フリ活

自由に働きたいフリーランスのために役立つ知識を紹介

Webライターとして希望の時給で働くためには?意識しておくべき大切なこと

f:id:mori_nao:20180920194548j:plain

Webライターとして稼げる人と稼げない人の差は大きく、なかなか収入が上がらない人も多いのではないでしょうか?

「Webライターとして時給単価を上げていきたい」
「そもそも時給を上げるにはどうすればいいの?」

駆け出しの頃は時給換算でお話にならないレベルでしたが、スキルを身につけるうちに、たとえば単価15,000円の記事を2時間で書けるようになったら時給換算で7,500円になります。

ここでは、希望の時給で働くにはどうすればよいか?

Webライター駆け出しの初心者に必要なことを解説します。

時給換算でいくらなら生活していけるか意識する

ライティングの仕事は基本的に1本いくらの単価制の場合がほとんどで、時給制で募集している会社はほとんどありません(見たことありません)

なので、自分で時給換算でいくらの仕事を請け負っていくか、どうすれば希望の時給で働けるかを意識していく必要があります。

たとえば、一人暮らしなら時給1,300円で8時間働けば10,400円。

土日休みとしても月228,800円になるので、十分生活できます。

なら、その1,300円の時給を維持していくためにどうすれば良いか?を考えていく必要があります。

稼げている人の特徴とは

Webライターとして稼いでいる人はどんな特徴があるのでしょうか?

漠然と稼いでいる人をイメージしてみると以下のような感じでしょうか。

  • 単価の高い仕事をしている人
  • ライティングスキルが高い人
  • 専門分野を持っている人
  • 人脈が広い人
  • 書くのが早い人

などが当てはまると思います。

人脈は誰もが持っているわけではないので、Webライター初心者が稼ぐために必要なことはまず以下の2つとなります。

  • 高単価の案件を継続して受注する
  • ライティングのスピードを上げる

それぞれ解説していきます。

高単価の案件を継続して受注する


「高単価な案件=専門性の高い記事」

の場合が多く余程の得意分野がなければ難しいでしょう。

高単価なだけあって誰にでもできるわけではないので、ある程度のスキルが必要です。

たとえば、プログラミングが得意、医療の分野に精通している、など何かしらの専門的知識を持っていると有利です。

ただどうしても高単価な案件を受注したい場合は「案件を受注したあとでキャッチアップする」という手段もあります。

やってみたら以外と簡単だった!

とうこともあるので、チャレンジしてみてもよいかもしれません。

その結果、クライアントに評価されれば継続して仕事を受注することも可能ですし、交渉次第でさらに収入アップが期待できます。

ただ未経験の分野のライティングはいきなり受注するのではなく「自分にできそうか?」ある程度下調べはしておいたほうがよいです。

ライティングのスピードが早い

単価が低くてもライティングのスピードでカバーすることができます。

たとえば1本1,000円の記事を1日15本書けば、日給は15,000円となるので、そこそこ稼げるようになります。

Webライター初心者は数をこなしてから、高単価な案件にチャレンジしたほうが良いかもしれません。

スピードを身につけることでもライティングをする上でのさまざまな能力を身につけることもできます。

また、ライティングはいろいろなジャンルの記事を書くことをおすすめします。

書いているうちに得意な分野が見つかるかもしれませんし、稼ぐチャンスが増えていきます。

スピードを意識するには、「制限時間を設定する」「予定を詰め込む」などの方法が効果的です。

スピードを上げるには時間を意識することが大切で、だらだらとやって単価1,000円の案件に3時間以上時間を掛けていたら時給換算で333円となります。

それなら普通にアルバイトやっていたほうが稼げますね。

また、あえて自分のキャパ以上の案件を受注して、自分を追い詰めることで必然的に書くスピードが上がっていきます。

万人にはおすすめできませんが、なんとしてでも収入アップを図りたいならぜひ試してみることをおすすめします。

まとめ

ここでは、Webライターとして収入を上げていくにはどうすればいいか?について解説しました。

Webライターの収入はピンキリですが、努力次第ではいくらでも高い収入を得ることが可能です。

ここで解説したことを実践して希望の収入を得られるように1つずつがんばりましょう。