Webライター

実際に読んで役に立ったWebライティング本を紹介【厳選15冊】

この記事ではWebライターとして働きたい、Webライティングのスキルを上げたい、生産性を発揮したいと考えている方に、実際に読んで役に立ったオススメのWebライティング本を紹介します。

ライティングに限らずその道のプロを目指すなら、自己投資は必ず必要になります。本はテーマに沿ったノウハウが凝縮されていますので、ネットで情報を得るよりもはるかに効率の良い方法とも言えます。

こんな人におすすめ!

  • ライティング初心者向けのおすすめの本が知りたい
  • Webライターとしてスキルアップできる本が知りたい
  • 仕事の効率を上げる方法が知りたい

ライター歴6年目の経験から、読んで本当に参考になったWebライティング関連の本を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライティング関連のおすすめ本

Webライティング実践講座


ライティング能力を高めるために最も重要な見出しの解説から起承転結、テーマ選びやSEO対策など、Webライティングの基本が解説されています。

本のボリュームも少なく、すぐ読み終わることができるので、初心者の方は本書を一読してみることをおすすめします。

  • とりあえずライティングのコツを掴みたい。
  • 文章の基本を抑えておきたい。

文章を最後まで読んでもらうためのテクニックが紹介されていますので、ぜひ一読してみることをおすすめします。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング


毎月3,000記事以上を配信しているカルチャーニュースサイト「ナタリー」で実践されている文章の書き方やノウハウを紹介している書籍です。

文章を構造的に書くためにはどうすればいいか?ということをわかりやすく解説しています。

  • 言いたいことがうまく伝えられない……。
  • 文章をもっとスラスラ書きたい!

という方はぜひ一読ください。読んでもらえる文章を書く上で必要なノウハウが詰まってますので、文章を書くのに慣れていない人にもおすすめです。

辞書代わりにも使えるので、ときどき見返すためにも手元に置いておきたい一冊です。

人を操る禁断の文章術


本書では読み手の心を動かし、想像力を使って行動してもらうための文章力ノウハウが解説されています。

さまざまな場面で文章を書く上で、「どうすれば相手にわかりやすく伝えられるか?」ということが解説されています。

文章を書く上で大切な要素や、自然な文章を書く方法など文章術のテクニックも紹介されています。

  • もっと相手に伝わる文章を書きたい。
  • 人を動かす文章を書きたい。

と感じている方におすすめです。

沈黙のWebライティング


こちらはWebでライティングする上でマストで読んでおくべき本となります。分厚い本ですが漫画とストーリー形式、でライティングのノウハウをわかりやすく読み進むことができます。

初心者には難しい内容も含まれていますが、実践していくことでライティングで必要なスキルやSEOについてのスキルを身につけられることができます。

  • とりあえずライティングの基礎を学びたい。
  • Webライティングってどうやって書けばいいの?

という方はぜひWebライティングの最初の一冊として購入することをおすすめします。要点は各章の最後に詳しく解説していますので、何度でも読み返してWebライティングのスキルを上げていきましょう。

書いて生きていくプロ文章論


文章を書くのが嫌いだった著者が、ライターという職業で実績を積み重ねていったノウハウが解説されています。

本書では文章を書くためには「心得」が必要と説いています。

  • ライターという仕事のノウハウが知りたい。
  • プロのライターの仕事術を理解しておきたい。

誰のために文章を書くのか?伝わる文章とは?プロの取材方法など。文章を書く全ての人におすすめできる1冊です。

「分かりやすい文章」の技術


「目的を達成する文章」はどうやって書けばいいか?ということにフォーカスして、分かりやすい文章の書き方や事例、読む気にさせる方法や説得の技術、推敲の技術などが紹介されています。

  • もっとわかりやすい文章が書きたい。
  • 書くだけではなく推敲の方法についても知りたい。

文章を書く仕事をする上で必要な技術が網羅的に解説されていますので、一読の価値ありです。また、文末には分かりやすい文章のためのチェックリストがありますので、自分が書いた文章を客観的に確認するためにも非常に有用です。

「分かりやすい表現」の技術


本書では「わかりにくい表現」の原因をつきとめて、すぐに分かってもらえるための情報発信のルールについて解説しています。「わかりやすい」とはどういくことか?といった内容から「わかりにくい」文章の事例、わかりやすく書くためのルールなどを詳細に解説しています。

読み手に確実に伝えるためのわかりやすい表現方法について解説していますので、Webライティングでうまく表現するのが苦手な人にもおすすめです。

人生は書くだけで動き出す


本をろくに読んだことのない著者が、ベストセラー本を何冊も書けたのか?そのノウハウを解説しています。文章を書くという行為はさまざまなメリットが存在すると著者は言います。

書くことで願望を吐き出し具現化するテクニックや悩みから抜け出す方法、ライターに必要な文章を作成するために必要なトークライティング法など、テクニックをあますところなく解説していますので初心者にぜひ読んでほしい一冊です。

生産性を発揮するためのおすすめ本

すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法


仕事の生産性を上げるために必要なこととして、とにかく10分で区切るということ。仕事は10分でできるタスクで分解することが大切であることを解説しています。

  • 無駄な仕事を減らしたい。
  • 仕事の生産性が悪いのでどうにかしたい。

という方におすすめです。

以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

とにかく仕事を早く終わらせたい「全ての仕事は10分で終わる」感想「いつまでも仕事が終わらない…」 「他の人に比べて仕事の進みが遅いと感じる」 「面倒な仕事はつい後回しにしがち」 本書はそんな...

1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考

本書では時給思考で人生の生産性を上げるための方法について解説しています。

1時間にいくらの価値を生み出せるか?ということを常に考え、時給思考を意識することで無駄に時間を費やすことを防ぎ、時間に対する価値を高めることができます。

  • 頑張っているつもりだけどそれほど成果がでない。
  • 漠然と過ごして時間を無駄にしている気がする……。

と感じている人におすすめです。本書については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

圧倒的な生産力を手に入れたいなら「時給思考」がおすすめ「時給=命の値段」ということ。本書では1時間で10倍の成長生み出すための最強最速メソッドについて紹介しています。 ただ毎日を漠然と...

「読む・考える・書く」技術

ライターとして最も重要なことは、価値のあるコンテンツを生み出すことです。

経営コンサルタントである著者が良質なコンテンツをつくるために、必要な知的生産力やアウトプット力を飛躍させるため50の方法について網羅的に解説しています。

  • どうすれば価値あるコンテンツを生み出せるのか知りたい。
  • インプットだけではなくアウトプットもしっかりとやりたい。

特にライターとして必須のスキルであるアウトプットについて詳細に解説していますので、確かなスキルを身に着けたい方必読の一冊です。

速さは全てを解決する


ライターとして、多くの仕事をこなしていくために必要なスピード術について解説している本です。

ゼロ秒思考でスピードを極限まで上げる方法にとどまらず、効率的に情報を収集する方法や問題把握力・解決力など仕事を素早く進める上で大切な要素を幅広く解説しています。

  • 仕事のスピードを極限まで上げたい。
  • とにかく数をこなして収入を上げたい。

フリーランスとして効率よく仕事をこなしたい全ての人におすすめできる一冊です。

脳リミットのはずし方

脳科学者の茂木健一郎さんが脳科学の観点から、脳の力を最大化して限界を排除するための方法を解説しています。

  • 自分の能力をもっと上げたい。
  • 最近体力の限界を感じるようになってきた……。

と思っている方はぜひ一読することをおすすめします。本書については以下の記事でも詳しく解説しています。

なりたい自分になれる!「脳リミットのはずし方」の感想脳科学者である茂木健一郎さんの『脳リミットのはずし方』を読みました。 最近自分の能力に限界を感じるようになってきた もっ...

意外と重要!マーケティング関連のおすすめ本


ライターとしてステップアップするには、マーケティングの知識も習得しておくことをおすすめします。

「ライターにマーケティングの知識は必要?」

と思うかもしれませんが、マーケティング感覚を身につけておくことで、より顧客度の高いライティングを行うことができます

また、サイト運営から提案できる付加価値の高いライターとしても活躍が可能になります。

沈黙のWebマーケティング

伝説のWebマーケッターである「ボーン・片桐」が、Webマーケティングで抑えておきたい基本を解説しています。沈黙のWebライティング同様に漫画とストーリー形式で、楽しく読み進めることができます。

ライティングの基本となるSEOの知識から、Googleウェブマスターツール(Google Search Console)の使い方、サイトの作成方法や分析手法など詳しく解説しています。

  • ライティングだけではなくマーケティングの基本も知りたい
  • 将来はマーケターとしても活躍したい

という方におすすめの一冊です。一読してぜひマーケティングの基礎知識を身に着けてください。

コンテンツマーケティングの教本

こちらもマーケティングの基礎から解説している本で、初心者でもすんなり理解できるようになっています。

コンテンツマーケティングの考え方から顧客視点のマーケティング戦略、PDCAの回し方など具体的な解説で運用方法が理解できるようになっています。

  • SEOについてはなんとなく知ってるけどマーケティングも理解しておきたい。
  • 実践的なマーケティング手法を身に着けたい。

という方におすすめの1冊です。

まとめ

以上、ライターとして必要なスキルを身につけるために必要な本を厳選して15冊紹介しました。

ここで紹介した書籍はライター歴6年の中で読んでみて本当に読んでよかったが本を紹介しています。

まだまだ良い本はたくさんありますので、随時紹介していければと思います。