体験談・ノウハウ

まだ大丈夫!フリーランスになって後悔しないためにやること3つ

フリーランスという働き方に興味があるけど、不安でいま一歩踏み出せない…。
後悔しないためにはどうすればいいの?

せっかくフリーランスになるのだったら、絶対後悔はしたくないですよね。

フリーランスとして後悔しないためには、フリーランスのメリットを最大限に活かしつつも十分な収入を得るための努力が必要です。

ここでは実体験を元に、フリーランスとして後悔してしまう人の特徴、後悔しないための対策を紹介していきます

フリーランスになって後悔する人5つの特徴

フリーランスになって後悔する人

フリーランスになって後悔してしまう人の特徴は、次のとおりです。

フリーランスになって後悔する人
  1. 安易にフリーランスになってしまう
  2. 自己管理ができない
  3. 自分の能力以上のことはしない
  4. 自己投資ができない人
  5. 後回しする

特徴1:安易にフリーランスになってしまう人

世間一般的なフリーランスのイメージとして、以下を思い浮かべる人も多いと思います。

「フリーランスになれば自由に働ける」
「自分の好きな時間に働けて楽」

ですが、現実はそんなに甘くありません。

いざフリーランスになってみると、次のような理由で後悔することになります。

  • 思ったより全然稼げない…
  • 会社員のときより忙しすぎる…

たまたま最初は運良く仕事が軌道に乗っても、同じ方法がいつまでも通用するわけではありません。

特に代わりがいくらでもきく仕事は、より仕事が早い人、優秀な人に置き換えられてしまいます。

フリーランスになるということは、さまざまなリスクを抱えることになります。後悔しないように、今一度よく考えて行動に移したほうがよいでしょう。

特徴2:自己管理ができない人

自己管理ができない人、危機管理ができない人もフリーランスとして後悔しやすいです。

フリーランスはさまざまなことを自分で管理する必要があります。仕事の進捗管理や、収入や支出の管理、日々の振り返りなど。

仕事はサボろうと思えばいくらでもサボれてしまいます。結果的に納期が守れない、月の収入が数万円…なんてことになりかねません。

特に納期が守れないフリーランスは、信用も失ってしまいます

特徴3:自分の能力以上のことはしない

自分の能力やスキルレベルより上の仕事を受けないと、なかなか収入を上げることはできません。

たとえばクラウドソーシングでライターの案件を探すとき、文字単価の高い案件は専門性を要する場合が多いです。

しかし難易度が高いため、条件はいいのに全然応募がない案件をちらほら見かけます。

難易度が高いからと敬遠しては、いつまでたっても誰でもできる安い単価の案件しか受けることができません。

そうなると、満足のいく収入が得られずに後悔することになります。

特徴4:自己投資ができない人

フリーランスは会社員みたいに、毎月決まった給料や自動昇給なんてものはありません。収入を上げたければ、新しい技術や専門分野の勉強とアウトプットが必要になります。

また、毎週毎月振り返りの時間も持てずにただ漠然と仕事をこなしているだけでは、いつまでも収入が変わりません。

それどころか、仕事がない…。なんて状況に陥って後悔してしまうこともありえます。

特徴5:ずるずると後回しにする人

人はどうしても苦手なことや面倒なことはずるずると後回しにしてしまいがちです。

実際に私も後回しにするクセはよくあります。

どうしても気分がのらない……。なんてことはよくありますね。

しかし、弱い自分を受け入れる状態で止まってしまっては、明るい未来は期待できません。そのうち後悔することになります。

フリーランスになって後悔しないためにやるべきこと3つ

フリーランスになって後悔しないためにやるべきこと

フリーランスになって、後悔しないためにやるべきことは次の3つです。

後悔しないためにやるべきこと
  1. 提案力を上げる
  2. 自己管理能力を上げる
  3. 難易度の高い仕事を請負う

やること1:提案力を上げる

仕事を発注するクライアントがその業界に精通していない場合、企画を通したのに内容が覆されたり、仕事内容自体がよくわかっていない。なんてことが今までよくありました。

クライアント側が原因で仕事が遅れることは、よくあります。

二度手間や手戻りを防ぎ、作業をスムーズに進めるために、場合によってはこちらから提案していく必要もあります。こうした提案はありがたがれることが多く、信頼関係を築く上でも重要なのでぜひ心がけてください。

しかし、発注する側の視点から気づいたことは、うざい提案や自分の利益しか考えられていない提案、抽象的で無駄に長文、何を言いたいのかよくわからないような提案は嫌がられるので、注意が必要です。

相手も暇ではないので、簡潔でわかりやすく理路整然とした提案をこころがけましょう。

やること2:自己管理能力を上げる

フリーランスとして一番重要なスキルが「自己管理能力」だと思っています。

フリーランスは作業時間も自由に決められるので、いくらでもサボれます。しかし、そんな状態が続くとニートまっしぐらになって後悔しまう恐れもあります。

そのため、安定して収入を得るためには自己管理能力がなによりも重要です。

仕事ができない理由は、「気分が乗らない」「能力が足りない」「時間がない」などさまざまです。

でしたら、そのできない理由を深掘りしましょう。根本的な原因を突き止めて、習慣を改善していかないと、フリーランスになったこと自体を後悔してしまいます。

今の習慣を改善したいなら、「7つの習慣」を一読してみることをおすすめします。

やること3:難易度の高い仕事を受注する

スキルを上げる手っ取り早い方法は、難易度の高い仕事を受注することです。

誰でもできる仕事は安い案件が多く、高難易度の仕事は単価が高い場合が多いです。

他の記事でも言ってることですが、大事なので何回も言います。後悔したくなければ、多少難易度が高い仕事でも思い切って受けてみましょう

ただし、応募の際には正直に自分のスキルは伝えましょう。要経験者を求めている仕事でも、経験は無いがこれから勉強して期日には納品するという交渉で受注できたことが何回かありました。

仕事を請け負ったからには、責任持ってやりきる覚悟が必要です。

実際請け負ってみるとなんとかなる場合も多く、短時間でキャッチアップせざるを得ない状況になるので、普通に勉強するより成長の度合いが違います。

フリーランスになって後悔しない働き方をしよう

フリーランスになって後悔しない働き方をしよう

フリーランスは全てにおいて、自己責任で行動しなければいけません

ということは、裏を返せばなんでも自由に決められるということです。

前述したように、働く時間や休日も自由に決められるのがフリーランスの醍醐味です。

働き方次第では、会社員より多く収入を得ることも可能です。

せっかくフリーランスになるのだったら、後悔しないように、理想の働き方を実現するにはどうすればいいか?目標を立てて考えておきましょう

フリーランスの目標設定と運用方法については、次のnoteで解説しています。

実践的な内容になっていますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ここではフリーランスとして後悔しないために必要なことを紹介しました。

フリーランスは、実際になってみないとわからない辛さというのがあります。しかし、後悔しないためにどうすれば良いか?ということを考えて行動に移していけば、必ず道は開けます。

ぜひ、後悔しないフリーランス人生を送りましょう。

こちらの記事もおすすめ