フリーランスエンジニア

フリーランスのインフラエンジニアにはなれる?スキル、将来性を解説

インフラエンジニアは単価の相場も高く、将来はフリーランスのインフラエンジニアとして働きたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

  • フリーランスのインフラエンジニアとして働くことは可能なの?
  • インフラエンジニアとして必要なスキルって何?
  • インフラエンジニアの求人はどこで探せばいいの?

しかし、フリーランスのインフラエンジニアとして働くためには、なるための方法やフリーランス向けの案件はあるのか?などさまざまな疑問があると思います。

そこで、ここではインフラエンジニアの基本情報やスキル、求人情報などについて総合的に解説していきます。

ぜひ参考にしてください!

インフラエンジニアのフリーランスにはなれるの?

  • フリーランスのインフラエンジニアにはなれるの?
  • 未経験でも可能なの?

結論から言うとフリーランスのインフラエンジニアになることは可能です。

実際にフリーランスの案件もたくさんありますし、仕事内容によっては初心者でも可能な案件もあります。

また、インフラエンジニアの仕事は企業によって全く異なるため、実際の業務は現場で覚えることが多いです。

しかし、全くの初心者よりは後述するインフラ・ネットワーク周りの知識は抑えておいたほうが良いでしょう。

しかしインフラエンジニアは、仕事の性質上フルリモートワークの案件はまだまだ少ないと言えます。

ただし今後インフラ設備は、クラウド環境に移行していくと考えられることから、リモートワークの仕事も増えてくると予想されます。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキル
インフラエンジニアってどんなスキルが必要なの?

インフラエンジニアの仕事内容としては、システムを運用するために以下のフェーズごとに業務が別れます。

インフラの仕事
  • インフラの設計
  • インフラの構築
  • インフラの保守・運用

設計の段階ではシステムを動作させるために、必要な機材の選定やネットワークの構築方法などを検討します。

構築の段階では実際に機材やLANなどを配線しネットワークがつながるか、など疎通確認などの試験を念入りに行います。

保守・運用ではシステムを安定して動作させるためにインフラ環境の監視・保守などを行います。トラブルが発生した場合でも迅速に対応できるようにインフラ周りの知識が必須です。

その過程で必要となるのが、次のスキルです。

インフラで必要なスキル
  • Linux全般
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • サーバー

規模の大きなシステムほど、サーバーにLinuxが使われます。そのため、Linuxのコマンドやファイル操作などの理解は必須です。

また、端末起動時に自動であらゆる設定が完了できるように、Shellの使い方やネットワークの設定などの知識も必要です。

インフラの環境としては、今後オンプレ(システムを自社設備で簡潔させる)からクラウド環境へ移行しつつあります

サーバーもAWS(Amazon Web Services)やGCP(Google Cloud Platform)などの仮想サーバーに置き換わりつつあります。

仮想サーバーを使用すれば、自社で高額なサーバーを導入しなくて済みますし、セキュリティの観点からもメリットが大きいので今後クラウド環境への移行は進んでいくと思われます。

そのようなことから、将来的にはAWSやGCP関連のスキルも身に着けたほうが良いでしょう。AWSもGCPも無料の範囲でも使えますので、登録して実際に触ってみることをおすすめします。

インフラエンジニアのスキルを効率よく学ぶには?

実際にインフラエンジニアになるにはどうやって勉強すればいいの?

ここで紹介したスキルを全て独学で学習するには限界があります

インフラの知識は独学でも基本的なことは学べますが、実機を実際に触って学んだほうが遥かに効率が良いからです。

そのため、効率よく学ぶためにはスクールに通ったほうが手っ取り早いと言えます。

インフラエンジニア専門のスクール「ネットビジョンアカデミー」は、未経験からインフラエンジニアになるために必要なスキルを総合的に学べます

たとえば、代表的なエンジニア資格である「CCNA」の取得対策と現場で求められる知識、技術を指導を実際にIT機器を使いながら実践力を養えます。

ネットワークエンジニア育成に特化したスクールですので、実機を使った研修が充実していて達成感と習熟度が高いです。

>> ネットビジョンアカデミー(NVA)はインフラエンジニアの教育に全力投球

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアって将来性あるの?

システムが存在する限り、インフラエンジニアの仕事はなくなりません。

多くの企業がインフラの知識がある人材を必要としていますし、慢性的な人手不足のため、今のうちにインフラの知識も身につけておいたほうが良いでしょう。

しかし、上で解説したように旧来のオンプレ環境によるインフラエンジニアとしての仕事はクラウド環境に置き換わりつつあります。

比較的大規模なシステムでは移行のコストを考えると、まだまだオンプレで構築していくと思われますので、構築・保守などの仕事は当面はなくならないでしょう。

インフラエンジニアを取り巻く環境は変わりつつありますが、今後も必要な職種であることに間違いありません。

フリーランスのインフラエンジニアの求人、単価相場は?


ここでは、インフラエンジニアの気になる求人情報や単価の相場について紹介していきます。

次のサービスは、フリーランスに特化していて案件数も豊富なため、登録しておきましょう。

フリーランススタート

フリーランススタートはフリーランスエンジニア向けの求人情報を扱っているサイトで、さまざまな求人サービスの案件を確認できます。

インフラエンジニアで検索すると、703件の求人が存在し、単価は60〜120万円(月)が多く、仕事内容はサーバーの構築や導入、運用などがあります。

フリーランススタートの求人例1
フリーランススタートの求人例2

>> フリーランスエンジニアの案件は【フリーランススタート】

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニア向けの求人を豊富に掲載しているエージェントサービスです。

インフラエンジニアの求人数は1292件と豊富で単価は〜95万円(月)となっています。仕事内容はシステムのインフラ構築やAWSを使った案件も多く見受けられます。

レバテックフリーランスの求人例1
レバテックフリーランスの求人例2

>> フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

まとめ

ここでは、これからフリーランスのインフラエンジニアを目指したい方、興味のある方に向けて、インフラエンジニアの基本情報や求人情報などについて解説しました。

インフラエンジニアはプログラミング言語を扱うエンジニアとは異なり、環境・システム周りの知識を総合的に求められるため、簡単になることはできません。

しかし、スキルを身に着けておけば将来的にも通用しますので、この機会にぜひインフラエンジニアとして第一歩を踏み出してみることをおすすめします。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ