フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニア|資格は必要?おすすめの資格5選

小学校のプログラミングの必修化やIT産業の需要増加により、将来に渡って活躍できるエンジニアに転身を検討している人も多いのではないでしょうか?

しかし、エンジニアになるためにはどんあスキルや資格取得が必須なのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

  • フリーランスエンジニアに資格は必要なの?
  • どんな資格を取得すればいいの?

そこで、ここではフリーランスエンジニアになるために資格は必要なのか?どんな資格を取得しておくべきか?について詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアになるための資格は必要なの?


フリーランスエンジニアになるための、資格取得はありなのでしょうか?

結論から言うと資格の取得は不要です。

エンジニアになるための資格取得は必ずしも必要というわけではありません。

フリーランスエンジニアに必要なのは資格より経験です。そのためフリーランスエンジニアになるなら、資格の勉強をするより実務で通用するスキルを身に着けたほうが良いと言えます。

しかし、未経験者の場合でも資格は取得しておいたほうが良い場合もあります。資格は技術的なスキルレベルを測るものから、IT業界の幅広い知識を問われるものまでさまざまです。

資格取得の過程でそれら必要な知識を無駄なく体系的に学べます。

また、資格を取得することで以下のようなメリットもあります。

資格取得のメリット
  • ITに関わる基本的な知識が身につく
  • 開発に必要な知識が身につく
  • スキルの証明になる
  • 面接のときに有利になる

資格を持っていることで、知識の証明や資格取得するために勉強する時間を惜しまないことも証明できます。

また、スキルをアピールする手段としてはポートフォリオ(自分の作品)を作成しておくことをおすすめします。ポートフォリオとしてアプリやサービスを作成しておくことで、エンジニアとしてのスキルがあることをアピールできます。

フリーランスエンジニアに有利な資格5選


エンジニアの資格と言ってももさまざまな種類があります。ここではフリーランスエンジニアが取得しておいたほうが良いおすすめの資格を紹介します。

ITパスポート


出典:ITパスポート試験

今までIT業界で働いたことがない、ITリテラシーが身についていない方は特に取得しておいたほうが良い資格です。

ITに関する基本的な知識が身についていないと、システムの仕組みがよく分からずに業務を遂行することが困難になったり、思わぬセキュリティ事故を起こしかねません。

ITパスポートを取得しておくことで、ITリテラシーに関する幅広い知識を身につけられます。

セキュリティやモラルに関する知識を体系的に得られるので、コンプライアンスの強化に繋がります。また、ITパスポートの取得を推進していく企業も多く、業界未経験からエンジニアへ転身する場合は、取得しておくことをおすすめします。

基本情報技術者


出典:IPA情報処理推進機構

基本情報技術者は、ITエンジニアとしてキャリアをスタートするために最適な資格です。

資格勉強の過程でエンジニアとして必要なハードウェアやソフトウェアの基礎知識、情報セキュリティやマネジメントなど幅広い知識を身につけられます。

業界未経験の場合は難易度が高いと感じるかもしれませんが、IT業界で働くために必要な知識が身につくため、ぜひとも取得しておきたい資格の1つです。

Python 3 エンジニア認定基礎試験


出典:PythonED

プログラミングのスキルを身に着けたいなら、言語系の資格を取得しておくことをおすすめします。

「 Python 3 エンジニア認定基礎試験」はPythonによる文法の基礎知識を問う資格です。オライオン・ジャパンから出版されている「Pythonチュートリアル 第3版」の範囲から出題されます。

この資格は比較的難易度が低いため、プログラミング初心者が取得するにはおすすめの資格です。資格勉強の過程でプログラミングの基礎知識も身につきます。

LPIC


出典:Linux Professional Institute

Linux技術者認定試験(LPIC)はLinuxに関する基礎知識や技術力を認定する資格です。資格を取得することでLinuxに関する知識を一通り身につけられます。

開発においてLinuxを使用する機会は多く、とくに規模の大きなシステム開発では高い割合で使用されています。実際にLinuxを操作して設定などを行うのは主にインフラエンジニアの役割になりますが、自分で触れるようになるとなにかと便利です。

資格はレベル別に3種類あり、初心者の場合はレベル1を取得するだけでもLinuxの基本的な知識は身につくのでおすすめです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト


出典:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はエクセルやワードなどのオフィス製品のスキルを証明するためのスキルです。

実際にエンジニアの仕事はただプログラミングやテストをするだけではなく、エクセルを使用して機能一覧表を作成したり、ワードで手順書や仕様書を作成する機会はよくあります。

オフィス製品を触ったことが無い方はもちろんですが、なんとなく使っている人でも資格を取得することで膨大な機能を効率よく使いこなすスキルが身につきます。

エンジニアになるためのおすすめプログラミングスクール

まずはプログラミングのスキルを身に着けたい

前述したとおり、初心者がエンジニアになる場合は、実務で通用するスキルを身につけておく必要があります。

効率よくスキルを身に着けたいならプログラミングスクールで学習することをおすすめします。最近ではオンライン完結のスクールも多くネットとPCがあれば学べるので、独学に自信がない場合はスクールも検討してみてください。

スクールのメリット
  • 独自のカリキュラムで効率よく学習できる
  • わからないことは質問してすぐ解決できる
  • キャリアサポート(就職や転職、独立)もしてくれる

次の記事ではオンラインで学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介しています。

おすすめのエンジニア向け求人サービス

求人サイトってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?
未経験者でも利用できるおすすめの求人サイトを知りたい。
失敗しない求人がしたい。

という方に向けて、次の記事では登録しておくべきエンジニア向けの求人サイトを紹介しています。

紹介している求人サイトは全てエージェントサービスが利用できるので、スキルにマッチした仕事の紹介やなるためのサポートなど、サービスが手厚いのでおすすめです。

悩んでいる方は、一度登録してエージェントに相談してみましょう。

まとめ

ここではフリーランスエンジニアになる際に有利になるおすすめの資格を紹介しました。エンジニアになるために必ず資格を取得する必要はありませんが、取得しておくことでさまざまな知識が身につきます。

また、資格勉強は効率よく体系的に知識が得られるので、余裕があったらぜひ取得しておきましょう。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ