう。

もし、「プログラミングについてはド素人だけど、DIVE INTO CODEに申し込んでみようかな……」

と考えている方は無料の説明会に申し込んでみることをおすすめします。

説明会は費用は一切かからないので、悩むくらいなら思い切って申し込んでみましょう。

DIVE INTO CODEの無料説明会はこちら

費用は一切かかりません。
オンラインで無料相談できます。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ