Webライター

Webライターはすでに飽和状態!生き残るために必要な3つのこと

これからWebライターになろうと考えているけど、既に飽和状態なの?
Webライターの仕事を継続的に続けるにはどうすればいいの?

Webライターは参入障壁が低く、なろうと思えばだれでもなれてしまうため、需要と供給のバランスがくずれて既に飽和状態にあるのでは?と考えている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、Webライターの仕事はまだまだなくなりませんが、今後も継続して仕事を続けるためには、さまざまなスキルが必要です。

ここでは、Webライターを続けていく上で必要なことについて解説していきます。

Webライターはすでに飽和状態

Webライターはすでに飽和?

Webライターの仕事は、既に飽和状態となっています。

飽和状態になっている理由とは?

その理由としては以下が挙げられます。

  • ただでさえ情報が飽和している
  • Webメディアが乱立している
  • Webライターの人口は増えている
  • 誰でもできそうな仕事は応募が殺到している
  • 将来AI(人工知能)に置き換わる?

インターネット全盛期の現在では、さまざまな情報がすでに飽和状態にあります。

Webメディアも乱立していて、あらゆる分野がすでに競合で固められています。

後発組が競合を追い抜くことは難しく、今後はすぐに効果が期待できないコンテンツを作成するよりは、後述するアーンドメディアやペイドメディア、動画コンテンツなどにシフトしていく可能性は高いです。

このような状態の中でも、参入障壁が低いWebライターは人口が増えて飽和状態になってきています。

誰でもできそうなライティング案件は、常に応募が殺到しているのもよく見かけます。

最近ではコロナ渦の影響で、リモートワークが定着してきています。そのため、今後もWebライターは飽和状態になる確率は高いといえます。

また、こちらの記事でも紹介していますが、AI(人工知能)の登場により、簡単な記事作成なら一定のクオリティで作れてしまいます。

結局Webライターは飽和状態だから、今後仕事がなくなる可能性が高いってこと?

しかしWebライターは不足している

先ほどと矛盾していますが、Webライターはまだまだ足りていないのが現状です。

「Webライターは飽和状態なのに、Webライターが足りないってどういうこと?」

と疑問に感じたかもしれません。

ここで言う不足しているWebライターとは、専門分野や特定のジャンルに精通しているライターのことです。

IT需要の増加で近年ではエンジニアの人材が不足していると言われていますが、専門分野の知識を要するライターも不足しています

なぜかと言うと専門分野に精通している人は、その専門分野の仕事をしたほうが収入が良いからです。

そもそも専門的知識を生かして、ライティングの仕事を請け負う人はまだまだ少ないのが現状です。

そのため専門性が高いライティング業務は、単価も比較的高い傾向です。

今後も通用する専門的スキルをいくつか身につけておくことで、飽和状態にならないジャンルのWebライターとして、活躍できるのではないでしょうか。

Webライターが飽和状態の中で生き残るために必要なこと3つ

Webライターが飽和状態の中で生き残るためには

ここでは、飽和状態になるつつあるWebライターが生き残るために、当たり前ですが必要なことを紹介します。

意外と守れない「一般常識」

一般常識を身に着けていることは当たり前のことのように思えて、以外とできていない人は多い印象です。

特にWebライターとしては、以下は必要最低限守ることが大切です。

  • 締め切りを守れる
  • コピペはしない
  • トラブルを起こさない

とくに連絡がない、締切を守れない、コピペなどしてしまう人は信用できないので次回からお断りされる可能性が高いです。

クライアントとしては、このような一般常識はもちろん、素直な人のほうが好印象を持ちます。

指摘された内容を素直に治せる人、次回から同じ誤りを繰り返さない人などは継続して仕事を依頼してくれます。

クライアントに「提案」できる

メディアを継続して運用していくのは以外と難しく、担当者もよくわかっていない場合も多いです。

さきほどメディアが乱立していると言いましたが、SEOや顧客視点に基づいて戦略的に運用できているメディアはまだまだ少ないのではないでしょうか?

費用対効果が悪く、成果が出なくて放置しているのか更新が止まっているメディアも多いです。

そのため、ディレクターとしてメディアの方針を提案したり、アドバイスできる人材は重宝されます。

メディアを運用できる「マーケティング力」

前述したとおり、あらゆるメディアが競合で固められつつあるので、Webメディアのみで顧客を獲得するのは難しくなってきています。

そのため、アーンドメディア(SNS)やペイドメディア(広告)も活用していく必要があります。

とくに集客するにはSNSを活用することが重要となりますので、Facebook、Instagram、Twitterでユーザーと交流したり、タイムラインで埋もれないように読者が惹きつけるような内容を盛り込む必要があります。

オウンドメディアやアーンドメディア、ペイドメディアを組み合わせて運用できるマーケティングのスキルは一生モノの財産となります。

キャリアアップも兼ねて、ぜひ身につけておきたいところです。

Webライターにおすすめの本

ここまで読んで「自分はライターとして向いてないかも……。」と感じている人もいるのではないでしょうか?

しかし、Webライターとして生活できるレベルまで稼ぐためには、専門的なスキルや戦略がそれなりに必要になります。

  • Webライターとして基本的なスキルを知っておきたい。
  • 効率よく仕事の生産性を上げる方法を身につけたい。

と感じている方は、こちらにライターとして読んでおきたい本を15冊紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

基本的なライティングスキルから仕事術、ライターとして必要なマーケティング関連の本まで網羅的に紹介しています。

まとめ

ここではWebライターの飽和状態について解説しました。

どのような人材が飽和状態になるのか?必要な人材とはなにか?について知ることができたと思い舞うs。

Webライターの仕事は、Webが今の状態であり続ける限り、なくなることはないと思っています。

しかし、どの業界でもそうですが、通用するスキルはしっかりと身に着けていないと淘汰される可能性は高いです。

今後もWebライターとして働き続けるなら、必要なスキルはしっかりと身に着けておきましょう。

あわせて読みたい

https://www.furikatu.com/web-writer-study/
https://www.furikatu.com/writing-skills/

万が一に備えるなら「フリーナンス」に登録しよう!


FREENANCE(フリーナンス)はフリーランス/個人事業主のためのお金と保険のサービスです。

登録することで「万が一に備えてのあんしん保証が自動付帯」、「企業側からの信頼度が上がり、仕事を依頼しやすくする」という大きなメリットがあります。

登録は無料で保証も手厚いので、フリーランスとして働いている方は、ぜひ登録することをおすすめします。



こちらの記事もおすすめ