ライター

Webライター初心者が月10万を目指すための5つのステップ

クラウドソーシングサービスの登場により、数年前からWebライターとしての知名度が上がり、実際に副業や本業で働いてみたいと考えている方は年々増えてきている印象です。

  • Webライター初心者だけど収入の目安はどれくらいなの?
  • Webライターとして効率よく収入を得るにはどうすればいいの?

これからWebライターを始めてみたいと思っても、実際に何から始めて効率よく収入を得るにはどうすればいいのか?わからない方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では実際に月10万稼ぐために必要なことをわかりやすく解説しています。もちろん慣れてくれば月10万以上稼ぐことも十分可能です。

ぜひ参考にしてください。

Webライターの仕事内容


Webライターは企業や個人で運営しているWebサイト、Webメディアなどの記事をクライアントから依頼を請けて書くライターのことです。

芸能関係やニュース、音楽、映画など記事や医療、IT、法律関連など専門知識を要するものまでWebライターが請け負うジャンルはさまざまです。基本的に誰でもできるジャンルの案件は単価が低く、専門性の高いジャンルほど単価が高い傾向です。

働き方としては専属のライターとなって1社から継続的に仕事を請ける方法や、複数のメディアの仕事を単発で請けるなどの方法があります。

Webライター初心者が月10万の収入を得るには

STEP1:ライターになるための準備

Webライターに必要な能力はもちろん記事を書くためのライティング能力が必要になります。また、それ以外にも後述する生産性なども重要です。

必要なライティング能力は普段からメールや報告書、ブログなどの運営をしているなど、文章を書き慣れている人の場合はとくに準備に時間掛けなくても大丈夫です。

文章の書き方が分からない、今まで文章を書く機会がなかった……。という方は書き方についてある程度練習しておいたほうが良いでしょう

練習法については以下の記事で詳しく解説しています。

Webライターはじめの一歩。おすすめのライティング練習法を紹介!パソコンとネット環境さえあれば誰でもなれる職業がWebライターです。 しかし収入はピンキリで、安い単価でなかなか収入が上がらず苦し...

合わせて以下の書籍も読んでおくことをおすすめします。



注意点として、準備で時間を掛けすぎないことです。Webライターとしての求められるライティング能力はいかに相手に伝わる文章が書けるかです。

あまり書き方やテクニックにこだわりすぎても良い文章が書けるとは限りません。私自身も文章力の才能は悲しいくらいありませんが、Webライターとして十分やっていけてます。

STEP2:クラウドソーシングサービスに登録

まずはクラウドソーシングサービスに登録しましょう。。クラウドソーシングサービスについては、以下の記事を参考にしてください。

【Webライター求人】おすすめの求人サービスをタイプ別に紹介!Webライターとして仕事を探したい人に向けて、おすすめの求人サービスをタイプ別に紹介。また、Webライターに必要なスキルや書籍についても紹介しています。...

クラウドソーシングを利用するメリットは以下のとおりです。

  • Webライターの案件数が多い
  • 営業の手間が省ける
  • 初心者でも案件によっては受注しやすい

クラウドソーシングを利用することで、余計な手間を極力かけずに仕事を探せます。またクラウドソーシングのサイト内で仕事の応募、クライアントとのやり取り、納品、報酬の受け取りまで完結します。

デメリットとして、クラウドワークス、ランサーズはシステム手数料として報酬から20%差し引かれます。クライアントによってはシステム手数料を上乗せした報酬を支払ってくれますが、全てがそうとは限りません。

また、だれでもできて少しでも条件の良い仕事は応募者が殺到して、なかなか仕事が受注できない……。なんてこともありえます。

STEP3:文字単価1円以上の案件を狙う

クラウドソーシングで仕事を探すときに必要なことって何?

クラウドソーシングサービスで仕事を探すときは、極力文字単価1円以上の案件を狙いましょう。1円以下の案件ではまず稼げません。

たとえば、3,000文字書いて単価1,000円の案件の場合、文字単価0.3円になります。そんな1,000円の仕事に3時間かかった場合の時給は333円です……。さらにその報酬からシステム手数料が20%差し引かれます。これなら普通にアルバイトしていたほうが稼げますね。

仕事に慣れるまでは練習と割り切って、低い単価の仕事を請け負うのもありだと思います。しかし、いつまでもそれに甘んじていると10万達成することは到底できません。

クラウドワークスで高単価の案件を探す方法については、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスライターがクラウドワークスで高単価の案件を探す方法クラウドワークスで効率的に高単価の仕事を探したい… クラウドワークスはさまざまな種類の仕事が応募されていて、初心者向けの仕事も多く...

STEP4:生産性を上げる

ライティング能力も必要ですがより多く収入を得るためには生産性、つまり作業スピードも同じくらい重要です。

たとえば、記事単価4,000円の仕事を月10記事こなすのと、20記事こなすのでは単純に収入が倍違ってきます。そのため、ライティングのスピードを上げれば上げるほど収入を上げられます。たとえば、報酬3,000円の仕事の場合、17記事納品すれば5万円は稼げます。

じゃあ、実際生産性を上げるにはどうすればいいの?

生産性はすぐに上げていくことは難しいですが、以下の3つを実践することで確実に生産性は上げられます。

  • ライティングの仕事に慣れる
  • 1日のスケジュールを決める
  • 時間を決める

まずは数をこなしてライティングの仕事に慣れることが大切です。また、1日のスケジュールに書く予定の記事を埋めていくのも有効です。

スケジュールはGoogleカレンダーが使いやすくておすすめです。たとえば13時から15時で1記事予定を書き込んだら、その時間内に仕事が完了するようにしましょう。

時間を意識するだけで仕事の生産性は上がっていきます

STEP5:実績を上げる

クライアントの立場で考えた場合、仕事を依頼するなら全く実績のないライターと経験豊富なライターなら、ほぼ後者に仕事を依頼すると思います。

実績を上げることでより仕事が受注しやすくなりますし、クライアントからより良い条件でスカウトがくることもあります。ライティング能力も身につき、必然的に報酬も上がっていきますので最初は低い単価でもめげずに実績を作っていきましょう。

また、その実績を元に自らライターを募集しているメディアに直接営業するのもありです。直接仕事を受注すれば手数料を差し引かれることもなく、報酬を全て受け取れます。

Webライターとして独立は可能?

将来はWebライターとして独立したいけど大丈夫かな?

ここで紹介した方法を実践しておくことで、徐々に高い収入を得ることは可能です。

ただし、Webライターという仕事は以外と大変(っていうかかなり大変)です。成果物が全てですのでいい加減な仕事はできませんし、会社員以上に生産性を発揮しなければ、それなりの収入を得ることは難しいでしょう。

Webライターは初期費用がかからずPCとネット環境さえあれば、だれでも始められます。そのため、なろうと思えばだれでも慣れますが、生活できるレベルの収入を稼いでいる人はほんと一握りです。

ここから更に稼げるライターになるためには生産性を上げて本数をこなしたり、ニッチなジャンルの専門性を身につけるなどの努力も必要でしょう。

Webライターになるために資格は必要なの?おすすめの資格を紹介Webライターになるためにはどんな資格が必要?資格は取得しておいたほうがいいの?と疑問に思っている方に向けて、Webライターとして働くために資格は必要か?について解説し、おすすめの資格を紹介しています。...

まとめ

ここではWebライター初心者が10万円の収入を得るための具体的な方法を紹介しました。Webライターはなろうと思えば誰でも慣れますが、多くの収入を得ている人はほんと一握りです。

しかし、コツさえ掴めばそれなりに収入を得ることも十分可能ですので、ぜひチャレンジしてください。