フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアに年齢は関係ある?年齢を気にせず働くには?

フリーランスエンジニアになりたいと考えているけど、自分の年齢でなれるのか?不安な方も多いのではないでしょうか?

  • フリーランスエンジニアに年齢は関係あるの?
  • 年齢を気にせず働き続けるには?

そこで、ここではこれからフリーランスエンジニアになろうと考えている方に向けて、フリーランスエンジニアになるために気になる年齢のことについて紹介していきます。

エンジニアとして、年歴を気にせず働き続けるために必要なことについても解説してます。

フリーランスエンジニアに年齢は関係ある?

フリーランスエンジニアに年齢は?

年齢は関係ない

フリーランスのエンジニアに、年齢は関係ありません。

近年はIT産業の需要増加によりエンジニアが不足している状況です。そのため、以前と比べてエンジニアになるための敷居は確実に低くなったと思っています。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によると、ITニーズの拡大と人口減少などにより、最悪の場合2030年には約79万人の人材が不足すると言われています。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査
出典:経済産業省IT人材の最新動向と将来推計に関する調査

そのため、フリーランスエンジニアになるには、今がチャンスと思っても良いでしょう。実際に幅広い年齢がフリーランスエンジニアとして働いています。

ただし人手が足りないからといって、誰でもフリーランスエンジニアになれるわけではありません。フリーランスエンジニアとして働くためのスキルは必要です。

40歳以上でも仕事はあるの?

さきほどエンジニアになるのに年齢は関係ないと言いましたが、求人においてはやはり年齢の壁は存在します。

求人によっては、40歳以上は案件を獲得する確率は落ちると言われています。

40代未経験でフリーランスエンジニアとして、独立するのはリスクはあります。独学で簡単なプログラムを作れる程度では、仕事でついていけなくなる可能性も……。

フリーランスエンジニアとして仕事を遂行するには、仕様書や設計書を読んで正しくコーディングできるスキルは最低限必要です。

フリーランスは即戦力が求められます。20、30代で経験を積んでから独立するのはありですが、40代以降は独立するための戦略を考えたほうが良いでしょう。

未経験者が仕事を獲得するには

実際に未経験でフリーランスとして仕事を獲得するのは難しく、求人情報でも募集要項に実務経験3年以上など記載している案件が多いです。

もし、40代でフリーランスエンジニアとして活動したいなら、本来なら転職して技術力を高めてからのほうが理想的です。

しかし、もっと手っ取り早くフリーランスになりたいなら、

  • 技術力を証明するためにポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングサービスで副業して実績を積む

を実践してみることをおすすめします。

40代からエンジニアになる方法は以下の記事でも解説していますので、合わせて参考にしてください。

年齢を気にせずフリーランスエンジニアとして働き続けるには

年齢を気にせずフリーランスエンジニアとして働くには?

フリーランスエンジニアとして働き続けるためには、より付加価値の高いエンジニアにキャリアアップしていく必要があります。

  • 幅広い技術力を持つ
  • 上流工程もできる
  • フルスタックエンジニアとして働く

それぞれ見ていきましょう。

幅広い技術力を持つ

エンジニアは人手不足であることを説明しましたが、エンジニアとして幅広い技術力を持っていればフリーランスとしてより柔軟な働き方も可能です。

需要の高い分野以外にもニッチな分野も狙っていけば、よりエンジニアとしての付加価値は高まります。

COBOLやC言語などで書かれたレガシーなシステムもまだまだ保守や仕様変更に伴う機能追加の案件などがありますので、スキルを身に着けておいても良いでしょう。

上流工程もできる

上流の工程もフリーランスに委託することがあります。上流工程はクライアントとの要件定義決めや基本設計、仕様書が作成できるなど幅広い知識が求められます。

その分単価も高く100万(月)以上で募集している案件も多くあります。

また、開発チームの取りまとめや管理などのマネジメントするスキルも求められます。

フルスタックエンジニアとして活躍する

フルスタックエンジニアとは、上流から下流までシステム開発の工程を、横断的に関わることができるエンジニアです。

システム開発におけるさまざまな知識が必要になりますが、上流〜下流のあらゆるスキル・知識がある人材を求めている企業も多いです。

フルスタックエンジニアは、付加価値の高いエンジニアですので単価も高い傾向です。

フリーランスエンジニア向けのおすすめの求人サービス

フリーランスエンジニア向けのおすすめの求人サービスってあるの?
フルリモートワーク可能な求人サービスがあったら知りたい。

という方に向けて、次の記事では登録しておくべきフリーランスエンジニア向け求人サービスを紹介しています。

紹介しているサービスは、案件の紹介からクライアントとの交渉、業務開始後のフォローなどのサービスが手厚いのでおすすめです。

まとめ

ここでは、フリーランスエンジニアとして働くために年齢は関係あるのか?フリーランスとして働き続けるためにはどうすればよいのか?などについて解説しました。

また、年齢を気にせずフリーランスエンジニアとして働き続けるために必要なことについても紹介しました。

フリーランスエンジニアは持っているスキルが高いほど年齢に関係なく有利になりますので、キャリアアップを目指しましょう。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ