フリーランスになるための準備

フリーランスが銀行口座を開設すべき理由とは?おすすめの口座も紹介!

  • フリーランスになったら、新たに銀行口座を開設した方がいいの?
  • おすすめの銀行口座があったら知りたいな。

銀行口座を新規で開設するためには、本人確認書類やマイナンバーカードの提出を求められるなど、手続きが煩雑になっています。

それでも、やはり今後フリーランスとして活動していくのならば、新規で屋号入りの銀行口座を開設することをおすすめします。

この記事では、フリーランスが銀行口座を新規で開設するメリットや、おすすめの銀行口座について詳しく解説していきます

フリーランス専用の銀行口座とは?

フリーランス専用の銀行口座とは

サラリーマンの個人の給与振込口座に振り込まれるお金は、社会保険や税金などが計算されて既に差し引かれています。全ては個人のお金なので、振り込まれたらあとは自由に使えるお金です。

しかし、フリーランスは個人「事業主」です。銀行口座に振り込まれた報酬の中から、事業用の経費、社会保険、税金などを支払っていく必要があります

そのため事業用口座と個人口座を分けておいた方が、管理しやすくなります。

また、事業用と個人用のお金(銀行口座)を分けて管理しておくと、会計ソフトを利用した際に、日々の帳簿処理も確定申告も簡単になります。

フリーランス専用の銀行口座を持つべき3つのメリットとは?

フリーランス専用の銀行口座を持つメリットは、下記の3つです。

銀行口座を持つべきメリット
  • 会計処理で便利
  • 確定申告の手間が省ける
  • 事業での入出金が明確になる

それでは1つずつ解説していきます。

メリット1:会計処理で便利

フリーランス専用の銀行口座があることで、個人のお金と線引きができます。

もし、これを一つの口座で管理した場合には、仕事用とプライベート用と細かく分けていく必要があります。

銀行口座を分けることで、その煩雑な作業をなくすことができます。

メリット2:確定申告の手間が省ける

クラウド型の会計ソフトと、フリーランス専用口座を連携させておけば、日々の会計処理が簡単に済ませることができます。

そのまま確定申告用の帳簿となりますので確定申告も簡単にできるようになります。

フリーランス向けのおすすめクラウド型会計ソフトは、次のとおりです。

フリーランスの会計ソフトについては、次の記事でも詳しく解説しています。

メリット3:事業での出入金が明確になる

フリーランス専用の銀行口座で入出金を管理することで、事業としてのお金の流れが明確になります

フリーランスとしての活動するために、どれだけの経費がかかっているのか、今後どれだけ経費が使えるのか、などを検討する際にも便利です。

また、納税額も把握することができますので、準備資金についても明確になります。

フリーランスが銀行口座を開設するために必要な書類

銀行口座を開設するために必要な書類

今後、フリーランス専用の銀行口座を新規で開設するなら、ぜひ屋号付きで開設することをおすすめします。

必要な書類は、下記の4つです。

  1. 本人確認書類
  2. 開業届
  3. 印鑑
  4. 屋号を確認できる書類(社会保険の領収書、確定申告の控えなど)

屋号付きの銀行口座を開設するメリットは、下記の3つです。

  • クライアントからの信用を得やすい
  • 確定申告の際に便利
  • 匿名性が高くなる

ただし、屋号付きの銀行口座を開設する場合は、即日開設できる個人と違って、約一週間程度かかる場合もありますので注意が必要です。

余裕を持って開設されることをおすすめします。

フリーランスが銀行口座を選ぶ際の注意点2つ

フリーランスが銀行口座を選ぶ際の注意点は、次のとおりです。

  • 手数料は無料か?
  • クラウド会計ソフトと連携可能か?

手数料は無料か?

手数料は全て経費として計上できるとはいえ、少しでも出費は抑えたいものです。1回にかかる金額はわずかでも、年間の金額になるとかなりの負担になってきます。

手数料の自由化ににより、銀行ごとに自由に設定できるようになりました。中にはペーパーレス化の推進のため、通帳発行にも手数料が掛かる銀行もあります。

銀行を選ぶ際には、手数料の金額も外せない判断材料の一つです。

また、口座開設するだけでポイントがもらえる銀行もあるので、その点もぜひチェックされることをおすすめします。

クラウド会計ソフトと連携可能か?

日々の会計処理を簡単に行うためには、クラウド型の会計ソフトとの連携は不可欠です。会計ソフトと銀行によって、連携できるかどうかは違ってきます。

既にお使いか検討中の会計ソフトがあれば、連携可能かどうか必ず確認されることをおすすめします。これも銀行口座を選ぶ判断材料の1つです。

フリーランスにおすすめの銀行口座3選

ここまでフリーランス専用の銀行口座を開設する理由とメリットを解説してきました。

その上で、下記の3つのフリーランスにおすすめの銀行をご紹介していきます。

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • SBIネット銀行

楽天銀行

楽天銀行のトップページ
出典:楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク

2021年現在、数多くのサービス展開している楽天グループの銀行です。とにかくお得なキャンペーンの多さは言うまでもありませんね。

楽天ポイントをお得に貯めたい人なら、口座開設キャンペーンを利用して楽天ポイントをもらえるメリットは外せません。「ハッピープログラム」にエントリーするだけで、楽天ポイントの獲得率が3倍!です

また、手数面でもメリットは受けられます。コンビニATM手数料は月7回まで無料、24時間利用可能です。振込手数料も最大月3回まで無料です。

サービスを多く利用することで会員ステージが上がれば、さらに多くのメリットが受けられます。

このように、ポイントに関するお得さは他の銀行に類を見ないものです。楽天のサービスをよく利用される方にはおすすめです。

ゆうちょ銀行

出典:株式会社ゆうちょ銀行

口座開設の際には店頭に行く必要がありますが、申し込みをすればネットバンキングサービスは受けられます。

また、屋号名のみでの口座開設も可能です。通常は「屋号名+個人名」が口座名義に表記されます。

ただ、屋号名のみの口座は「振込口座」となりますので、普通口座ではなく当座口座扱いとなり、通帳が発行されないのでATMが使えないデメリットもあります。

審査後に口座が開設するため、時間がかかるので注意が必要です

個人口座ならATMの利用手数料は、営業時間中ならいつでも無料です。ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行への送金手数料がいつでも無料なのは他の銀行にはないサービスです。

クライアントに応じて上手に使い分けるために、1つ作っておいても損はない銀行口座の一つと言えます。

住信SBIネット銀行

出典:NEOBANK 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友銀行の出資銀行ですので、信用度も高く強固なセキュリティを誇っています。またSBI証券との連携も可能なので、資産運用口座としても最適です。

本人確認書類もスマホで画像送信でOKです!

同一名義で複数口座の開設が可能というメリットがありますが、屋号付きの口座開設ができないことがデメリットです。

月々の入出金口座、納税用資金のストック用口座、クライアントによってはネット口座が必要。

セブン銀行、ローソン銀行からならATMでの入出金がアプリで完結できます。ATMの機械に触れずに取引完了できるので、新型コロナウィルス対策にも有効です。

まとめ

この記事では、フリーランス専用の銀行口座開設する理由やメリットや、3つのおすすめの銀行口座を紹介して解説してきました。

これからフリーランスとして活躍していくなら、お金の使い方や管理のやり方の知識を身に付けていくことは、避けては通れない必須項目になってきます。

銀行をただお金を預けて出し入れだけに利用するのは、もったいないです。

この記事を読むことで、それぞれの銀行の独自のサービスやメリットを理解できて、銀行をお得に利用するためのお役に立てれば幸いです。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ