フリ活

自由に働きたいフリーランスのために役立つ知識を紹介

【初心者Webライター必見!】文字単価1円を卒業して稼げるライターになるには?

f:id:mori_nao:20180927194840j:plain
在宅でできるWebライターの需要は年々増していますが、単価が低く生活できるレベルまで稼げるライターはまだまだ少ないです。

「Webライターとして生活できるレベルまで稼ぎたい」「文字単価が安いのどうにかならない?」

という悩みを抱えている人に向けて、この記事では文字単価1円を卒業する方法について紹介します。

Webライターの単価の相場は?

Webライターの単価の相場はピンキリです。

ライターと一言で言ってもさまざまなジャンルの記事があって、1記事300円とか低単価な案件から、高ければ30,000円と大きな開きがあります。

低単価な案件は主にクラウドソーシングサービスに多く、初心者歓迎と記載されているような案件では文字単価0.1〜0.5円なんて案件がザラです。

また、クラウドソーシングを利用するとさらに20%の手数料が引かれるため、更に受け取れる報酬額が減ってしまいます

大手が運営するメディアでは1記事2,000~5,000円前後の案件が多く、比較的マニュアルがしっかりと整備されていて、丁重なフィードバックをくれることもあるので、スキルを上げたいならまずはこの価格帯の案件を狙うべきでしょう。

専門性の高い記事は単価も高い傾向があります。

経験談として、レガシーな技術の解説記事やテクノロジー分野の専門性の高い記事なら単価が数万になることもあります。

専門性を要する分、十分な下調べが必要となり時間もかかりますが、毎日1~2記事書くだけで十分に生活するだけの報酬を得ることができます。

また、過去に見かけた案件では医療や心理学などの分野でも記事単価が高かったですが、経験者やその分野に精通していなければ難しいと言えるでしょう。

1円ライターを卒業しよう

よく文字単価1円が相場というのも聞きますが、1円は最低限死守する単価のラインだと思っています。

文字単価が1円なら、なんとか頑張って月30万は稼ぐこともできるかもしれませんが、実体験として正直しんどいです。

吉見夏実さんのような文章を書くのが好きだったり、ライティングスピードが早ければ別ですが。
1円ライターに教えたい、堂々とWebライターを名乗るために必要なこと・スキルアップのポイント | YOSHIMINATSUMI.COM


よほど書くのが好きという人でなければ、安い単価で働き詰めではライターという仕事が嫌になってきます。

Webライター駆け出しで実績やスキルを上げたい場合は、1円やそれ以下の案件に手を出していいと思いますが、なるべく早く1円ライターは卒業するべきでしょう。

ライターとして生活できるレベルまで稼ぎたいなら、文字単価3円以上は目指したいところです。

初心者Webライターが効率よく稼ぐためには

先ほど言ったように単価の高い案件を狙うには専門性の高い分野を狙うべきですが、誰でも専門分野を持っているわけではないですよね。

なので、さまざまなジャンルの案件に手を出して、自分の書きやすい分野や苦手な分野を見極めてみることが大切です。

その過程でライティングのスキルも身についてきますし、得意なジャンルを見つけたら、その分野のスキルを高める努力をすればよいでしょう。

また、ある程度継続して記事を書いてくれるライターさんは貴重な存在ですので、交渉次第では単価を上げてくれることもあるでしょう。

クラウドソーシング卒業しよう

クラウドソーシングサービスは「初心者向けの案件も多い」「仕事が受注しやすい」など大きなメリットがありますが、言うまでもなく単価の安い案件ばかりです。

なので、ある程度実績と経験を積んだなら思い切って自分から営業するのも一つの手段です。

ライターを募集しているメディアはたくさんあるので、自分から営業すれば高単価な案件をを受注できるかもしれませんし、交渉次第で希望する単価にあげてくれることもあります。

(ここら辺の具体的な方法はまた別記事で書いていこうと思います。)

どうしても営業とか面倒でやりたくないなら、比較的高単価な案件が多いサグーワークスがおすすめです。

>>>高報酬の案件多数!未経験でも月収30万円が目指せる!

まとめ

ここではWebライターとして効率よく稼ぐための方法について紹介しました!

単価が低くて喘いでいる人が多いなかで、確実に100万以上稼いでいる人も少なからず存在します。

せっかくWebライターになったのなら積極的に単価を上げるための戦略を考えていったほうが幸せになれますよ。