フリ活

自由に働きたいフリーランスのために役立つ知識を紹介

フリーランスSEになるには?メリット・デメリットについて紹介

f:id:mori_nao:20180806203441j:plain
フリーランスの人口は年々増えてきていますが、企業で働いていた人がフリーランスへ転身するケースも増加してきています。

フリーランスは自由な働き方や高収入が期待できるなど、メリットも多いと言えます。

ここではフリーランスSEに転身を考えている人、興味のある人に向けて、フリーランスSEのメリットやデメリット、フリーランスSEになるにはどうすればいいのかを紹介していきます。



フリーランスSEとは?エンジニアとの違いは?

フリーランスのSEは、会社員同様に出向型・常駐型での働き方が主流で、依頼を受けたクライアントに出向いて働くスタイルとなります。

SEはシステムエンジニアの略で、主にシステムの上流工程である要件定義や基本設計などを行います。

エンジニアは主にシステムの下流工程であるコーディングや単体テスト・システム試験などを中心に行います。

また、SEと一言で言っても会社によって業務内容は大きく異なるため、案件や仕事内容によっては上流から下流まで一貫して行う場合もあります。

フリーランスSEのメリット

  • 能力次第では単価を上げられる!
  • 人間関係などのストレスを軽減できる!
  • やりたい仕事を選べる!
  • 仕事量を調整できる!
  • さまざまなスキルを身につけられる!

フリーランスSEのメリットを挙げましたが、強みはなんと言っても能力次第で会社員以上の年収を稼ぐことができることではないでしょうか。

スキルや経験が高ければ、単価の高い案件を得ることも難しくないので、月の単価が80~100万以上の案件に携わることができますし、希少性の高い仕事ならそれだけ単価が上がります。

人間関係に関しても、携わっている案件が終了すれば契約更新しないで次の仕事を探すことができますので、人間関係の悩みをいつまでも抱えずにすむこも可能です。

また、仕事も自分で調整することができますので、でかい案件が一段落ついたらしばらく休みを取って海外旅行に行くなんてことも可能です。

会社員時代のように同じ業務を繰り返すするわけではなく、興味のある分野は積極的に飛び込んでスキルアップを図ることができるのもフリーランスの大きなメリットの1つと言えるでしょう。

フリーランスSEのデメリット

  • 収入が不安定
  • 営業力や交渉力を身につける必要がある
  • 依頼された仕事は自分でやらなければいけない

フリーランスSEのデメリットとしてまず挙げられるのが収入が不安定になる可能性があるということ。

同じ案件を継続して受注すれば、それだけ収入は安定しますが、フリーランスはすぐに仕事を打ち切られる可能性もあります。

次の仕事をまだ探していない段階で仕事を打ち切られてしまった場合、仕事が見つかるまで収入が無い状態が続いてしまいます。

また、フリーランスは基本的に自分で営業や交渉を行う必要がありますし、責任も1人で負わなければいけません。

最近ではフリーランス専門のエージェントサービスも増えてきていますので、営業や交渉が苦手な人は利用してみるのも1つの手段です。

フリーランスSEになるには

フリーランスSEは誰でもすぐになれるわけではなく、会社勤めを数年得て経験を積んでから独立するケースが多いと言えます。

また、クライアントとしてもSEの業務は数年の業務経験を条件にしている場合が多く、フリーランスとしてSE業務を携わりたいと考えている方は、まずは会社員として経験を積むか、フリーランスとしてプログラマーからスタートして経験を積んでからSEとしてのキャリアを検討したほうが良いでしょう。

また、会社によっては資格を重要視するところもありますので、基本情報技術者や応用情報技術者などの資格を取得しておくこともオススメします。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:応用情報技術者試験



まとめ

ここではフリーランスSEのメリットやデメリットやなり方法について紹介しました!

現在IT業界は人手不足のため、比較的案件は増えてきていますが、SEの仕事はそう簡単ではありません。

そのため、まずはしっかりとスキルを身に着けて独立する準備をしていくことが大切です。