Webライター

誰でもフリーランスのWebライターになれる?稼ぐために必要なこと

クラウドソーシングサービスの登場やWeb媒体が増えてきていることで、Webライターの認知度が上がってきています。

そのため、「フリーランスのWebライターになって生計を立てたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、初心者の方がフリーランスのWebライターを目指そうと思っても、

  • フリーランスのWebライターになるにはどうすればいいの?
  • Webライターの仕事って稼げるの?
  • 安定して働くにはどうすればいいの?

など、疑問は尽きないと思います。

そこで、ここではフリーランスのWebライターになるために必要な3つのステップや安定して収入を得るために必要なことについて解説していきます。

初心者の方にもわかりやすく解説していますのでぜひ参考にしてください。

この記事の信頼性(私の経歴)

  • 文字単価0.5円から副業Webライターとしてキャリアをスタート
  • その後独立してWebライターの仕事のみで3ヶ月で月収45万達成
  • 現在はフリーランスのWebライター/ディレクター/マーケター/エンジニアとして活動中

フリーランスのWebライターは誰にでもなれる?

考える女性
フリーランスのWebライターは誰にでもなれるの?
特別なスキルとか必要なの?

結論から言うとフリーランスのWebライターはなろうと思えば誰にでもなれます。今日からWebライターとして働くことも可能です。

しかし、フリーランスとして安定した収入を得るためには、こちらのツイートにあるようにそれなりの下積みが必要です。

また、Webライターと一言で言っても、さまざまなジャンルや媒体の仕事があります。働き方は大きく以下の2つの方法があります。

  1. ジャンルを絞って特化型のライターになる
  2. マルチプレイヤーとして複数のジャンルで活躍する

特化型のライターとして継続的に仕事を貰えれば、安定して収入が入ってきますし、実績を積み上げればこのジャンルなら◯◯さん。のように指名してもらえます。

初心者におすすめの方法としては、複数のジャンルの仕事を請けてみることです。最初は自分がどんなジャンルが合っているかわからなかったりするので、まずはさまざまな仕事を請けてみて、自分に合っているジャンルや苦手なジャンルを見極めてみることをおすすめします。

実際に感じたフリーランスWebライターのメリット・デメリット

メリット、デメリット

メリット

フリーランスのメリット
  • 自由な時間に働ける。
  • 好きな場所で働ける。
  • 高収入を得ることも可。
  • さまざまなスキルを得られる

フリーランスのWebライターになって実際に感じたメリットとしては、まず時間と場所に縛られない働き方ができたことが挙げられます。スキマ時間に働いたり、働く時間帯も自由です。

とくにWebライターという仕事はインターネットがつながる環境とパソコンがあれば、どこでも仕事ができるので、フリーランスという働き方と相性が良いと実感。

また、Webライターは働き方次第では高収入を得ることも可能です。実際に会社員以上の高収入を得ている人もたくさんいます。

デメリット

フリーランスのデメリット
  • 収入が不安定な場合がある。
  • 仕事の管理が大変。
  • 休みが取れない。
  • 孤独を感じる。

フリーランスのWebライターになったはいいけど思ったより稼げない、仕事がなかなか取れない……。なんて人も結構います。

仕事がない状態が続くと収入が不安定になりますし、仕事をたくさん抱えてしまうと休みがなかなか取れないこともあるので、うまく調整して計画通りに実行できるスキルが必要だと実感しました。

そのため、スケジュールはしっかりと管理する必要があります。また、Webライターの仕事は基本一人で黙々とやるものなので、人によっては孤独が辛い場合もあります。

一度孤独な気分に襲われると仕事に対する活力を失って、作業効率が悪化するので注意が必要です。

フリーランスのWebライターになるには

スタート地点

フリーランスのWebライターとして働くための手順は以下の通りです。

  1. 書籍や講座でライティングのスキルを学ぶ
  2. クラウドソーシングサービスに登録する
  3. まずはできそうな案件に応募してみる

具体的な方法としては、Webライターになるための3つのステップで解説していますので、合わせて参考にしてください。

Webライターは先程言ったように誰でもなれますが、それでも程度のスキルは必要です。とくにライティングの経験が全くない場合は、SEOの知識や書き方など基本的なことは理解しておくことをおすすめします。

「資格を取得してWebライティングの基礎を学びたい」「他のライターと差をつけたい」という人は「Webライティング技能検定講座」もおすすめです。

特にWebライティング系の資格はITリテラシーやビジネスマナーについても学べるので、自信がない人はおすすめです。

以下の「Webライティングコース」から資料請求できますので、ぜひ確認してください。

ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』

フリーランスのWebライターは稼げるの?

Webライターは稼げないのでやめとけって話もよく聞くけど本当なの?

Webライターに限らずフリーランスを始めた頃はそれほど高い収入を得ることができません。とくにWebライターの単価はピンきりで、誰にでもできそうな仕事ほど単価が安い傾向です。

単価が安い案件を請けてしまうと時給換算で100円以下となることもあります。

そのため、効率よく稼ぐためには以下の2つを実践する必要があります。

  • ライティングのスピードを上げる。
  • より高単価な案件を目指す。

ライティングのスピードは個人差がありますが、1記事4,000円の仕事に1日費やしていたら日給4,000円にしかなりませんね……。しかし、1日で4記事納品すれば日給16,000円になります。

ライティングの仕事は慣れることで効率も上がっていきます。まずはひたすら数をこなしてライティングのスピードを上げていきましょう。

でも、そんなに数をこなす自信が無い……。

という方は、高単価な案件を狙っていきましょう。高単価な案件の場合、どうしても専門的な知識が必要になります。いままでの社会経験で培ったさまざまな専門知識がある場合はそれを活かすことができますが、そうでない場合は難しいと言えます。

しかし、専門的な知識が無い場合は仕事を請けてからキャッチアップするといった方法があります。

経験談ですが専門的な知識が必要な案件は、募集がなかなか集まらない場合もあるので、募集時に「未経験だけどキャッチアップして記事を書きます。」「納期には必ず間に合わせます」など伝えれば、仕事を依頼されることもよくあります。

ただし、仕事を請けるからには責任を持って必ず記事を納品しましょう。

また、クラウドソーシングサービスで高単価な案件を狙いたいならサグーワークスのプラチナライターもおすすめです。

~プラチナライターとは~
高報酬な案件が多数揃っており、在宅ワークで高収入が目指せます。
プラチナライターになるには、テストを受ける必要がありますが、知識や経験は一切問わないので、誰でも受験
が可能です。
また、特定の領域での知識や資格・経験がある場合はそれを活かした専属案件を担当することも可能です!

面倒な営業の必要がなく、実力があれば高い収入を得ることも十分可能ですので、自信のある人はぜひ登録しておきましょう。

リスクを回避するには?

フリーランスとして仕事が途切れないようにするにはどうすればいいの?

フリーランスのリスクとしては仕事が安定しない、収入が不安定になりやすいことが挙げられます。

安定して収入を得るには高単価の継続案件を複数抱えておくことが重要です。高単価の案件が複数あれば、1つの案件がだめになっても仕事が途切れることはありません。

フリーランスは立場が弱く会社員みたいに雇用が守られているわけではないので、会社の方針によってはいきなり契約が打ち切りになることもよくあります。

そんなとき1つの継続案件しか抱えてなかったら、いきなり無収入になってしまいますね。また打ち切られたショックも大きくしばらくは仕事を探す気力もなくなってしまうかもしれません。

より高い収入を目指すには?

Webライターとして高い収入を得るには、クラウドソーシングサービスだけではなく、自ら営業することも大切です。

直接営業するメリットとしては、クラウドソーシングサービスのようにシステム手数料が差し引かれることがなく、報酬額を全て受け取ることができます。

ライターを募集しているメディアも多く専属のライターになれば、より高い案件も期待できます。

また、高い収入を得るためには目標設定も大切です。フリーランスの目標設定については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ここではWebライターになるための3つのステップや、Webライターとして収入を得るために必要なことについて解説しました。

Webライターという職業は誰でもなれることができますが、単価もピンきりで思うように収入を得られない人もたくさんいます。

Webライターとして安定して働きたいなら、ぜひこの記事に書いてあることを参考にしてください。

こちらの記事もおすすめ