体験談・ノウハウ

スキルなしでフリーランスになるのは厳しい?初心者向けに解説

スキルなしでフリーランスになれるの?
フリーランスになるための方法を教えてほしい

これからフリーランスになろうと考えている人は、このような疑問を抱える人もいると思います。

はじめに言っておくと、フリーランスはスキルなしで十分な収入を得ることは難しいです。

スキルがあったとしても、それでフリーランスとしてやっていけるとも限りません。

ここでは、これからフリーランスになろうと考えている人に向けて、以下の内容で解説していきます。

  • スキルなしでフリーランスになるのは厳しい理由
  • フリーランスにオススメのスキル
  • スキルなしからフリーランスになる方法とは

これからフリーランスになろうと考えているけど、これといったスキルがない……。という方はぜひ参考にしてください。

スキルなしでフリーランスになるのは厳しい?

スキルなしでフリーランス

【結論】スキルなしでは難しいです

スキルがない人が、いきなりフリーランスになるのは厳しいと言えます。

いくらやる気があっても、スキルがないと低い単価の仕事しか請け負うことができません。

頑張って働いているのに、満足のいく収入が得られずに後悔する可能性が高いです

また、クライアントの気持ちになればわかりますが、フリーランスは基本的に即戦力を求められます

フリーランスでスキルなしの人に仕事をお願いするといったことは特定の職種を除き、基本ありません。

そのため、スキルがない場合は失敗する可能性が非常に高いので、スキルなしで、いきなりフリーランスになるのはおすすめできません。

フリーランスは本来実績やスキルがある人がなるもの

本来フリーランスは十分な社会経験を積んで、実績やスキルがある人が独立してなるものです。

1人でもやっていけるスキルとコネがあるから独立しやすく、会社員以上の収入を得られます

コネなし、スキルなしのフリーランスが同じ土俵で戦おうとしても、失敗する可能性は高いでしょう。

やっぱりスキルなしではきびしいのね……。

スキル以外にもフリーランスは適正があると思っていて、最低限以下の能力を身についていないと厳しいです。

  • 自己管理能力
  • コミュニケーション能力
  • 一般常識

とくに自己管理能力は大切で、フリーランスはサボろうと思えばいくらでもサボれてしまいます。

請け負った仕事をやり遂げるには、自分を律する必要があります。

スキルなしでも始められる?フリーランスにおすすめの仕事

おすすめのフリーランスの仕事

フリーランスとして、とくにおすすめの仕事は以下の2つです。

  • Webライター
  • ITエンジニア

それぞれ詳しく解説していきます。

「Webライター」はすぐに始められる

Webライターは、パソコンとネット環境があればすぐに始められます。

クラウドソーシングサービスに登録して、Webライター向けの仕事を探せばたくさん見つかります。

Webライターは初心者でも実績を積むことで、より信頼度が増して単価がアップする場合があるのでおすすめです。

「ITエンジニア」はスキルが必要だが安定して稼げる

ITエンジニアは、全くの未経験からスキルなしで参入するのは難しいです。

ただし、IT産業の需要増加でITエンジニアは不足しているため、スキルさえ身につければ安定して稼げます

ITエンジニアになるには初期投資は必要です。

短期間でしっかりとスキルを身に着けたいなら、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

最近のスクールは、転職やフリーランスとして独立するためのサポート付きのところが多いです。

おすすめのプログラミングスクールについては、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスとしておすすめのスキルとは

フリーランスおすすめスキル

ITエンジニアの場合

エンジニアとはIT業界におけるシステムやソフトウェアを、プログラムを組んで開発する職業です。

先程解説したように人手不足が深刻なため、スキルを習得すれば未経験者でも比較的仕事が獲得しやすいと言えます。

エンジニアは単発案件をノマドスタイルで請け負ったり、客先常駐で長期案件の仕事を請け負ってがっつり稼ぐことも可能です。

エンジニアといってもさまざまな種類のエンジニアがあるのですが、フリーランスに向いているのはWeb系のエンジニアとして働けるスキルです。

Web系の初心者でも比較的スキルが身につけやすく、勉強の過程でプログラミング以外のスキルも身につけられます。

Webライターの場合

Webライターは参入障壁が低く、だれでもすぐに始められます。

クラウドソーシングサービスで簡単に仕事も探せますし、案件の種類も豊富です。ただし、専門のスキルなしで誰でもできる仕事は、単価が安い傾向です。

しかし、頑張れば頑張るほど収入は上がるのもWebライターの魅力で、月100万以上の収入を得ている人もいます。

ライティングのスキルや専門分野のスキルを身につければ、安定して稼ぐことも可能です。

また、同じライティング業としてブロガーやアフィリエイターをおすすめしている人もいますが、ブログで安定した収益を得るには短くて半年、長くて数年かかる場合があります。

競合も多く、初心者がそう簡単に成功はできません。

また、ブログで記事を書くというのも以外と大変です。

しばらくはPV(ページビュー)も少なく無収入の状態が続くので、その状態に耐えきれず離脱してしまう人も多い印象です。

スキルなしからフリーランスになる方法

スキルなしからフリーランス

ここでは、スキルなしからフリーランスになるための方法を紹介していきます。具体的には以下の方法です。

  • 会社員時代にスキルを磨く
  • 副業からスタートする

それぞれ見ていきましょう。

会社員時代にスキルを磨く

フリーランスになっても十分に通用するスキルを身につけたいなら、会社員として実務経験を十分に積んでおくことをおすすめします。

会社員なら実務経験の過程でさまざまな専門的なスキルが身につきますし、ビジネスマナーやITリテラシーについても自然に身についていきます。

スキルを身に着けたいなら、独学でも構いません。

たとえばプログラミング言語などのスキルを習得したい場合、半年で身につけるなら毎日1~2時間は勉強する必要があります。

しかし、毎日数時間専門分野を勉強するのは以外と難しく、挫折する可能性が高いです。

多少費用がかかりますがオンラインで完結するプログラミングスクールや、効率よく学べる通信講座なら、効率よく取得できるのでおすすめです。

副業からスタートする

もう一つの方法として、副業から始める方法があります。

実際に私も副業からスタートしてフリーランスになりました。

独立する目安としては、副業で満足のいく金額(15〜20万)を稼げるようになるまででよいと思います。

まずは副業として初めて見ることで向き不向きもわかりますし、実践を積むことでスキルも見についていきます。

まとめ

ここでは、スキルなしでフリーランスになれるのか疑問をか抱えている方に向けて、以下の内容で解説しました。

  • スキルなしでフリーランスになるのは厳しい
  • フリーランスにオススメのスキルとは
  • スキルなしからフリーランスに独立する方法

実際にフリーランスになってみると、大変なこともあると思います。しかし一旦軌道に乗ってしまえば、会社員より高い収入を得ることは十分可能です。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ