Webライター

Webライターに年齢は関係ある?働くために必要なこととは?

  • Webライターになるのに年齢は関係あるの?
  • 脱サラしてWebライターになりたいけど40代でも可能なの?

Webライターという仕事に興味があるけど、自分の年齢的になれるのかどうか不安を持たれている方も多いのではないでしょうか?Webライターになりたい動機は人それぞれです。

  • Webライターとしてお金を稼ぎたい
  • ノマドワークで自由な働き方をしてみたい
  • 文章を書くのが好きなのでWebライターとして働きたい

フリーランスのWebライターは自分の裁量で仕事ができるので、ノマド的な働き方もできますし、やり方次第では会社員以上の収入を得ることも十分可能です。

ここではそんなWebライターについて、なるために年齢は関係あるのか?について解説していきます。

Webライターに年齢は関係ある?

リサーチする男性


結論から言うと、Webライターに年齢は関係ありません。Webライターと一言でいってもたくさんのジャンルのライティング案件があるので、世代やキャリア、趣味によって書きたいジャンルの仕事を請ければいいと思います。

実際にたくさんのWebライターの方とディレクターとしてお付き合いしてきましたが、Webライターを職業としている年齢層は幅広いです。Webライターとして働く上で特に年齢による差を感じたこともあまりありませんでした。

20代でもすごい内容の記事を書ける人もいるし、生産性の高い人もいます。40代以降は今までの社会経験から得た経験をWebライターとして活かせられます。

若い世代は、あくまでWebライターは複業の1つとしてやってみたり、ファーストキャリアとして捉え、キャリアアップを考えてみても良いと思います。

Webライターとして働くために必要なこと

ノートパソコン女性

Webライターとして収入を得る方法にも年齢は関係ありません。基本的に数をこなして実績を増やし、プロフィールで実績をアピールすることで幅広いライティングの案件が受注しやすくなります。

「いままでさまざなジャンルで500記事以上の実績がある」

これだけでもWebライターとして大きな強みになりますね。また、実績を積み重ねることで直接仕事を依頼されたり、もっと単価の高い仕事をまわしてくれたりもします。

Webライターは在宅での仕事が基本ですが、仕事を請け負う立場として一般常識やビジネスマナーはしっかりと身に着けておく必要があります。

  • タメ口でやり取りしない。
  • 納期はしっかり守る。
  • 遅れそうなら早い段階で相談する。
  • フィードバックをもらったら感謝の気持ちを伝える

当たり前のことですが、これができない人が多いです。また、シニア世代はクライアントの担当者が自分よりずっと若い場合、記事の内容を指摘されてカチンとくることもあると思いますが、変に言い訳してこじらせるよりは素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

問題を起こす人はやっかいな人、無駄に工数削られる人とみなされます。クライアントを不快な気持ちにさせてしまうと、次回からお断りされることもありますので注意しましょう。

Webライターとして収入を上げるには数をこなす以外に、単価の高い難易度が高い案件も受けなければいけませんが、その点シニア層はいままでの経験で得た専門的な知識が活かせられるので有利です。

また、定年後にWebライターとして働くといったことを視野に入れてもよいと思います。若い世代でも勉強して専門的な知識を得ることが十分可能ですので、興味のある分野があったら積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

Webライターにおすすめの本

Webライターとして生活できるレベルまで稼ぐためには、専門的なスキルや戦略がそれなりに必要になります。

  • Webライターとして基本的なスキルを知っておきたい。
  • 効率よく仕事の生産性を上げる方法を身につけたい。

と感じている方は、こちらにライターとして読んでおきたい本を15冊紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

基本的なライティングスキルから仕事術、ライターとして必要なマーケティング関連の本まで網羅的に紹介しています。

こちらの記事もおすすめ