仕事の悩み

仕事を辞めたい理由とは?退職者に独自アンケート!対処法も紹介

  • 毎日仕事を辞めたいと思っている…
  • みんなどんな理由で仕事を辞めてるの?
  • 仕事を辞めたいと思ったら行動に移すべき?

長時間労働や過度のストレスで、仕事を辞めたいと感じている人は多いようです。

しかし仕事を辞めたいと思っても「次の仕事が見つかるのか?」「同じような待遇で働けるのか?」不安もあってなかなか行動に移せませんよね…。

そこで、この記事では「仕事を辞めた経験がある男女40人に独自アンケート」を行いました。仕事を辞めた理由や退職後のことについて伺いましたので、ぜひ参考にしてください。

調査概要

・調査対象:仕事を辞めた経験のある男女
・対象人数:40名
・調査概要:インターネット調査
・調査期間:2022年5/22〜5/23

アンケート1:仕事を辞めるに至った動機は?

仕事を辞めたいと思ったときは?

ここでは仕事を辞める決断をした動機、辞めたときの年齢、在職期間などについてのアンケート結果を紹介します。

仕事を辞める決断をした動機は?

仕事を辞める決断をしたときの動機についてのアンケート結果は、次のとおりです。

アンケート(仕事を辞める決断をした動機)
人間関係27.5%
残業が多い、職場環境が悪い22.5%
収入が低い17.5%
仕事に魅力を感じない15%
営業のノルマがきつい10%
モチベーションが上がらない7.5%

仕事を辞めた動機として、人間関係を挙げた方が27.5%と最も多い結果になりました

次に残業が多い、職場環境が悪いが22.5%でした。

20代男性

上司が仕事に関して楽観視しており、私自身のモチベーションも上がりませんでした。

20代男性

毎日残業で帰りも深夜になり、残業代も出ず給料も安かったからです。

30代女性

上司同士の仲が悪く会社の雰囲気が悪かったため。コロナ渦にもかかわらず、ほぼ毎日飲み会が有り、強制参加ではないが行かないと悪く言われていたからです。

20代女性

先輩は仕事をしないし、上司は待遇がよくない、尊敬もなにもできなかった。

30代男性

私を一方的に敵視して嫌う上司との日々にうんざりしたからです。

30代女性

職場の人間関係が嫌すぎて毎日憂鬱だったからです。

ちなみに男女別のアンケート結果でも、仕事を辞めた動機の割合的には大きく変わりありませんでした。

仕事を辞めたときの年齢は?

次に実際に仕事を辞めたときの年齢について伺いました。アンケート結果は次のとおりです。

アンケート(仕事を辞めたときの年齢)
20代45%
30代30%
40代17.5%
50代7.5%

やはり仕事を辞めたときの年齢は、20代が45%と半数近くを占めていました

入社したものの、人間関係や仕事でのストレスなどにより、退職を決断した方も多いようです。

また、30〜50代で仕事を辞めた方は「体力的に厳しくなった」「会社の方向性に疑問」「上司や同僚との人間関係」などの理由がありました。

前職での在職期間は?

次に前職での在職期間について伺いました。アンケートの結果は次のとおりです。

アンケート(前職では何年勤めたか)
1年未満17.5%
1〜3年37.5%
3〜5年以上45%

アンケート結果を見ると、3〜5年勤めてから仕事を辞めた方が45%と半数近くになりました。

1年未満で辞めてしまった人は「人間関係」「社風が合わない」「仕事がきつくて毎日終電」などが挙げられました。

入社しても仕事がきつい、あわないと感じたら早めに決断して辞める方もいるようですね。

アンケート2:仕事を辞めたいと思ったときに相談した相手は?

次に仕事を辞めたいと思ったときに、相談した相手について伺いました。アンケート結果は次のとおりです。

アンケート(仕事を辞めたいときに相談した相手)
家族40%
友人30%
同僚10%
上司7.5%
誰にも相談しなかった12.5%

仕事を辞めたいときに相談した相手として最も多かったのが家族で40%、次いで友人に相談した人が30%でした。

こちらでツイートしていますが、私の場合は誰にも相談しませんでした。下手に相談しても引き止められて、ずるずると仕事を続けてしまうと思ったからです。

アンケート3:会社を辞めたあとのキャリアは?

次に会社を辞めたあとのキャリアについて伺いました。アンケートの結果は次のとおりです。

仕事を辞めたあとは転職or独立?

アンケート(会社を辞めたあとはのキャリア)
会社員として転職55%
フリーランスとして独立35%
パート・アルバイト10%

アンケートの結果、会社員として転職する人が半数以上、フリーランスとして独立する人も35%とそこそこの割合でした。

同業種に転職する人もいれば、収入は下がっても他業種へ転職する人もいるようです。

ちなみにフリーランスに転身した人の仕事内容は、

  • インストラクター
  • 趣味の教室
  • デザイナー
  • ライター
  • エンジニア

などがありました。

次の仕事は前職より収入が増えた?

退職後、次の職場では収入が上がったか伺いました。アンケートの結果は次のとおりです。

アンケート(前職より収入は増えたか?)
増えた55%
減った30%
どちらでもない15%

仕事を辞めて前職より収入が増えたと回答した人は55%と、半数以上の結果となりました

収入が減ったと回答した人でも、前職を辞めたこと自体は後悔していないようです。

20代男性

総合的には辞めて良かったと思っています。仕事に終わりのない感覚が減ったことと、人間関係も比較的自分に合った状態になったためです。

20代女性

今の会社は人間関係が良好であり飲み会の強制参加もない。定時で必ず帰ることができます。しかし、給与や、資格手当、住宅手当、有給取得などの待遇は前の会社の方がよかったです。

30代男性

微力ながら自分のスタイルにて、社会貢献ができるライフワークとなり、前職を辞めて良かったと思っています。

30代女性

収入が減ることは覚悟していたが、コロナ禍で人が集まらないため、辞めるタイミングは悪かったと思う。しかし、前の職場であと30年は働くと考えるとゾッとするので、後悔はしていません。

40代男性

想定外のコロナにも見舞われて収入も大幅に減ってしまい、今の働き方の不安定さを痛感していますが、あのまま会社に勤め続けていてもいずれ大きな後悔をすることになったと思うので、辞めて良かったと思っています。

仕事を辞めたいけど辞められない理由とは?

仕事を辞めたいけど辞められない場合は?

仕事を辞めたくても辞められない…。
そんなときどうすればいいの?

さまざまな事情により、今の仕事を辞めたいけど辞められない…。という人も多いと思います。

仕事を辞めたいけど辞められない主な理由は次のとおりです。

仕事を辞められない理由とは?
  1. 次の仕事の探し方がわからない
  2. 良い仕事先を見つけられる自信がない
  3. 退職の手続きが面倒そう…
  4. 親しい人がいないので相談できない
  5. 周りに迷惑を掛けてしまいそうで言い出せない

しかし、そのままズルズルと今の仕事を続けるのはおすすめできません。1日の大半を過ごす職場で鬱々と仕事を続けたくありませんよね。

そんなときは、下記サービスで相談するのも1つの手段です。

  • キャリアカウンセリング
  • おとなの新路相談室
  • 総合労働相談コーナー

詳しくは次の記事で解説しています。

仕事を辞めたいと思ったときの対処法とは?

仕事を辞めたいと思ったときの対処法

仕事を辞めたいと感じる主な理由は?

仕事を辞めたいと思ったときは人それぞれです。

  • 毎日ストレスにさらされているとき
  • 仕事で失敗したとき
  • 上司に叱責されたとき
  • 評価されないと感じたとき
  • やりがいを感じないと思ったとき
  • 同僚と関係がうまくいかないとき
  • セクハラやパワハラを受けたとき
  • 会社がブラックで仕事量が多いと感じたとき
  • 労働に見合った給料を貰えていないと感じたとき
  • 社風が合わないと感じたとき

ただし、勢いで仕事を辞めるのはおすすめできません。

なぜなら仕事を辞めても後悔する可能性が高いからです。次の転職先がスムーズに見つかるかわかりませんし、更に劣悪な環境の職場に転職してしまう可能性があるからです。

だからといって、そのまま今の仕事を続けるのではなく、一度じっくりと今後のキャリアについて考えてみましょう

おすすめの方法はノートやエディタなどに、思いつくまま辞めたい理由を書き出すこと。書き出すことで思考が整理できますし、客観的な判断ができるようになります。

詳しくは次の記事でも解説していますので、あわせて御覧ください。

毎日ストレスに晒されている場合

こちらのツイートにあるように、毎日ストレスを感じている場合は要注意です。

とくに、動悸や吐き気、頭痛などが続くようなら相談して長期休暇を取るなり、仕事を辞めることも視野に入れましょう。

ストレスが限界に達するとうつ病になる可能性があります。一度うつ病になってしまったら社会復帰するのが困難になることも…。

仕事を辞めたいけどもう働きたくないと思ったら…

こちらのツイートにあるように、もう仕事を辞めて働きたくないと思ったら次のキャリアを模索してみるべきです

働きたくなり理由を考えて、

自分は今後どうしたいのか?何をやりたいのか?

今後のキャリアをじっくり考えてみることをおすすめします。

仕事を辞めたいけど次がないと感じたら…

仕事を辞めたいけど次がないと感じたら

仕事を辞めたいけど、次がないと感じている人も少なくありません。

仕事を辞めたいけど次がないと感じたとき
  • 年齢的に次がない
  • 家族持ちだから次がない
  • 転職を繰り返しているので次がない

もし、このような理由で次がないと感じているなら、それは大きな間違いです。

理由として、

  • 雇用の流動化が進んでいる
  • 終身雇用制からジョブ型雇用へシフトしてきている
  • 個人でも稼げる時代になっている
  • さまざまな形態の働き方が可能になってきている

などがあるからです。

今後は1つの会社に留まっているより、さまざまな仕事を経験したほうが付加価値のある人材として活躍できます

詳しくは次の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

仕事を辞めたら人生楽しくなる?

  • 今の仕事が辛すぎて辞めたい…。
  • 仕事を辞めたら人生って楽しくなるの?
  • 仕事はすぐに辞めるべき?

仕事を辞めたら人生は楽しくなるのでしょうか?

仕事を辞めても、同じ水準の給料を貰えるかわかりませんし、職場の環境がさらに悪くなる可能性もありますよね。

ただし、仕事を辞めることで人生が楽しくなる可能性もあります

仕事を辞めたら人生が楽しくなる理由
  • 嫌な人間関係から開放される
  • 仕事の重荷から開放される
  • 毎日の通勤から開放される
  • 仕事のストレスから開放される
  • 自分のやりたいことができる

私も仕事を辞めることに不安がありましたが、結果的に収入も上がりフルリモートでフルフレックスな環境で働けています。

嫌な人間関係や長時間の通勤からも開放されました。

仕事を辞めれば楽しくなる理由は人生を変えるための手段については、次の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

この記事では仕事を辞めたい理由や、退職経験のある人に独自アンケートを実施した結果を紹介しました。

仕事を辞めたい理由は人それぞれです。

仕事を辞めたいのに我慢して働き続けるのは精神衛生上よくありません。そんな働き方では自分自身の成長も期待できませんね。

仕事を辞めたいと感じたら、まずは自分の将来のキャリアプランを見据えて行動に移すことが大切です

※dodaは日本最大級の転職サイトです。
※1人での転職活動は不安と感じる方でも安心して利用できます。

こちらの記事もおすすめ