フリーランス

フリーランスが孤独で悩まないためには!?解決法を紹介

フリーランスは基本的に1人で仕事をする場合が多く孤独を感じがちです。

人によっては孤独は耐え難く仕事に支障をきたす場合もでてくるかもしれません。

この記事では、そんなフリーランスの孤独にフォーカスしてどのように解決していくべきかを紹介していきます。

なぜ孤独を感じてしまうのか

職種によりますがフリーランスは自宅で仕事をすることが多く、外部から遮断された空間で1人孤独な作業がつきものです。

フリーランスは自由度が高く、なんでも自分で意思決定ができる反面、常に孤独と向き合うことになります。

打ち合わせもチャットやメールなどのコミュニケーションツールで済ませられるので、家族と同居でもしていない限り1日だれとも喋らずに過ごしてしまうなんてこともありえます。

フリーランスは想像以上に孤独です。周りに話す人がいないため、孤独が徐々に苦痛になって耐えきれないなんてことも。

孤独のメリット・デメリット

孤独のメリット

・生産性が上がる
・煩わしい人間関係が無い
・自由に行動できる

仕事にストイックな人は孤独な状況はむしろ生産性を上げるのにうってつけです。

また、フリーランスは基本的に上司・部下などの人間関係でのストレスが無いので余計な悩みを抱えずに仕事に打ち込むことができます。

仕事の合間に買い物や散歩に行ったり、仕事を早めに切り上げたりとライフワークバランスを意識した働き方も可能です。

孤独のデメリット

・生産性が下がる
・生活習慣が乱れる
・飲み会がない

メリットで孤独は生産性が上がると紹介しましたが、人によっては生産性が下がる場合もあります。

1人の状態だと逆に落ち着かなかったり人に見られていないため、つい仕事をサボって生産性が下がることもよくあります。

また、引きこもり生活が長くなると、人と合う機会が減って服装に気を使わなくなったり、食事や睡眠など生活習慣も乱れがちになてしまいます。

会社員時代は毎週当たり前のように参加していた飲み会もなくなるのも、憂さ晴らしができなくなるので人によってはマイナスの要素となりえます。

孤独の解消法

予定を詰め込む

実践して効果があったのが予定を詰め込んで常に忙しくすること。

自分のキャパ以上の仕事を詰め込んで忙しくすることで孤独を感じる暇が無い状態にします。

ただ人によっては常に仕事に追われる感じで、逆に精神がやられてしまうかもしれないので諸刃の剣となり得ます。

孤独を受け入れる

孤独を受け入れるとは孤独を楽しむことだと思ってます。

メリットで挙げたように孤独を受け入れることで、余計な雑音がなくなり生産性を上げることが可能になります。

孤独は創造性を高めてくれたり、自分の時間を自由に使えることはさまざまな気付きを与えてくれるきっかけになります。

カフェ・コワーキングスペースを利用する

どうしても1人だけの空間が嫌という人はカフェやコワーキングスペースを利用してみるのも一つの手段です。

最近ではフリーランス・個人事業主向けのコワーキングスペースも増えてきていて月額利用料が10,000円代の格安な場所もありますので、気になる人はぜひ利用してみましょう。

客先常駐型のフリーランスになる

どうしても人と接したいなら実際に企業に出向いて働くスタイルの常駐型のフリーランスでも良いでしょう。

常駐型ならチームとして一体感も生まれますし、長期契約の場合が多く継続的に働くことができます。

フリーランス・エンジニア向けの常駐案件も増えてきているので気になる人はぜひ応募してみましょう。

筋トレする

在宅フリーランスは運動不足になりがちなので筋トレやランニングなど体を動かすことをおすすめします。

とくに筋トレは筋肉だけではなくメンタルを鍛えることにも直結するので、運動不足の人はぜひ日常正確に筋トレを取り入れてみましょう。

まとめ

ここでは、フリーランスにつきものの孤独についてメリット・デメリットや解消法についてお伝えしました。

フリーランスに孤独はつきものですが、孤独とうまく付き合うことがフリーランスとして成功するための手段となります。




ABOUT ME
taka
furikatuを運営しているtakaです。SE・プログラマーとして10年働きその後独立。現在ではスタートアップ企業で働く傍ら各種媒体で執筆活動を行っています。 ■フリーランス/プログラミング/ライター/働き方/副業/転職/コラム/SEO/休日/etc…