フリーランスエンジニア

未経験40代でエンジニアになれるの?3つのステップで解説

働き方改革や終身雇用の崩壊などで、今の働き方に不安を持っている人はたくさんいるのではないでしょうか?

そのため、需要が伸びているITエンジニアに転身を考えている人も増えてきている印象です。

しかし、40代でこれからエンジニアになろうと思っても、

  • 40代からでも未経験でエンジニアになれるの?
  • 40代でエンジニアになるにはどうすればいいの?

などの不安や疑問があると思います。

そこで、ここでは40代でもエンジニアになれるのか?どうやってエンジニアになるのか?ということについて紹介していきます。

実際にさまざまなIT業界の現場を見てきた経験から、40代でエンジニアになるために必要なことやキャリアアップの手段についても解説していきます。

40代未経験でもエンジニアになれるの?


結論から言うと、40代未経験でエンジニアになることは十分可能です。実際にさまざまな現場を見てきましたが、40代のエンジニアもたくさんいます。

よく「プログラマー35年定年説」や、「40代からエンジニアになるのは手遅れ」なんて厳しいことを言われていますが、そんなことはありません。

年齢の壁を気にする人も多いかと思いますが、現場ではチームで動くのでとくに意識しなくても良いと思います。40,50代でもアクティブに働く人もたくさんいます。

じゃあ40代エンジニアが他に気にしなければいけないことって?

体調管理は必須

エンジニアとして働く場合、40代エンジニアが一番気をつけるべきことは体調管理かなと思っています。

40代は体力の衰えを感じる年代であることは事実です。エンジニアの仕事はきついとよく言われますし実際に大変なことも多いです。

予期しないトラブルや不具合対応、意図した通りにプログラムが動いてくれずに解析に明け暮れる。なんてことはしょっちゅうあります。

どの会社も繁忙期は残業が上がり前で休日出勤が常態化していることも……。そのため、体調管理には十分気をつけて普段から体力づくりをしておくことをおすすめします。

実務で通用する開発スキル

エンジニアとして働くなら当然ながら相応のスキルを身につける必要があります。

ただし、未経験40代の場合は企業としては雇うにしても若手よりリスクが大きいのもまた事実です。そのため、未経験でもある程度の技術力があることをアピールする必要はあると思います。

アピールする手段としては、ポートフォリオサイトを作ったり、クラウドソーシングサービスで小さな案件をこなして実績を上げることなども視野に入れておいたほうが良いでしょう。

ただし、現在はエンジニアの人手不足が申告な状態になので、ある程度のプログラミングスキルを身につければ、そのまま転身することも可能かもしれません。

40代からエンジニアになるための3ステップ

ステップ1:まずはゴールを決める

エンジニアと一言で言ってもさまざまな種類が存在します。

Web系エンジニアWebサービスやアプリケーション開発
フロントエンドエンジニアフロントエンドの設計・開発
サーバーサイドエンジニアサーバーの設計・構築・開発
組み込み系エンジニア家電やデバイスに組み込むシステムを開発
ネットワークエンジニアシステムのネットワーク周りの設計・構築
機械学習エンジニア人工知能(AI)の開発・分析など
システムエンジニア開発における上流工程を担当

エンジニアの種類によって働き方は全く異なるので、まずは自分がどんなエンジニアになりたいかを決めておきましょう。

「今の時点では特にどんなエンジニアになりたいかわからない……。」という方はそれぞれのエンジニアの働き方を理解した上で自分に合いそうな職種や、なりやすそうな職種から検討してみても良いかもしれません。

ちなみに上の表はなりやすい順番で紹介しています。Web系のエンジニアは扱うスキルが比較的限定されていて、扱うプログラミング言語もRuby、PHPなど初心者向けです。

組み込み系エンジニア、ネットワークエンジニアなどはエンジニアとしてのスキルの他にハードウェアやネットワークの専門的な知識も必要です。

ステップ2:スキルを身につける

エンジニアになるためには、当然ですが現場で通用するスキルを身につける必要があります。

スキルを身につける方法としては、大きく分けて以下のとおりです。

  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ

独学の場合は自分のペースで学べて費用もそれほどかかりませんが、学習期間が長期化したり、わからないことが解決できずにそのまま挫折するパターンが非常に多いです。

そのため、最短で学ぶならプログラミングスクールがおすすめです。

スクールのメリット
  • 独自のカリキュラムで効率よく学べる。
  • わからないことは講師に確認できる。
  • 挫折する可能性が低い。

スクールは費用は掛かりますが、学習コストを考えるとコスパは良いと言えます。最近ではオンラインで学べるスクールも増えてきていますので忙しくてスクールに通う時間がない人でも空いた時間に受講することが可能です。

おすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。

スクールの詳細については以下の記事でも解説していますので参考にしてください。

ステップ3:転職/フリーランスとして独立する

転職/フリーランスでの独立に失敗しないためには、納得のいく年収が提示されていることや就業規則についてもよく確認しておきましょう。

転職サイトってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?
未経験者でも利用できるおすすめの転職サイトを知りたい。

という方に向けて、次の記事では登録しておくべきエンジニア向けの求人サイトを紹介しています。

紹介しているサイトは全てエージェントサービスが利用できるので、スキルにマッチした仕事の紹介や転職/独立全般のサポートなどサービスが手厚いのでおすすめです。

悩んでいる方は、一度登録してエージェントに相談してみましょう。

40代からエンジニアとしてキャリアアップを目指すには

システムエンジニア(SE)を目指す

システムエンジニアは主にシステムにおける上流工程(要件定義・基本設計)を担当します。

顧客とどのようなシステムを作り上げるかヒアリングを行い、どうやって実現するかを決めるのが要件定義で、要件定義をもとにシステムを開発するために必要な機能を実装するために基本設計を行います。

システムエンジニアはシステムの根幹となる部分に関わるので、あらゆるITにおける知識が必要になります。

マネージャー・管理職を目指す

マネージャーはチームの管理を行うマネジメント職で、スケジュール管理や仕事を円滑に行うためにクライアントやリーダーと調整などを行います。

その他人材の確保や機材の調達、予算の見積もりなど作業内容は会社や現場によって多岐にわたります。

そのため、あらゆる知識が必要になりますので、プロジェクトマネージャ試験(PM)の資格を取得しておくこともおすすめします。

プロジェクトマネージャ試験の勉強の過程で、必要なスキルを学べます。

独立する

エンジニアとして2-3年働いたあとに、フリーランスとして独立するといった選択肢もあります。

フリーランスのメリット
  • 自由な働き方ができる
  • 会社員より高い収入が期待できる
  • さまざまな仕事を経験できる

最近では働き方改革の一貫でフリーランスを採用している企業も多く、会社員同様さまざまなエンジニア向け求人があります。

キャリアアップの手段として将来は独立することも検討しておくことをおすすめします。

以下の記事ではフリーランス向けのおすすめの求人サービスを紹介していますので参考にしてください。

まとめ

ここでは40代未経験でエンジニアになる方法を紹介しました。

40代で働き方を変えるのは大きな抵抗もあるかもしれませんが、エンジニアなら将来に渡って通用するスキルを身につけることもできますし、今後も需要が高まる分野です。

そのため、将来に不安がある方はこの機会にエンジニアとして転身を検討するのも十分ありだと思います。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ