プログラミング

Rubyを独学で学ぶための学習本9選!エンジニアが厳選

  • 独学でRubyを学んでみたい!
  • 本当におすすめの学習本を教えてほしいな。

独学でRubyを学ぼうと思っても、「どの本を購入するべきか?」わからない人も多いと思います。

そこでこの記事では、独学でRubyを効率よく学習したい人に向けて、おすすめの学習本を紹介します。本で学習する際の注意点についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

独学におすすめのRuby学習本9選

Rubyのおすすめ本

ここでは独学でRubyを学ぶ人に向けて、おすすめ本を現役フリーランスエンジニアが厳選して紹介します。

1ページずつじっくり学習していては、いつまで経っても終わらない可能性があります。

そのため、まずはスピード重視で最後までやりきることを目標にしましょう。その後わからないことは調べれば良いと思いますし、学習を進める内に理解も深まっていきます。

ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座) 

タイプ参考価格
単行本¥2,728
Kindle¥2,592

本書はプログラミングが初めての人に向けて、Rubyの基礎の基礎をわかりやすく解説しています。プログラミングの基本から問題解決方法、わからないことを調べる手段などについて身につけることができます。また、基礎を学んだあとはフレームワークRuby on Railsの基礎知識も可能な限り盛り込んでいます。

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング

タイプ参考価格
単行本¥2,200
Kindle¥1,980

プログラミング未経験者でもわかるように、Rubyの初歩の初歩からやさしく解説しています。この一冊でWe

b開発が可能になるわけではありませんが、まずはプログラミングに触れてみたい方にはおすすめの本です。

ページ数も多くないので、Ruby on Railsまでの基礎をさくっと勉強するのにうってつけです。

3ステップでしっかり学ぶ Ruby入門

タイプ参考価格
単行本¥2,618
Kindle¥2,618

予習→体験→理解の3ステップでRubyの基礎を学べます。3ステップで体系的に学ぶことにより、Rubyを無理なく挫折することなく学べるので、初心者にぴったりです。また、各章末には練習問題もありますので、理解度も深まります。

たのしいRuby 第6版

タイプ参考価格
単行本¥2,860
Kindle¥2,574

本書の初版は17年と古く、改訂を重ねながらずっと読まれ続けているRubyの入門書です。

分量も多く全てを学習するのは大変ですが、Rubyの始め方から基礎構文〜応用まで網羅的に学習できます。学習が終わった後もリファレンスとして活用できますので、ぜひ手元に置いておきたい一冊です。

プロを目指す人のためのRuby入門

タイプ参考価格
単行本¥3,278
Kindle¥3,278

Rubyを本格的学ぶならぜひ手元においておきたい一冊です。サンプルも豊富でRubyの基礎を一通り学ぶことができます。

Rubyのインストールから動かし方、章ごとに各機能を詳しく学べるので、学習のみならず実際に開発するときもリファレンスとして使えます。

オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方

タイプ参考価格
単行本¥3,608
Kindle¥3,608

オブジェクト指向の参考書として評判の高い『Practical Object-Oriented Design in Ruby』の翻訳版です。

本書はRubyでのクラス設計や継承、テスト設計まで、幅広く網羅しています。オブジェクト指向が実はよくわかっていない人、Rubyで本格的に開発を始める人、脱初心者を目指す人におすすめの本です。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

タイプ参考価格
単行本¥3,828
Kindle¥3,637

本書はRubyのフレームワークRuby on Railsを基礎から学べます。実際にRailsでアプリケーションを作りながらRailsの使い方を学べるので実践力が身につきます。Rubyの基礎を一通り終えたら、ぜひ本書で学ぶことをおすすめします。

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

タイプ参考価格
単行本¥3,828
Kindle¥3,637

RubyでのWeb開発に欠かせない「Ruby on Rails」を基本的な内容から、テスト設計、運用まで完全網羅しています。

Ruby/Ruby on Railsの初心者から実務経験者まで、幅広く使える知識が詰まっています。本書は付随して、さまざまなツールの使い方や考え方もしっかり解説しています。

[改訂2版]Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応) Ruby公式資格教科書

タイプ参考価格
単行本¥3,960
Kindle¥3,762

本書は「Ruby技術者認定試験」の参考書です。プログラミングを身につけるなら、資格取得を目指すのもありです。資格取得の過程でRubyを体系的に学べますし、資格を取得することで一定のスキルがあることを証明できます。

ただ全くの未経験者の場合難易度が高いので、他の参考書を一冊学習し終わったあとにチャレンジしてもよいでしょう。

Rubyを本で独学するときの注意点4つ

Rubyを本で独学する際の注意点

ここでは、Rubyを本で独学するときの注意点について紹介します。

本で学習するときの注意点
  • 出版日はなるべく新しい日付のものを購入する
  • 全てを理解しない
  • 学習スケジュールを決めておく
  • オリジナルポートフォリオを作成する

注意点1.出版日は新しい日付のものを購入しよう

Rubyに限らず、プログラミング言語は都度バージョンアップされます。そのため出版日が古い書籍は、最新版の仕様に準拠していない場合も…。

書籍によっては内容が古すぎて、最新バージョンの言語では全く使えない場合もあり得ます。そのため出版日が古くなく、なるべく最新版の書籍を購入するようにしましょう。

注意点2.全てを理解しない

全てを理解、丸暗記しようとすると、膨大な学習時間が掛かってしまいます

本で学習する際は、これらを全て丸暗記する必要はありません。おそらく暗記してもすぐに忘れてしまいます。

そのため、よく使う変数、条件式、繰り返し、配列、関数などの基本の形と各種ライブラリやフレームワークについては、ざっと使い方を理解して、実装できる程度にとどめておくと良いでしょう。

注意点3.学習スケジュールを決めておく

書籍で基礎を学びたい場合、学習期間は2〜3ヶ月としておきましょう。それ以上長くなるとモチベーションが保ちにくくなったり、学んだことを忘れてまた勉強し直すことになります。

1日1ページのペースで進めても、いつまでたっても終わりません。毎日学習時間は確保しておくことをおすすめします

基礎学習はさっさと終わらせて、早めに次のステップに進みましょう。

注意点4.学習の仕上げにオリジナルポートフォリオを作成する

本の内容を一通りやり終えたら、学習の仕上げにポートフォリオの作成にもチャレンジしましょう

ポートフォリオとは「自分の実績を証明する作品集のようなもの」。デザイナーやエンジニアがボートフォリオサイトやGitで作品を公開しています。

参考書で学んだ内容を元に、ショッピングサイトや映画館の予約システムのような、Webアプリケーションを設計から取り組んで見ることです

Rubyで実用的なWebアプリケーションを開発することで、プログラミングで必要なスキルを一通り理解していることが証明できます。

短期間でRubyを身につけるならスクールもおすすめ!

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)が気になるけど、未経験者でもエンジニアとして転職できるの?

プログラミングの独学は一般的に9割近い人が挫折すると言われています。とくに右も左も分からない初心者の場合、最初から1人で学習を始めると、挫折する可能性は高いといえます。

そのためRubyを本で学ぶのに自信がない人は、プログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。私もスクールで学んでエンジニアになりました。

プログラミングスクールのメリット
  • 独自のカリキュラムで効率よく学習できる
  • わからないことは質問してすぐ解決できる
  • 就職や転職、独立のサポートもしてくれる
  • 独学より短期間でプログラミングスキルを身につけられる

おすすめのプログラミングスクールについては、次の記事でも紹介しています。

まとめ

この記事では、Rubyを独学で学ぶための、おすすめ学習本について紹介しました。また、本で学習する際の注意点についても紹介しました。

Rubyは人気が高く、需要もある言語です。覚えることも多く大変ですが、本で基礎をしっかりと学ぶことで、スキルを身につけることは十分可能です。

テックブーストはプロから学べる実践型スクールです。
プログラミング初心者でも安心して学べます

>> テックブーストの無料説明会はこちら <<

✅ 説明会は無料のため料金は一切かかりません。
挫折させない学習サポート体制

【言語別】おすすめの学習本

最後にプログラミング言語別に、おすすめの本を紹介している記事をまとめました。

リンク先から確認できますので、ぜひ参考にしてください。

初心者が読むべき本おすすめ本を確認する
PHPおすすめ本を確認する
Javaおすすめ本を確認する
Rubyおすすめ本を確認する
JavaScriptおすすめ本を確認する
VBAおすすめ本を確認する
C言語おすすめ本を確認する
C#おすすめ本を確認する
Pythonおすすめ本を確認する
Go言語おすすめ本を確認する
Swiftおすすめ本を確認する
Kotlinおすすめ本を確認する
こちらの記事もおすすめ