furikatu

自由に働きたい人のために役立つ知識を紹介

フリーランスが老後も幸せにいきるためにやるべきお金のこと

マンガ 自営業の老後

マンガ 自営業の老後

はじめに

みなさんは老後も幸せに生きるためにキャリア設定はできていますか?

老後なんてまだまだ先と思われる方もたくさんいると思いますが、

フリーランスが老後も悠々自適に暮らすためには、

「将来のキャリア設定」
「お金」

に関しては無視できない大きな課題となります。


フリーランスや自営業の場合、日々の仕事で手一杯で最低限加入しておくべき国民年金も未納になりがちな方も多い印象です。

しかし、本書「自営業の老後」を読むことで、改めて保険の重要さを認識することができます。

きっちりと支払っていれば、生きている限り年金はもらえるので、何がなんでも払うべきと本書は説いています。

以下本書で参考になった箇所を紹介します。



「確定拠出年金」と「小規模企業共済」

老後の蓄えとして、検討して欲しいのが「確定拠出年金(iDeCo)」「小規模企業共済」です。

どちらも国の制度で、公的年金とは別に自分でお金を備えて老後に備えようというもの。

確定拠出年金の特徴として、

  • 掛け金は全額所得控除
  • 運用益は非課税
  • 掛け金は5,000円〜68,000円

などが挙げられます。

確定拠出年金は個人的に手数料が低く、さまざまな商品を取り揃えている楽天証券か、SBI証券がおすすめです。

・楽天証券
個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ) | 楽天証券

・SBI証券
iDeCo(個人型確定拠出年金)|SBI証券


一方小規模企業共済の特徴は、

  • 掛け金は全額所得控除
  • 予定利率が高い
  • 掛け金は1,000円〜70,000円

となります。

小規模企業共済は、掛け金1,000円から初められて節税効果と有利な利廻りの適用があります。

取り扱いは委託団体または金融期間から。

生涯収支を出してみる

生涯収支とは、人が一生で使うお金の金額です。

自分が何歳まで働くかを想定して、支出を予測してみるものです。

1年ごとの収入と支出、貯金金額を予測計算し、赤字にならないように生涯の収支を合わせる

を基本に支出を予測します。

年金を増やせる「国民年金基金」

会社員には厚生年金がありますが、自営業では国民年金しかなくて、国民年金の平均受給額は厚生年金の半分以下である6万5000円程度です。

対策としてはさきほど紹介した「確定拠出年金」と「小規模企業共済」がありますが、「国民年金基金」は会社員との年金額の差を解消するために創設された任意加入の公的年金制度です。

国民年金基金は、終身年金のA型、B型のどちらかに加入することが基本としており、一定期間もらえる確定年金のI型〜V型を組み合わせることが可能。

口数を増やせば掛け金も上がり、もらえる年金額も増える仕組みです。

しかし、以下のようなデメリットも挙げられます。

  • 近年は掛け金が値上げされた
  • 予定利率も下がっている
  • インフレに対応できない
  • 途中で脱退できない
  • 受給金額が掛け金を上回るのに時間がかかる

そのため、国民年金基金に加入するより確定拠出年金」と「小規模企業共済」がおすすめとなります。

気軽に年金を増やせる「付加保険料」

気軽に年金を増やせるのが「付加保険料」で、月額たった400円で増える年金額は「200円×付加保険料納付月数」です。

仮に40年納付すれば、年金額が96,000円増加、10年納付でも24,000円増加します。

ただし、国民年金基金との併用は不可とのこと。

医療保険、生命保険について

・保険は公的なものを目一杯利用したうえで、薄いところを民間の保険でフォローする
・気になるところを掛け捨てでかける

医療保険は、
公的な保険+病気の不安をカバーする保険

生命保険は、
家族構成や自分のリスクに合わせて検討する

保険も大事だけど貯蓄も大事。基本的に公的年金と健康保険の給付でまかなえる。

会計について

会計の知識を養うには「簿記3級」がおすすめ。

自分で決算書を作って申告書を書けば会計の「目」を持てるはず。


おわりに

「自営業の老後」を読んで、なんとなく考えなければいけないお金のことについて、再認識させられました。

とくに本書でも解説している、

  • 確定拠出年金
  • 小規模企業共済
  • 付加保険料

は加入しておくべきでしょう。

さらに余裕があれば、投資信託などでの積立投資をしておくこともおすすめします。