マーケティング

本当に役に立ったマーケティング本15選【初心者〜脱初心者向け】

マーケティングを勉強してビジネスを成功させたい!

と思っても、マーケティング関連の本はたくさん出版されているので、どれを参考にしたらいいかわからなくなりますよね。この記事では、マーケティングを勉強したいという方に向けて、以下の内容を解説していきます。

  • マーケティング本の選び方
  • おすすめのマーケティング本「超初心者向け」
  • おすすめのマーケティング本「脱初心者向け」

マーケティング初心者の方、脱初心者を目指す方に、読んで本当に参考になる本を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

初心者はまずどんなマーケティング本を読めばいいの?

マーケティング初心者におすすめのマーケティング本は、とにかく、マーケティング初心者でも分かりやすく解説している本につきます。比較的短時間で読める内容のものであれば挫折を防げます。

マーケティングに関する用語を分かりやすく解説していたり、手順をイラストや画像付きで説明しているものはありがたいですね。最近は、マンガ形式でまとめているマーケティング本もあるので、手法や考え方をイメージしやすくおすすめです。

分かりやすさと読みやすさに加えて大切なポイントが、比較的最近の書籍であることです。分かりやすくても、出版から時間が経っていると情報が古くなっていることもあるので、いつ出版されたかにも注目して選ぶことをおすすめします。

超初心者におすすめしたいマーケティング本8選

「超」が付くマーケティング初心者におすすめのマーケティング本は8つ。マンガや図解でマーケティングの基礎知識や実践法をまとめたわかりやすい内容の本たちですが、それぞれ特徴があるので、好みに合わせて選んでくださいね。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本


コンテンツマーケティング業界の第一人者が、「絶対に挫折しない」をコンセプトにコンテンツマーケティングの最新・実践法を図解でわかりやすく解説。マーケティングの概要から実践までを学ぶ手引書として最適の一冊です。

数ある情報の中から選ばれやすいコンテンツを作るための基本的な知識が盛りだくさん。売り込みをしなくても自然と顧客が集まる“態度変容メカニズム”を詳しく解説しているので、マーケティング初心者の入門書としておすすめです。

沈黙のWebマーケティング


実績を出し続けているWEBコンサルティング会社の代表・松尾茂起の著書。伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が、Webサイトの検索順位が急激に低下し経営危機に瀕した会社を救出する、というストーリーで、Webマーケティングの本質や真髄を解説しているマンガビジネス書です。

会話形式のストーリーで臨場感があり理解しやすいだけでなく、Webマーケティングの解説記事ではGoogleウェブマスターツールの活用術やSNSの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意など、Webマーケッターに必須の知識が学べます。

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 Webマーケッター瞳の挑戦


Web担当者Forum発の人気漫画「Webマーケッター瞳」を書籍化。マンガ形式のビジネス書で、最新デジタルマーケティングの専門用語もしっかりフォローしています。

著者の実体験や実際の企業で行なっている施策など、実例が豊富に含まれているので役立つノウハウが満載。専門領域を扱った本に手を出す前に、デジタルマーケティングの全体像をつかんでおきたい人に最適の一冊です。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書


コンテンツマーケティングの情報を発信するサイト「コンテンツマーケティングラボ」を運営する株式会社日本SPセンターが、マーケティング超初心者に向けてまとめた一冊。コンテンツの制作・拡散・チューニングの具体的なノウハウを図解を多用してわかりやすく解説しています。

コンテンツマーケティングの手法を、ビジネスゴールや扱う商品タイプに応じて分類し、その方向性や戦略の違いを解説しているので、自分の環境に合った最適な手法を学べます。“なんとなく”だった情報を丁寧に言語化してくれるのも本書の魅力。

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ


“顧客がどのような経路をたどって商品・サービスに興味を持ち購入に至るのか”の道筋を例えた言葉、「カスタマージャーニー(顧客の旅)」。広告代理店と広告主の経験を持ち合わせるプロフェッショナルマーケターが、カスタマージャーニーについて具体的に分かりやすくまとめています。

読むだけでなく、自分の顧客をイメージするためのカスタマージャーニーマップを実際に作る方法をワークショップ形式で学べます。カスタマージャーニーの概念を正しく理解し実際に援用するためのポイントがまとめられているので、初心者がマーケティングの土台固めをするのにおすすめの一冊。

マーケティングの仕事と年収のリアル


大手企業を中心に100社以上の戦略コンサルティングに従事してきたブランド・マーケティング戦略コンサルタントが、マーケターの現実についてまとめた一冊。マーケティングの仕事をする人がたどるキャリアパスやマーケティング業界で生き残る術について具体的な指針が収められています。

センスや専門性を磨いても、もともと優秀だとしても、それが直接結果につながるわけではない。結果を出すには自分自身をセルフマーケティングして市場価値を高める戦略が必要。そのために求められる実績や経歴とポストや権限などについて赤裸々に描写している刺さる一冊。

弱者でも勝てるモノの売り方


星野リゾート マーケティング部所属の経歴を持つ著者が、「子どもでも理解できて、誰でも実践できるマーケティング」をモットーにまとめた、プロだからこそ書けるやさしいマーケティング入門書。赤字経営の喫茶店を舞台に、ストーリー仕立てでマーケティングの基本と一連の流れを扱っています。

弱者が強者に勝つためのマーケティングとして、SNSの効果的な使い方から、弱みを強みに変える「クロスSWOT分析」まで、「お金をかけず、売り上げを伸ばせるモノの売り方」に的を絞って解説。分かりやすさにこだわっているので超初心者も挫折せずにマーケティングの基本を学べる実用的マニュアルです。

共感SNS


HKTの元メンバーで現在 自称「モテクリエイター」として活躍している若手女性実業家ゆうこす が執筆したSNSの教科書。フォロワーの数を増やすことよりも、コアなファンを集めてコアなファンと一緒に自分を発信し広めていく、応援される人になるためのノウハウがまとめられています。

名前の付け方、タグの使い方、個性の尖らせ方などなど、自分の魅力を最大限に表現し、にわかではないファンを増やす方法が、著者本人の失敗も含む実体験に基づいて書かれています。知名度を上げたい人、SNSマーケティングをしたい人が絶対読むべきSNS戦略のノウハウ本。

脱初心者におすすめしたいマーケティング本7選


ここからは、マーケティングのスキルをもっと磨きたい、今やってる方法を見直して改善するための効果的な方法を知りたい、という人向けの本を紹介します。

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング


60以上のブランドのブランディング・マーケティングの先頭に立ち、成功を収めてきたプロマーケターが教えるマーケティング戦略。たった一人の顧客を分析し、未購買顧客を顧客化、さらにロイヤル顧客化するという「顧客起点マーケティング」を徹底解説しています。

実際に成功を収めてきた手法に基づき、分析対象とする潜在顧客“N1”の選び方から顧客の分析方法、競合から顧客を奪う手法、顧客を奪われるリスクを減らす手法など具体的な戦略について詳しく解説。マーケティングを使いこなしたい人、レベルアップしたい経営者向けの一冊です。

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは


メンタリストDaiGoが「10倍の値段で買って損をしない本」と推薦する、複雑な顧客心理を解説したマーケティング本。アメリカの伝説ダイレクトマーケッター・シュガーマンが、売り上げを大きく左右する言葉の力とその力を巧みに操りセールスの成績を劇的に上げるノウハウを物語としてまとめています。

たった一つの表現、説明の順序、力点の置き方を工夫するだけで顧客の心の動かし購買を決めさせてしまう言葉の力。購買心理学を理解したうえでマーケティングを極めたい、ただ売るのではなく顧客の心に訴えるマーケティングをしたい、という人におすすめの一冊です。

[改訂4版]グロービスMBA


ビジネスリーダーの育成や実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行なっているグロービズ経営大学院が、マーケティング理論を基礎から応用まで体系的にまとめたマーケティングの教科書。新しい情報、新しい事例に沿って必要な知識を押さえられるよう改訂されています。

ターゲティング、ポジショニング、コミュニケーション戦略、ブランド戦略、マーケティングリサーチなど、マーケティング戦略を理解する上で重要な知識を分かりやすく解説。それぞれ、マーケティング全体のどの箇所を今 議論しているのかが明白なので迷子にならずに学べます。

Webサイトの分析・改善の教科書


ウェブサイトの設計・分析・改善を得意とするウェブ解析士マスターが、Webサイトの成長のための方法を包括的にまとめたサイト運営の教科書。フルカラーで、キーワードにはアンダーラインとボールドが施されているのでWebで文章を読み慣れている人にも読みやすい一冊です。

Webサイトの運営や施策に悩みを持つ人を対象に書かれていますが、マーケティング未経験者がマーケティングの全体像を把握するのにも適しています。どのようにゴールの決め、施策を打ち、分析し、改善していくかという一連の流れを教えてくれる、改善に踏み切る時の心強いガイドマップ。

新訳 ハイパワー・マーケティング


これまでに1万人の経営者を指導してきた全米トップマーケターの名著が新訳で復刊。SNSマーケティングやWebマーケティングに限らず、マーケティングを学ぶ人に一度は読んでほしい、時代を超えた「マーケターのバイブル」です。

常に自分のことよりも他人のことを優先させ、お客様がいかに行動しやすくするかを考える という「卓越論」を基礎にすべての章が書かれています。クライアントの数を増やし、一人当たりの販売額を増やし、頻度を増やす、の3点を細かく解説しているマーケティングの根幹を扱ったベストセラー。

マーケティングリサーチとデータ分析の基本


インターネットリサーチ会社に所属し、ベンチャー企業へのアドバイザーも務めている著者が、マーケティングリサーチとデータ分析のポイントをシンプルにまとめたマーケティングリサーチの教科書。専門用語には詳しい説明があり初心者向けでありながら、経験者にも学びの多い一冊です。

データ量の多さに圧倒されているマーケターに、データとの向き合い方やデータ分析の基本を教え、データを活用したビジネスの意思決定の第一歩を後押ししてくれる。数字が苦手な方や、マーケティングリサーチやデータ分析は専門外という人にもわかりやすいマーケティング教本。

マーケティング思考力トレーニング


SNS上のコミュニティ「マーケティングトレース -マーケターの筋トレ-」の主催者が、マーケティングを学びたいすべての人に向けて、マーケティング思考力を確実に身に付けるためのトレーニング方法を解説。マーケターを実務に活かしたい方、スキルを身に付けたい方におすすめの一冊です。

知識を身に付けるための本というより、知識を使うことでスキルアップにつなげるためのトレーニング法を具体的に示しています。さまざまな分野の企業が成功したマーケティング戦略を模倣し自分の中に成功パターンを蓄積して「戦略を考える」、マーケティング思考力を鍛える実践ワークブック。

まとめ

マーケティングの全体像を把握するための本、マーケティングに纏わる心理学を扱った本、マーケティングを見直し改善するための分析法をまとめた本……。一言で「マーケティング」と言っても、本当に奥が深いですね。

この記事で紹介したどの本も、マーケティング成功者たちが、実際に実践し成果を出してきた方法をそれぞれの目的に沿ってまとめ、執筆したものです。今の目標や現状に合いそうと思った本があったら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。