Webライター

【Webライター】1日に必要な文字数はどれくらい?現役ライターが解説

  • Webライターとして生活するために1日の必要な文字数ってどれくらい?
  • 文字数を増やすためにはどうすればいいの?

「Webライターって1日でどれくらいの文字数を書けばいいの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここではWebライターとして1日に必要な文字数や、文字数を効率的に増やすための方法について解説していきます。

この記事の信頼性(私の経歴)

  • 文字単価0.5円から副業Webライターとして、キャリアをスタート
  • その後独立して3ヶ月で月収45万達成
  • 現在はフリーランスのWebライター/ディレクター/マーケター/エンジニアとして活動中

Webライターの1日の文字数は?

Webライターの1日の文字数って実際どのくらいでしょうか?

当時駆け出しだった頃の自分は、ざっくりと以下のような感じで働いていました。

  • 作業時間:8〜12時間
  • 1日の文字数:1万5千文字ほど
  • 月の稼働日数:22日

実体験として、よほど文章を書くスピードが早くなければ、1日の文字数は1万5千文字程度が限界です

Webライターは文字を書くだけではなく、リサーチや案件によっては構成の作成やCMS入稿もあるので、その分時間が掛かります。

また納品した記事の手直しが発生する場合も……。

それらの時間を考慮すると、実際にライティングのみに割り当てられる時間は思った以上に少ないと言えます。

1日どれくらいの文字数を書けば、生活できるようになるの?

ここではWebライターとして、1日にどれくらいの文字数を書けば生活できるようになるのか?

また文字単価が高い案件を狙うべき理由について、それぞれ解説していきます。

まずは月にいくらの収入が欲しいか決めておく

Webライターとして、まずは月でいくらの収入が欲しいのかを決めておきましょう。

月に必要な生活費などを割り出し、逆算して1日でどれくらいの文字数を書けばいいのかを算出します

たとえば月20万円の収入を得たいなら、土日休みで月の稼働日数が22日とします。

200,000(月の収入) / 22(稼働日数) = 9,090円(1日の目安)

20万円の場合1日で稼ぐ必要がある収入は、9,090円であることがわかります。

文字単価が1円なら9090文字、文字単価が0.5円なら18,180文字書かなければいけませんね。

またクラウドソーシングサービスの場合は、報酬から手数料が差し引かれるので、その分も加味しておく必要があります。

ただし上で解説したとおり、よほどライティングのスピードが早くないと、1日の文字数は15,000文字程度が限界です。

文字単価が安いと、長時間労働や徹夜して働かねばならず、セルフブラック化してしまいますね……。

長時間労働は翌日の生産性にひびいたり、体調を崩しやすくなるのでおすすめできません。

文字単価が高い案件を狙うべき理由

私の場合は上で説明した理由から、文字単価が低い案件をいつまでも続けられないと感じたので、徐々に高単価の案件にシフトしていきました。

結論として、文字単価換算で4円〜5円の案件を複数持つことで安定した収入を得ることは十分可能です。

理由は文字単価が高いと1日に書く文字数も少なくなるので、精神的な負担を減らせます。

文字単価が4円なら2,500文字の案件を3件もこなせば、1日の文字数は7,500文字でも3万円になりますね。

ただし難易度が高いほどリサーチに時間を要します。とくに不慣れなジャンルの場合、1記事書くのに数日掛かる場合もありえます。

しかし慣れてくるとリサーチの時間も掛からなくなるので、コツさえつかめば時間を徐々に短縮できるようになりました。

効率よく文字数を増やすには

ここでは効率よく文字数を増やすための方法について解説していきます。

徐々にハードルを上げる

Webライター初心者が、いきなり1日の文字数を1万文字以上を目標とするのは無謀です。

最初から高い目標設定をしてしまうと、挫折する要因となります。

そのため、まずは1日の文字数を3,000〜5,000文字程度を目標として、徐々にハードルを上げることをおすすめします

私も副業ライターから始めましたが、最初はハードル低めに設定して、ハードルを超えるごとに仕事を増やしていきました。

突き抜けるには多少の無理は必要ですが、あまりにハードルが高すぎると心が折れてしまうので、最初はできそうな範囲から始めてみることをおすすめします。

ライティングのスキルを上げる

そもそものライティングスキルが低いと、効率よく文字数を稼ぐのは難しいと言えます。

ライティングスキルを上げるには、スキルを体系的に学べる通信講座がとくにおすすめです

通信講座については「Webライター向けのおすすめ通信講座」で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

ライティングのスピードを上げる

文字数を増やすための手っ取り早い方法は、書くスピードを上げること

そのためには、1記事あたりの制限時間を決めておいたり、書くために必要な素材はあらかじめ集めておく必要があります。

リサーチが不十分なまま書き始めてしまうと、何度も書く手が止まって、悩むことになります。

また文字数を増やすことを意識するあまり、質がおざなりになると、その分手直しが発生します。

何度もそのようなことを繰り返すと、クライアントの信用も失うので注意が必要です。

以下の記事では「Webライターとして生産性を上げるコツ」について紹介してますので、参考にしてください。

Webライター向けおすすめの求人

Webライター向けのおすすめの求人はあるの?

Webライター向けの求人サービスはたくさんあるので、どれを選べばいいのか?悩んでしまいますよね。

Webライター向けのおすすめの求人については、「フリーランス・副業向け」「正社員向け」それぞれ以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

ここではWebライターとして1日に書く必要のある文字数や、1日どれくらいの文字数を書けば生活できるのか?などについて解説しました。

Webライターと一言で言っても執筆するジャンルも単価もピンきりです。

そのためWebライターとして安定した収入を得るには、ここで紹介したように高単価の案件を複数抱えることが最も近道となります。

あわせて読みたい