Webライター

Webライターになるには?3つのステップでわかりやすく解説

時間や場所にとらわれず、自由に働けるWebライターの認知度が高まっています。Webライターはパソコンとネット環境さえあれば仕事ができるため、興味がある方も多いのではないでしょうか?

  • 初心者だけどWebライターになるにはどうすればいいの?
  • 未経験者でもWebライターとして働くことはできるの?

しかし、Webライターとして満足のいく収入を得るには、ある程度の努力が必要になります。

ここでは、初心者でこれからWebライターになろうと考えている方に向けて、Webライターになるにはどうすればいいのか?方法について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

この記事の信頼性(私の経歴)

  • 文字単価0.5円から副業Webライターとしてキャリアをスタート
  • その後独立してWebライターの仕事のみで3ヶ月で月収45万達成
  • 現在はフリーランスのWebライター/ディレクター/マーケター/エンジニアとして活動

Webライターは誰でもなれるの?

  • Webライターになるには具体的にどうすればいいの?
  • 資格や勉強は必要なの?

Webライターはなろうと思えば誰でもなれます。特別な資格も必要なく、ある程度の文章力があれば今日中に仕事を請け負って作業することも可能です。

基本的な仕事の流れは、以下のようになります。

  1. クラウドソーシングサービスに登録する
  2. できそうな案件を応募する
  3. 記事を書く
  4. 納品する
  5. 報酬を受取る

しかし、誰でもできる仕事は基本的に文字単価が低く、たとえば文字単価0.2円の仕事で5,000文字の仕事を請け負った場合、報酬額は1,000円にしかなりません。高収入を得ているWebライターは文字単価1円以上の仕事を請け負っている場合が多く、収入差は歴然です。

こちらでもツイートしていますが、Webライターとしてある程度の収入を得たいなら、実績を積みつつスキルを上げたり、得意なジャンルを見つけて単価の高い仕事を狙う必要があります。

未経験からWebライターになるための3ステップ

目標を決める女性

Webライターとして働くために必要なスキルを身に着けよう

Webライターになるために必要なスキルとして、最低限以下の基本はマスターしておきましょう。

  • Webライティングのスキル
  • SEOのスキル

Webライターとして大切なことは物事を正確に伝えられることです。正確な情報を集めて記事にするのが大事ですので、いい加減な内容を書いてしまうとクライアントから信頼を得るのも難しいと言えます。

また、せっかく書いた記事でも検索上位に表示されなければ誰にも読まれませんので、ある程度のSEOの知識は必要です。

WebライティングやSEOのスキルを上げるために、以下の書籍で勉強しておくことをおすすめします。



注意点として、だらだらと勉強していては、いつまで立っても次のステップに進めませんので、勉強は一週間以内など期限を設けておきましょう。

その他のおすすめの書籍については、以下の記事でも紹介しています。基本的なライティングスキルから仕事術、ライターとして必要なマーケティング関連の本まで網羅的に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングサービスに登録しよう

Webライターになって働くためには、まずWebライターの仕事が多く掲載されている以下のクラウドソーシングサービスに登録しておきましょう。

とりあえずこの2つに登録しておけばOKです。

クラウドソーシングサービスは初心者向けから専門性の要する難易度の高いものまで、Webライターの仕事が数多く募集されています。まずは自分ができそうな仕事を探してみましょう。

  • でも、初心者だし本当にできるのかな?
  • この仕事ならできそうだけど、まだ自信がない・・・

私もそうでしたが未経験者の場合、自信のなさから最初は応募をためらってしまいがちです。しかし行動に移さなければ、いつまでも仕事を始めることはできません。そのため、まずは思い切って応募してみましょう。

応募時に「はじめてですが、丁重な仕事を心がけ納期は厳守します」など誠意や信頼性を伝えることで、未経験でも簡単に仕事を請け負うことは可能です。

また、仕事を請ける上で守って欲しいのが締め切りは必ず守るということです。「締め切りを守れない=自己管理ができない人」とみなされますし、一度ならまだしも何回も繰り返すと信用を失い次からお断りされることもあります。

クラウドソーシングサービスは初心者がスキルを磨くための場所としてもおすすめです。

実績を積もう

あとはクラウドソーシングサービスで実績を積んでおきましょう。

ある程度実績を積むと、クライアントからより良い条件で直接依頼がきたり、高単価な案件を紹介してくれることがあります。

また、クラウドワークス、ランサーズともに条件はわかりませんが、実績を積んだライターはより高単価な案件を紹介してくれるChatWorkのチャンネルに招待されることもあります。実際に定期的に高単価な案件募集の案内がきています。

また、ランサーズではスキル・経歴を出品(旧ランサーズストア)できます。実績を積んだら登録しておくことをおすすめします。

Webライターになって継続して働くために必要なこと

先を見据える少年


先程Webライターは誰でもなれると説明しましたが、Webライターとして継続して働くためには、以下のような要素も必要です。

  • 書くことが苦ではない
  • リサーチ力が優れている
  • 楽しんでできる人

そもそも文章を書くという行為に苦痛を感じてしまう方はWebライターに向いていません。やはり文章が苦手の場合、書くのが苦痛になって1記事書き上げるのに一週間かかってしまう人もいました。

もともと書くことが好きな人は普段から文章に触れていますので、戸惑うことなく仕事を進められると思います。Webライターは前述したとおり、必要な情報を調べて書くのが基本です。そのため効率よく情報を拾ってくるリサーチ力も大切です。

また、どんなジャンルのライティングでも楽しんでできる人のほうが、効率が上がります。興味がないジャンルではリサーチ自体が苦痛になることもあるので、楽しめない人や飽きっぽい人には難しいかもしれません。

そのため、Webライターとして継続して働くためには楽しく文章を書けて、効率よくリサーチできるスキルはまず必須と言えます。

Webライターになったはいいけど思ったより稼げない?

少し困った男性
Webライターは稼げないってよく聞くけど本当?

さきほど紹介したクラウドソーシングサービスは、単価が安い仕事が多く、一ヶ月働いても会社員並の収入を得るのは難しいでしょう。

繰り返しになりますが文字単価0.2円の場合、1,000円稼ぐには5,000文字書く必要があります。5,000文字書くには相当な労力が必要でリサーチ込で半日かかる場合もあります。つまり労力に見合った対価が受け取れない可能性が高いと言えます。

そのため、慣れてきたら除々に単価が高い案件にチャレンジするか、最初から思い切って単価の高い案件に応募しましょう。文字単価が1円なら、1,000円稼ぐには1,000文字書けばよいので、単価が高くなるほど仕事が楽になってきます。

※ただし、クラウドソーシングサービスは報酬から5-20%の手数料が引かれます。

Webライターで会社員なみに稼ぐには相当な努力が必要です。

Webライターで安定した収入を得るにはまずは継続すること。クラウドソーシングサービスで実績を積み上げれば、さらに良い案件を紹介してくれることもあったり、直接指名されることもあります。

最初はなかなか稼げなくても、そこで落胆せずにまずは根気よく続けてみましょう。

正社員や業務委託のWebライターになって安定して働きたい場合

ある程度実績を積んで、より安定して働きたい場合は、正社員や業務委託のWebライターを募集している求人サービスを利用するという選択肢もあります。

求人サービスを利用すれば、クラウドソーシングサービスのように利用手数料もかかりませんので、興味のある方は利用してみることをおすすめします。

Webライターを募集している求人媒体としては、以下の2つがおすすめです。

求人ボックスはさまざまな求人サービスの情報を集約して検索できる、求人に特化した検索サービスです。

「業務委託・在宅ワーク」のWebライターの仕事を探したところ、446件もの求人が見つかりました。


求人ボックス

indeedも求人ボックス同様、求人サービスを集約して検索できる求人検索サービスです。利用者数も多くさまざまな条件で仕事を探すことが可能です。

indeedでWebライターの仕事を探したところ、2,105件もの求人が見つかりました。

indeed

まとめ

ここでは、Webライターになるための方法について紹介しました。Webライターは敷居が低く誰でもはじめやすいですが、その分ライバルも多く、安定した収入を得るにはある程度の努力が必要です。

いったん軌道に乗ってしまえば、苦しかったときがウソのように稼げるようになるのもまた事実です。

初心者の方は、まずこの記事で紹介したクラウドワークスランサーズは登録しておきましょう。

自信がなくてもまずは初めて見ることが大切です。

こちらの記事もおすすめ