体験談・ノウハウ

フリーランスになって実際に感じたメリット・デメリットを紹介!【体験談】

フリーランスという働き方に興味はあるけど、リスクが高そうでなかなか最初の一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

フリーランスは会社員と異なり、大きなメリットがある反面デメリットも存在します。

  • フリーランスという働き方に興味がある。
  • フリーランスのメリット・デメリットを具体的に知りたい。

今回はそんな人に向けて、私自身がフリーランスになった理由や実際の経験から感じたフリーランスのメリット・デメリットについて紹介します

フリーランスという働き方について興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスになった理由

まず私がエンジニアからフリーランスのライターになった経緯を軽く説明しておきます。

もともと中堅のSlerのSEとして10年働いていましたが、ふと疑問に思ったんですよね。

  • このまま定年まで今の仕事でいいの?
  • もっと自分のやりたい仕事を模索するべきでは?
  • 毎日長距離通勤するのが億劫になってきた……

残業も多く辻褄合わせの書類作成、無駄な社内業務などに嫌気が差してきて、

「これなら一人で仕事したほうが絶対効率がいいんじゃない?」

と感じることもあり、とりあえず文章が書くのが好きだったからクラウドソーシングに登録してライターとして副業をスタート。

最初はお小遣いにもならないレベルの報酬でしたが、要領を掴んできて単価は徐々に上がり、ついに会社の給料の半分程度の収入を得ることができるようになりました。

これはイケる!と感じたので会社に退職願をだして(揉めましたが…)晴れ、てフリーランスとしてスタートできました。

フリーランスになって感じた5つのメリット

ここではフリーランスになって実際に感じたメリットを紹介します。

フリーランスのメリット
  • 仕事の自由度が高い
  • 収入アップが見込める
  • 休日も自由に決められる
  • 人間関係のストレスが無い
  • 健康に気を使うようになった

メリット1:自由度が高い

まずフリーランスの大きなメリットとして、好きな時間に自由に働けることが挙げられます。

ただフリーランスなりたての頃はペース配分が分からず、稼がなきゃいけないという強迫観念にかられて、仕事を取りまくって朝早くから夜遅くまで働いていました。

しかし、単価の高い案件を複数絞って継続して受注するようになったので、作業時間も除々に減っていきました。

ある程度収入に余裕ができてくると、作業時間ではなく成果で仕事を区切るようになってきたので、日によっては4時間のみ働いてキャリアアップや趣味に時間を使うなんてことも十分に可能です。

メリット2:会社員の頃より収入が上がった

フリーランスは働いたら働いた分だけ高い収入を得ることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

会社員時代は給料が上がらずボーナスもなかったので、フリーランスになって毎月収入が上がっていくのは、仕事をする上で大きなモチベーションアップとなります。

メリット3:好きなときに休める

仕事を調整して好きに休めるのもフリーランスとして大きなメリットの1つです。

週末なら混雑しているような観光地やお店でも、平日なら空いていますし、会社員時代のように平日に有給取ることの罪悪感みたいなものもありません。

余裕があればフラッと近場に旅行に行くなんてことも、フリーランスなら十分可能です。

メリット4:人間関係のストレスがない

基本的に仕事はリモートワークでのため、人間関係のストレスがありません。

たまに打ち合わせでクライアント先に出向くことはありましたが、コミュニケーションはチャットツールで事足ります。

しかし人間関係のストレスが無い代わりに、1人で黙々と仕事をすることになるので、同僚と雑談することで気分転換ができていた方によってはデメリットとも言えるでしょう。

メリット5:健康に気を使うようになった

フリーランスは際限なく働くこともできていまうため、体調管理には気をつける必要があります。

会社員時代は体調を崩しがちでしたが、フリーランスは代わりがいないので、より一層自分の健康状態について意識するようになりました。

はじめこそがむしゃらに働きましたが、収入が安定してくると早寝早起きや運動も意識してやるようにしました。

フリーランスになって感じた6つのデメリット

フリーランスの主なデメリットとしては以下があります。

主なデメリット
  • 収入が不安定
  • 貰える年金が少ない
  • 保険が高い
  • 事務処理も自分でやる
  • 自己管理が必要
  • 有給がない

デメリット1:収入が不安定

まずフリーランスの大きなデメリットとして、収入が不安定なことが挙げられます。

フリーランスは当然ですが自分で営業して仕事を獲得していく必要があります。

契約期間が切れたら次の仕事が見つかるまで無収入となるので、月によって収入の変動が激しくなってしまう場合も十分にありえます。

また、フリーランスは派遣と同様景気変動に弱いことも挙げられます。

そのため、経営が厳しくなると真っ先に雇止めになるのがフリーランスと考えても良いでしょう。

来月から雇止めになってしまった場合、再度仕事を探さなれけれいけなくなるので、余計な労力を要することになります。

デメリット2:貰える年金が少ない

会社員からフリーランスに転身した場合、厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。

厚生年金は会社と折半して払うため負担が少なく、老後に貰える年金額も国民年金と比べて高い金額を受け取ることができます。

そのため、会社員と同等の年金額を受け取りたい場合は、「国民年金基金」や「iDeCo」の加入を検討する必要があるでしょう。

デメリット3:社会保険から国民健康保険への切り替え

年金同様、会社員からフリーランスに転身した場合は社会保険から国民健康保険に切り替わります。

国民健康保険は市区町村によって保険料が異なり、扶養という概念はなく、家族の人数によっては社会保険より割高になります。

社会人からフリーランスに転身する場合は、社会保険を任意継続するといった手段もあります。ただし、期間は2年間となります。

デメリット4:事務処理が多い

毎月発生する経費や所得の計算や確定申告も1人でこなさなければいけません。

いちいち帳簿を付けるのは非常に面倒で、ついつい後回しになって後で大変な思いをした方も多いのではないでしょうか?

そんな人はクラウド確定申告が便利です。口座やクレジットカードと連携できるので、面倒な入力の手間が省けて仕分けも自動でやってくれます。

おすすめの会計ソフトについては、次の記事で解説しています。

デメリット5:自己管理が必要になる

特に在宅のフリーランスは会社員と異なり、同僚や上司など他人の目がありませんので、サボろうと思えばいつまでもサボることができます。

一回サボりぐせがついてしまうと、収入は当然上がりません。

そのため、自己管理能力はフリーランスで必須のスキルになります。

これからフリーランスへの転身を考えている人でも、自己管理に自信がない人は慎重になったほうが良いでしょう。

もし自宅で集中できない人は、強引にでも外にでて、コワーキングスペースなどを借りて、集中できる環境を確保したほうが良いです。

デメリット6:有給がない

フリーランスは当然ながら有給はありません。

業務委託契約を結んで固定給をもらっているならともかく、そうでない場合は休んだ分だけ収入に影響することもあります。

逆に安定した収入を得ることが可能で、計画的に仕事ができる人は週休3日や長期の休暇を取ることも十分可能になります。

しかし、生活費を稼ぐのがやっとの状態で収入が少ない場合は、土日も働き詰めでブラック企業以上にブラック化する恐れもあります。

克服しておきたいたった1つのデメリットとは

フリーランスのさまざまなデメリットを挙げましたが、紹介したデメリットを克服するためには「収入の不安定を解消する」ことがなによりも重要です。

安定した収入があれば余裕も生まれます。

また、将来が不安なら国民年金基金やiDeCoなどに加入して会社員との差を埋めることができます。

収入に余裕があれば老後のために貯金することもできますので、お金に関する諸々の不安を解消できます。

この収入の不安定を解消する方法ですが、まず仕事が途切れないようにしておく必要があります

フリーランスエンジニアなら、エージェントを利用するのも一つの手段です。

クラウドソーシングサービスを利用すれば、営業する手間は省けますが、システム手数料を取られる、単価が安い案件ばかり……。というのが実情です。

ライターなら実績を上げれば自然と依頼が舞い込むようになれますし、大手クラウドソーシングサービスでは、ある程度実績があると、別途単価が高い案件を紹介してくれるチャットに招待されることもあります。

現在はどこも人手不足のため、それなりに能力があれば仕事がなくなることはないでしょう。

高単価の案件を獲得するためのスキルが足りないと感じているなら、どうすればスキルを上げることができるかをじっくりと考えてみましょう。

https://www.furikatu.com/free-productivity/

その他にも、複数の異なる案件を掛け持ちして働くパラレルキャリア的な働き方や、不労所得を得る方法も視野に入れておく必要があります。

まとめ

ここでは、これからフリーランスとして活躍したい人に向けて、実体験からフリーランスのメリット・デメリットをそれぞれ紹介しました。

フリーランスは自由に働ける分、デメリットもあることがわかりました。

しかし、デメリットは解決策を見つけて改善していけばフリーランスとして安定した収入や自由を得ることは十分可能です。

ABOUT ME
furikatu
エンジニア歴10年→会社勤めに限界を感じてWEBライター(エンジニア・マーケター)としてフリーランスに。ライターとして半年以内で月収75万達成したノウハウや自由に働くための方法を発信しています! フリーランス/ライター/エンジニア/プログラミング/リモートワーク/マーケティング
万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ