体験談・ノウハウ

フリーランス|仕事がないときにやるべきこと3つ【初心者向け】

  • フリーランスだけど仕事がない……。
  • 仕事がなくなった場合はどうすればいいの?

フリーランスは会社員のように、誰かが継続的に仕事を用意してくれるわけではありません。

フリーランスは「仕事がない」状態が続いてしまう……。ということも十分ありえます。

理想としては毎月安定した収入を得ることですが、なかなかそれができない人も多いのではないでしょうか?

仕事がなくなる原因としては、「突然仕事を打ち切られた」「次の仕事を探す時間的余裕がなかった」などが挙げられます。

そこでここでは、フリーランスとして「仕事がない」を避けるためにやるべきことを紹介します。

フリーランスで「仕事がない」ときにやるべきこと3つ

フリーランスが仕事がないときにやるべきこと

フリーランスが仕事がないときに、やるべきことは以下の3つです。

  • スキルを磨く
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • 企業に直接営業する

それぞれ詳しく解説していきます。

①スキルを磨く

仕事がないときは、営業活動と合わせてスキルを磨くために時間を割くのもひとつの手段です。

とくに以下の3つのスキルは今後も必要になるため、ぜひ身に着けておくことをおすすめします。

おすすめのスキル
  • ライティング
  • コンテンツマーケティング
  • プログラミング

ライティングのスキル

ライティングスキルを習得することで、Webライターとしてさまざまな媒体での仕事が可能になります。

Webライターは、クラウドソーシングサービスやフリーランス向けの求人サービスでも多くの求人が掲載されています。

コンテンツマーケティングのスキル

コンテンツマーケティングのスキルがあれば、ユーザーのニーズにマッチした、企画や提案などができるようになります。

優秀なマーケターはどこの企業でも不足していて、継続的に仕事ができる人を求めています。

プログラミングのスキル

プログラミングのスキルを習得しておくことで、高単価の仕事を受注できます。

また、自宅で単発の案件を請け負うことも可能ですし、自分でアプリを作って販売することも可能です。

プログラミングは今後も需要が伸びる分野ですので、ぜひ身につけて置きたいスキルです。

②クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスは、仕事がないときに短期で収入を得るためのセーフティネットとしても利用できます。

常にさまざまなクライアントからの案件が掲載されているので、今までの実績があれば受注するのはそれほど難しくはありません。

しかし、職種によっては誰でも簡単に仕事が受注できるとは限りません。そのためプロフィールを充実させたり、ポートフォリオを強化しておきましょう

おすすめのクラウドソーシングサービスは、以下のとおりです。

ランサーズならスキルパッケージの納品形式(旧ランサーズストア)に登録しておくことで、クライアントから仕事を受注することも可能です。

自分で希望の単価を設定できますし、スキルやプロフィールが充実していれば、クライアントから連絡が来ることもよくあります。

③気になる企業に直接営業する

気になる企業のメディアやホームページの問い合わせフォームから、直接営業するのも一つの手段です。

以外とすんなりと仕事を受注できることもありますので、気になる企業は日頃からチェックしておくことをおすすめします。

ただ、企業によっては予算の都合で満足のいく報酬がだせない場合があります。

そのため、あらかじめ予算を確認しておき、どこまで譲歩できるかはしっかりと交渉することが大切です。

フリーランスで「仕事がない」を避けるための方法2つ

仕事がなくならないフリーランスになるためにやること

フリーランスとして、本来なら仕事がない状態を避けるのがベストです。

そのためには、以下のような予防策を考えておく必要があります。

  • 複数の継続案件を抱えておく
  • 複数のスキルを持っておく

それぞれ見ていきましょう。

①複数の継続案件を抱えておく

複数の継続案件を抱えておくことで、1つがだめになっても仕事が途切れることはありません。

理想は毎月固定単価の仕事を2〜3つほど抱えておくことです。ただし、だれでも簡単に継続して仕事をもらえるわけではありません。

最低限のコミュニケーション能力や、納期は必ず守るなど、クライアントから頼られる存在になることで、はじめて継続して仕事がもらえます。

ただし、継続案件でもいつ会社都合で切られるかわからないので、収入源が1社にかたよることがないようにしておきましょう。

②複数のスキルを持っておく

複数のスキルを持っておくことで、さまざまな働き方が可能になります。

マルチキャリア的な働き方をすることで、仕事がなくなるリスクを軽減できるという大きなメリットがあります。

将来を見据えたスキルを複数もっておくことで、フリーランスとして生涯働くこともできます。

また、自分で収入を得る目的でブログ・アフィリエイトを始めるのもおすすめです。

成果が出るのに時間がかかりますが、ブログ経由で仕事の依頼が来ることもあるので、やらないよりはチャレンジしたほうがいいかもしれません。

まとめ

ここではフリーランスとして、

  • 仕事がなくなってしまったときにすること
  • 仕事がなくならないようにする方法

について紹介しました。

フリーランスで仕事がない状態が続くと死活問題になってしまいます。

ここで紹介した内容を参考にしていただいて、可能な限り対策を考えておくことをおすすめします。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ