マーケティング

フリーランスとしてマーケティング業で働くために必要なスキルを紹介

フリーランスのマーケティング業は稼げるらしい、と聞いたことがあるかもしれません。でも、いくら稼げる仕事といっても、仕事内容がイメージできない仕事には手を出せないですよね。

  • そもそも「マーケティング」って何?
  • マーケターとして働くためには、どんなスキルが必要なの?

とお考えの方のために、この記事では、

  • そもそもの「マーケティング」の意味とは
  • フリーランスでの「マーケティング職」の仕事例
  • マーケティング職に必要なスキル
  • フリーランスのマーケターにおすすめの求人サイト

についてまとめました。マーケティング業に興味がある方、働いてみたい方はぜひ参考にしてください。

そもそもマーケティングとは


そもそも「マーケティング」とは一体何でしょうか?Wikipediaでは以下のように解説されています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

簡単に言えば、「マーケティング」は、自社の商品を売るために以下のような活動を行います。

マーケティングのプロセス
  1. 世間の人たちのニーズを探る
  2. ターゲットを絞る
  3. 顧客になる可能性のある人たちがどんな商品・サービスを求めているかを洗い出す
  4. 顧客に「これが欲しい」と思ってもらえるような商品を作る
  5. 顧客の心を動かし、買いたいと思ってもらえるように情報を届ける
  6. ターゲット層に商品・サービスの情報が効果的に届くようにする
  7. こちらから宣伝・販売しなくても顧客の方から買うために動いてもらえるような状態を作る

マーケティングは商品の誕生前から消費者に届くまで、商品を顧客にいかにして届けるか、いかに顧客を惹きつけるかの作戦を練り、継続的に売れる仕組みを作り上げていく、という一連の流れの総称です。

7番目のように、「買ってください」とこちらから売り込みしなくても商品やサービスが売れていく状態を作れたら、マーケティングが大成功したことになります。そのためには、1~3のような市場調査(マーケティング・リサーチ)が必要です。

そして良いものが作れたら、5や6のように、その商品の価値を効果的に伝えるための宣伝活動をします。その宣伝方法も多岐にわたります。

マーケティング活動を行う主な媒体
  • チラシ
  • Web広告:バナー、メルマガ、リスティングなど
  • オウンドメディア:自社サイトやパンフレットなど
  • SNS:Twitter、Facebookなど

これらをうまく使って、口コミだけでは到達できない消費者に商品やサービスの価値を伝えます。

フリーランスのマーケティングの主な仕事


フリーランスのマーケティングの主な仕事は、以下のとおりです。

  • SEO、サイト分析
  • Web広告運用
  • データアナリスト
  • SNS広告運用

それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

SEO、サイト分析

SEOとは、Web上の検索結果のページの中で自分(自社)の記事が上位に表示されるようにするための対策のことです。Webサイト上の、どんな記事を検索上位表示するかの基準についての知識と、それにもとづいて検索順位を上げるためにサイトを分析改善する技術が求められます。

キーワードの選定やホームページのデザインによって新規事業のSEOを行ったり、クライアントのWebサイトのアクセス解析・分析をもとにデザインの改良やSEOの企画提案と実施によってWebサイトの集客アップを図ったりします。

SEOやサイト分析を請け負うマーケターは、さまざまな角度からサイト訪問者を分析し、サイトへの集客アップのための企画を提案・施策を実行してWebサイトのCV(コンバージョン)数アップを目指します。

Web広告運用

Web広告運用を請け負うマーケターは、広告配信の目標を設定し、どの広告枠にどの広告を出すかの戦略を立て、クライアントに提案します。また、打ち合わせの後実際に広告を配信し、広告配信を行なった結果を分析、改善提案などを行います。

広告には「純広告」と「運用型広告」の二種類があります。「純広告」は、特定の広告枠を買い取って広告を掲載する方法です。「運用型広告」とは、リスティング広告やSNS広告、ディスプレイ広告などで特定のターゲットに特定の広告を配信する方法です。

広告にかかる費用は、広告の種類や広告を出すサイトの選択で価格が変わってくるので、クライアントの広告予算に合わせてそれらを組み合わせて運用します。運用型広告の設定や入札金額などをリアルタイムに調整して、費用に対する広告効果を最大化させることが求められます。

広告配信システムは新技術や新機能が次々アップデートされるので、それらを使いこなせるように日々勉強が必要です。

データアナリスト

データアナリストは、データの処理や分析を仕事とする、ビックデータ活用のプロです。ビックデータには、売り上げデータ、顧客データ、気象データ、SNSの書き込みデータなど幅広い分野のデータが含まれます。

大量のデータを集計・抽出して現状を分析したり、対象データの中から無駄なデータを省き、データを分類したりという作業は共通ですが、データアナリストの働き方には、コンサルティング型とエンジニア型の二種類があります。

コンサル型データアナリストは、現場から上がってくるデータを収集・解析して企業の問題点や課題などを洗い出し、データ解析をもとにした解決策を具体的に提案します。
エンジニア型データアナリストは、膨大なデータの中から顧客の行動の特徴と傾向を分析し、そのデータを商品やサービスの開発・改善に活用できるように企業に提供します。

SNS広告運用

SNS広告運用を請け負うマーケターは、SNS上の企業の公式アカウントを管理・運用します。企業が経営とSNS運用を同時進行で行なうのが難しいという場合に、その作業を代理で請け負い、クライアントの新規顧客獲得を目指します。

SNS広告で活用されることの多い代表的なSNS媒体は、Facebook、instagram、Twitter、LINEです。飲食店や美容室で、ぐるなびやホットペーパービューティーなどに広告を掲載すると広告費が高額になってしまうために、SNS広告で集客しようとするケースが増えています。

SNS公式アカウントを作って運用したい場合、SNS側に依頼して広告を出してもらうのではなく、企業が自らSNSアカウントを作成し管理、運用していく必要があります。SNS広告運用担当者がいなくて投稿を頻繁に更新していくのが難しいという企業が、SNS広告運用を外注しています。

マーケティング職として働くために必要な3つのスキル


マーケティング職には、医師と医師免許のような特定の資格は必要ありません。また、「マーケティング職」といっても、企業や業務内容によってそれぞれ求められるスキルは異なります。

ここではマーケティング職として働くために共通で必要なスキルを、大きく分けて3つ取り上げます。

企画・立案

マーケティング職で働きたい人には、新しく何かを企画する力や、問題を改善するための対策を練り提案するアイデア力が必要です。新商品や新サービスを企画しそれを売り込む戦略を立てる時にも、現状を改良していくためにもこの企画・立案する力が求められます。

ビジネスで成功するには、一般に「PDCAサイクル」と呼ばれるサイクルを継続的に回していくことが大切です。

Plan(計画する)→Do(実行する)→Check(評価する)→Act(改善する)

マーケターは、現状を客観視して顧客にアプローチする上での課題を見つけ、それを改善するための解決策を導き出し、より良い企画を立てるという、「Plan」や「Check」の部分に大きく関わります。そのため、柔軟な発想力や新しい角度に切り込んでいける企画力はマーケティングの中でとても大切です。

また、マーケティング施策を上司や関係部署に認めてもらわなければいけないので、論理的で分かりやすく説得力のあるプレゼンをする力も必要です。

情報収集能力

マーケティング職で働く人には、ちまたにあふれている情報の中から、マーケティングに必要な情報を収集する情報収集能力が必要です。作った商品が売れるように、消費者に受け入れられるようにアプローチしていくには、時代の流れやトレンドを抑えておかなければなりません。

マーケティング・リサーチで消費者のニーズや時代の流れを正しく把握できれば、問題点や今後取るべき行動を知ることができます。市場の動向を把握できれば、どうしたら消費者に効果的にアプローチできるかが見えてくるので、結果的に売り上げアップに繋がります。

マーケティングに必要な情報を収集するには、新聞やテレビなどの大手メディアから発信される情報だけでなく、SNSや雑誌、ネットニュースなどからの情報にも目を向けることが大切です。また、マーケティングで活用できる手法やマーケティング関連の用語も変化していくので、時代に合ったマーケティングスキル情報に付いていくことも必要です。

Web全般の知識

フリーランスで働くならパソコンやWebに関する知識が深いほど、断然早く仕事を進められます。Web制作スキルはマーケティング職に必須ではないですが、自社でブログやホームページを運用している企業が多いので、基本的なオフィスソフト以外にもWeb全般の知識がある方が仕事の幅は広がります。

基本的なオフィスソフトには PowerPoint、Word、Excelなどが含まれます。データ分析などでExcelの表作成や関数、ピボットテーブルなどの機能を使うので、オフィスソフトが使いこなせると便利です。

また特にWebマーケターには、SEOやSEM、アクセス解析などの知識以外にWeb制作スキルが求められます。フリーランスでマーケティング職で働くなら、Web全般の知識は身に付けておいて損はしません。

フリーランスのマーケターとして働くために読んでおきたい書籍

マーケティングについて扱った本は数えきれないほどあります。マーケティングと一言で言っても、全体像を把握したいのか 顧客心理を知ってマーケティングを極めたいのかでも、読むべき本は変わってきます。

超初心者向け、脱初心者向けのおすすめマーケティング本をこちらの記事で紹介しています。フリーランスのマーケターとして働くことを考えているなら要チェックです。

フリーランスのマーケティング職を募集している求人サイト

フリーランスでマーケティング職で働く時に仕事を安定して得られる求人サイトを2つご紹介しますね。

クラウドテック


クラウドテックは、クラウドワークス社が2015年に新たにリリースしたクラウドソーシングサービスです。フリーランス向けのIT関係の案件に特化していて、大手企業や官公庁を含む登録企業数は14万社を数えます。

求人掲載企業からの信頼が高く、クラウドテック限定案件や非公開案件も多いです。単価が高い案件が多いですが、契約終了時期が明示されていない長期案件や、勤務先への週2~4日間ほどの出勤が求められる「一部常駐型案件」が大半なので、自由に働きたいけどある程度安定的に仕事がしたいという人向けです。

クラウドテックには、クライアントとワーカーを仲介してくれるキャリアサポーターが存在します。登録後、専任キャリアサポーターとの面談で希望の職種や勤務形態のヒアリングがあり、それに応じて仕事の紹介を受ける、という流れです。仕事紹介のミスマッチを未然に防ぐことができ、コンペに参加して失注した際の、提案にかけた時間が無駄になる、というリスクが無いので安心です。

クラウドソーシングサービスでは月末締め翌30日支払いというパターンが多いですが、クラウドテックでは月末締め翌15日支払いとなっています。また医療相談サポートをはじめとした福利厚生サービスが提供されているのでフリーランスにも安心です。

フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」

ITプロパートナーズ


ITプロパートナーズフリーランスエンジニアやデザイナー向けに高単価求人・案件紹介をしているフリーランスエージェントです。2015年2月設立でまだ日は浅いですが、クライアントからの信頼が非常に厚く、大手企業からベンチャー企業まで取り扱っています。

保有している求人・案件の95%が直請け案件のため高単価案件が豊富です。入社時期や継続年数にかかわらず、成果を出していてかつ責任感の強い人材から、部長、事業部長、役員と役職につける風土があるので、それに伴い成長できるのが人気です。

クラウドテック同様、常駐型が多いですが、週二日から参画可能な求人・案件も多く取り扱っています。プライベートでの接点をもつメンバーも多く、フットサルやゴルフ、ランニングなどのクラブ活動が積極的に開催されているのも特徴です。

まとめ

マーケティングという仕事について、見てきました。商品やサービスの開発から改良宣伝まで、売り上げに直接関わる、とてもやりがいのある仕事だということがお分かり頂けたと思います。

物事を深く考え問題解決するのが得意な人、情報を集めて分析するのが好きな人、流行やトレンドを追うのが好きな人にはぴったりな仕事ですね。ぜひ得意分野を活かして、マーケティングという新たな分野にも手を伸ばしてみてください。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。