プログラミング

【プログラミングの勉強】独学では失敗する3つの理由とは

プログラミング初心者
  • プログラミングは独学で勉強すると失敗しやすいの?
  • 失敗しない勉強法があったら知りたいな……

プログラミングは近年需要が高まっていることにより、これからますます必要なスキルとなります。

しかし、初心者がいざ勉強しようと思っても、難しくて挫折してしまった……。なんてことはよくあります。

せっかくプログラミングを学ぼうと思っても、勉強に失敗してしまったら非常にもったいないですよね。

そこで、ここではプログラミングの勉強で失敗する理由や、失敗しないためのコツについて解説していきます

私自身の失敗談も交えて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

独学でプログラミングを勉強すると失敗する3つの理由

プログラミングの勉強で失敗してしまった人

独学でプログラミングの勉強をすると、失敗する理由は以下の3つです。

  • 参考書の内容を全て覚えようとする
  • 写経だけで満足してしまう
  • わからないことを解決しないで進めてしまう

それぞれ詳しく解説していきます。

理由1:参考書の内容を全て覚えようとする

独学でよく失敗しやすいのが、分厚い参考書の内容を1から10まで全て覚えようとすることです。全ての内容を覚えようとすると、膨大な時間がかかりますし、まずモチベーションが続きません。

仕事終わりに毎日30〜60分参考書で勉強していては、いつ読み終わるかわかりませんし、時間がある人でも、よほど意思が固くなければすぐに飽きてしまいます。

また、参考書の内容をなぞるだけでは、すぐに内容を忘れてしまいます。結局時間を掛けた割に、仕事で通用するようなスキルを身につけるのは難しいと言えるでしょう。

これは参考書だけではなく、ネット上の学習サービスでも同様のことが言えます。

理由2:写経だけで満足してしまう

プログラミングの学習は写経だけでは身につきませんし、失敗する可能性が高いと言えます。

プログラミングにおける写経とは、参考になるソースコードをそのままキーボードに入力して、動作を確認することで学習をすすめる方法です。

さきほどの参考書の内容と少しかぶりますが、写経して実際にプログラムを動かしただけで、勉強したつもりになって満足していませんでしょうか?

参考書の内容をただなぞるだけでは、実際にプログラムを組む能力は身につけられません。プログラムの内容をしっかり理解しなければ、内容をすぐ忘れてしまうからです。

これでは基本はおろか応用力を身につけることができません。すぐ内容を忘れてしまって、また同じページを勉強することになり、非常に無駄です。

理由3:わからないことを解決しないで進めてしまう

プログラミングの勉強をしていると、調べてもよくわからない問題に突き当たることは実際によくあります。

中には調べても情報が少なく、初心者が自力で解決することは難しいような問題に直面することも……。

調べてもわからなかったから、そのまま放置で先に進めてしまうこと、さらに難しい問題に直面したときにお手上げ状態になります。

そして、そのまま挫折してしてしまいます。

とくに勉強を進めていくと、プログラミング関連の専門用語もたくさんでできますので、ある程度の理解は必要です。

プログラミングの勉強で失敗しない2つのコツ

プログラミングの勉強で失敗しないためには

プログラミングの勉強で失敗しないコツは、以下の2つです。

  • 学習計画を立てておく
  • 全てを覚えようとしない

コツ1:しっかりと学習計画を立てておく

プログラミングを独学で習得するぞ!

と決めたら、失敗しないためにもゴールまでの計画と、期限を決めておきましょう。

プログラミングの独学は、学習コストが高いと言われています。

その理由として、無計画に勉強を始めてしまうこと挙げられます。

計画をしっかりと立てておかないと、いつまでたっても勉強が終わることはありません。

コツ2:全てを覚えようとしない

プログラミング言語は、一度に全てを覚えようとすると時間がいくらあっても足りません。

参考書は知りたい内容のみ、さっと勉強するくらいの心構えで大丈夫です

一度に全て覚えられなくても、参考書は後々辞書代わりに使えます。

プログラミングは「変数」「条件分岐」「繰り返し」「関数」「クラス」などの基本さえ覚えてしまえば、ある程度のプログラムは組めるようになります。

プログラミングを最短で習得するならスクールがおすすめ

効率よくプログラミングを習得したいならスクールに通う方法がおすすめです。

スクールのメリット
  • わからないことはすぐに確認できる
  • 独自のカリキュラムで効率よく学べる
  • スクールによっては独立・転職支援までしてくれる
  • オンラインスクールなら自宅にいながら学べる

このように独学と比較しても、スクールで学んだほうがメリットは大きいと言えます。

費用は掛かりますが、独学で失敗して時間を無駄にするよりはコスパが高いと言えるでしょう。

おすすめのプログラミングスクールについては、以下の記事で紹介しています。

まとめ

ここでは、プログラミングの勉強に失敗してしまう理由や、失敗しない方法について紹介しました。

プログラミングの勉強で失敗しないためには、プログラミングを通して何をやりたいか決めておき、しっかりと計画を立てることが大切です。

せっかくプログラミングを習得しようと思い立ったならぜひ、勉強で失敗しないよう心がけましょう。

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ