フリーランスになるための準備

フリーランスにおすすめの会計ソフト3選!メリットや導入すべき理由とは?

  • 会計ってなんだか難しそう…。
  • フリーランス向けの会計ソフトが知りたいな。

これからフリーランスになる方は、ぜひ会計ソフトを導入しておくことをおすすめします。

会計は税理士に依頼することも可能ですが、10万円以上かかることも……。

一見難しそうですが会計ソフトを使えば、日々の帳簿処理から確定申告まで簡単に行えます

この記事では、会計ソフトのメリットや、フリーランス向けのおすすめの会計ソフトについて、初心者向けにわかりやすく解説します。

※この記事で紹介している会計ソフトは、次のとおりです。

フリーランスが会計ソフトを導入するメリット3つ

フリーランスが会計ソフトを導入するメリットは?

会計ソフトは大きく分けて、クラウド型とインストール型に分かれます。

この記事では、Webブラウザで簡単に使える初心者向けのクラウド型の会計ソフトについて、解説していきます

フリーランスが会計ソフトを導入するメリットは、下記の3つです。

会計ソフトを導入するメリット
  • 銀行口座やクレジットカードと連携できる
  • オンラインで一元管理できる
  • 見積りや請求書の発行も可能

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1:銀行口座やクレジットカードと連携できる

クラウド型の会計ソフトは、銀行口座やクレジットカードと提携することが可能です。口座の入出金データや、クレジットカードの利用データを自動的に取り込んで管理してくれますので、入力する手間が省けます。

さらに自動でデータが反映されるため、入力ミスによる違算を防ぐことも可能です。

また、データを取り込むと同時に「勘定科目」の仕分けまで行ってくれます。この機能があれば、帳簿記帳もわずか数分で完了します。

日々の面倒な帳簿管理が簡単になれば、本来の業務に専念できるようになり、効率や収入も上げられるでしょう。また、プライベートタイムも確保できるようになります。

可能であれば、銀行口座とクレジットカードは事業用とプライベート用と分けて管理されることをおすすめします。

こちらの記事では、フリーランスが持つべきおすすめのクレジットカードを紹介しています。

また、こちらの記事ではフリーランスが銀行口座を解説するべき理由と、おすすめの銀行口座を紹介しています。

メリット2:オンラインで一元管理できる

クラウド型の会計ソフトは、運営会社が管理するサーバー上でデータ管理しています。インターネットが繋がる環境があれば、オンライン上で帳簿管理ができます

経費の決済をなるべくカード決済にしたいと思っていても、駐車料金など現金払いでしか対応できない場合もあります。その際にはもらったレシートや領収書をスマホで撮影してデータを取り込むことも可能です。

領収書などのデータもオンライン上で一括管理され、勘定科目の仕訳も自動的にやってくれます。

オンライン上で管理できるということは、外出先で経費の支払いが発生したタイミングでスマホからの入力が可能です。その都度行うことを習慣化すれば、記載漏れもなくなります。

また、将来税理士に依頼するようになった場合でも、オンライン上で情報共有できるようになります。

メリット3:見積もりや請求書の発行も可能

クライアントへ提出する見積書・納品書・請求書の発行も会計ソフトを利用すれば簡単に作成できます。

もちろん、発行した請求書のデータはそのまま売掛金として反映されます。

ただし、提出書類が発行できる機能は、導入した会計ソフトのプランによっては利用できない場合もあるので注意が必要です。

しかし、この機能が利用できない場合でも、見積書・納品書・請求書は、GoogleのスプレッドシートやExcelを利用すれば、簡単に作成できます。この作業は一度フォーマットさえ作ってしまえば、さほど手間がかかるものではありません。

請求書の作成方法については、こちらの記事も参考にして下さい。

結論:フリーランスは会計ソフトは導入するべき!

フリーランスが会計ソフトを導入するべき理由とは?

ここまでは、会計ソフトを導入する以下の3つのメリットについて解説してきました。

  • 銀行口座やクレジットカードと連携できる
  • オンラインで一元管理できる
  • 見積りや請求書の発行も可能

フリーランスになったばかりで初めて確定申告をする人は、費用負担の面からも会計ソフトを導入することをおすすめします

確かに税理士さんに確定申告を依頼すれば楽ですが、税理士さんへの依頼料は10万円以上かかる場合も…。納税した上で、この金額を支払うのは初心者には負担が大きすぎます。

さらに、確定申告は難しいと思われるかもしれませんが、慣れれば意外と簡単です。

最近ではe-taxが導入されたおかげで、従来の紙ベースでの確定申告に比べて驚くほど簡単にしかもスピーディーになりました。

全てのデータがオンライン上で管理されているので、外出先でも入力できます。そのデータは自動的に仕訳、集計された上で確定申告まで出来るようになっています。

わざわざ税務署に足を運んで、長時間待たされることもなくなりました。

会計ソフトの機能面と、日々の帳簿処理や確定申告の手間と時間短縮の面から考えてみても、ぜひ会計ソフトを導入されることをおすすめします。

フリーランスにおすすめの会計ソフト3選

フリーランスにおすすめの会計ソフトは下記の3つです。

それぞれ詳しく解説していきます!

会計ソフトfreee|会計ソフトシェアナンバー1

freeeのトップページ
会計ソフトfreee
運営会社freee株式会社
料金(個人)スターター月額1,180円(年額11,760円)
スタンダード月額2,380円(年額23,760円)
プレミアム年払のみ398,00円、3,316円/月
※全て税抜価格です。
無料版あり(最大30日)

まず第一におすすめしたいのが、会計ソフトシェアナンバー1のfreeeです。ここまで解説してきた会計ソフトのメリットが、全て網羅されています。

freeeの主な機能は下記の通りです。

  • 対応デバイス:パソコン、スマホ、タブレット
  • 確定申告書の作成・出力
  • 銀行口座やクレジットカードとの同期
  • 請求書の作成
  • 領収書の写真から仕訳データ自動取得
  • 消費税申告
  • 月次推移/資金繰り/売掛/買掛レポート
  • メール・チャットサポート

スタータープランには、消費税申告以降の3つの機能は含まれていません。

まずは、スタンダードプランの30日の無料コースから気軽に始めてみることをおすすめします。ただし、無料版では利用できない機能もありますので注意が必要です。

また、料金については月払いより年払いの方がお得になっています。

会計ソフトfreeeの詳細はこちら

マネーフォワードクラウド会計|学習機能で仕訳も便利!

マネーフォワードのトップページ
マネーフォワードクラウド会計
運営会社株式会社マネーフォワード
料金(個人)パーソナルミニ月額980円(年額9,600円)
パーソナル月額1,280円(年額11,760円)
パーソナルプラス月額2,980円(年額35,760円)
※全て税抜価格です。
無料版あり(1ヶ月)

スマホの家計簿アプリで優秀な、マネーフォワードのクラウド型の会計ソフトです。

マネーフォワードも、freeeと同様にここまで解説してきたメリットを網羅しています。

主な機能は下記の通りです。

  • 対応デバイスはパソコン、スマホ、タブレット
  • 明細データ自動取得
  • Mac対応の確定申告ソフト。アプリにも対応
  • 仕訳の自動入力
  • 確定申告書・決算書作成(他社ソフトからの乗り換えもOK)
  • 引明細は自動で取得
  • 仕訳の勘定科目を自動提案
  • 仕訳ルールの学習機能
  • 請求書作成
  • 経費精算
  • 給与計算
  • 勤怠管理

マネーフォワードも、作業のほとんどが自動化できるように作られている会計ソフトです。

私はマネーフォワードの会計ソフトを使っていますが、仕訳ルールについても、学習機能が搭載されてますので、面倒な仕訳からも解放されます

また、スマホアプリで家計簿を付けるような感覚で、簡単に帳簿処理ができます。

給与計算や勤怠管理機能もありますので、従業員を雇用しようとお考えの場合には便利な機能といえます。

料金設定は、Freeeに比べて若干低めに設定されており、Freeeと同様に年払いの方がお得です。

マネーフォワードクラウド会計の詳細はこちら

弥生会計オンライン|老舗の会計ソフト(今なら1年間無料!)

弥生会計オンラインのトップページ
弥生会計 オンライン
運営会社弥生株式会社
料金製品+セルフプラン26,000円/年
製品+ベーシックプラン30,000円/年
無料版※あり(1年間無料キャンペーン中!)

弥生会計オンライン、20年連続売上ナンバーワンの実績を持つ会計ソフトです。

老舗の会計ソフトが今なら1年間無料キャンペーン中です!

「かんたん、やさしい」の弥生会計オンラインの5つの特徴は下記の通りです。

  • 入力を自動化して、会計業務を効率化
  • はじめてでもかんたん、やさしい
  • グラフレポートでいつでも経営管理
  • あんしんのサポート体制
  • クラウドだからいつでも、どこでも

オフィスにパソコンが導入され始めた頃の会計ソフトと言えば、「弥生」一択でした。

老舗のノウハウを持って作られた会計ソフトを、1年間も無料で使えるめったにないこのチャンスを、しっかりと掴んでみられることをおすすめします!

弥生会計オンラインの詳細はこちら

まとめ

ここでは、フリーランスの会計ソフトについて解説しました。

経理の知識もないのに、フリーランスになったら日々の帳簿作業や確定申告と言われても戸惑うことも多いかと思います。

面倒な帳簿作業や仕訳、確定申告まで、ほぼ作業が自動化された会計ソフトはそんなフリーランスの強い味方です。

今回ご紹介した3つの会計ソフトは、どれも全てその要素を満たしています。

自分にぴったりの会計ソフトを選んでぜひ導入されることをおすすめします。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ