Webライター

Webライターに向いてる人・向いてない人の特徴とは?【こんな人はやめとけ】

Webライターの仕事が気になってるけど自分に向いてるのか不安…。
Webライターの仕事が向いてる人・向いてない人の特徴が知りたいな。

このような悩みをお持ちの人に向けて、Webライターの仕事が向いてる人、向いてない人の特徴を歴6年のライターが解説していきます

Webライターの仕事はパソコンさえあれば、すぐにでも始めることができます。

ただし、誰でもすぐに稼げるようになるわけではありません。

ぜひ、ここで紹介している内容を参考にしていただいて、今後のキャリアに活かしてください。

私のnoteではWebライターとしてやるべきこと、
成長するためのコツを紹介しています

合わせて参考にしていただくことで、
更に収入アップを目指せます。

専業Webライターとして会社員以上に稼ぎたい!
と考えている人はぜひご覧ください!

Webライターの仕事が向いてる人の特徴5つ

Webライターに向いてる人

まずはWebライターに向いてる人の特徴を紹介します。

Webライターに向いている人の特徴
  1. 文章を書くのが好き
  2. コツコツと1人で仕事をするのが好き
  3. SNSやブログでの情報発信に慣れている
  4. 専門分野を身に着けている
  5. 一般常識・ITリテラシーを身に着けている

それぞれ詳しく解説します。

特徴1:文章を書くのが好き

Webライターの仕事が向いている人の特徴1つ目は、「文章を書くのが好き」ということ。

Webライターの仕事は当然ながら文章を書いて、対価を得る仕事です。そのため、正しい日本語で文章を書くスキルが求められます

文章を書くのが好きな人、普段から仕事で文章を書くのに慣れている人は、今日からでもWebライターの仕事を始めても大丈夫です。

逆に文章を書くのに不慣れな人、苦痛を感じるようなら向いていません。

特徴2:コツコツと1人で仕事をするのが好き

Webライターの仕事はコツコツと調べ物をしながら進めていきます。

うるさい環境が苦手な人、パソコンと向き合って、黙々と仕事をするのが好きな人にはぴったりの仕事です。

Webライターを本業にしていると、1日ほとんど喋らないことも多々あります。

そんな環境に耐えられる人、孤独が好きな人は適職と言えるでしょう。

特徴3:SNSやブログでの情報発信に慣れている

普段からSNSやブログで情報発信をするのに慣れている人もWebライターに向いています。

むしろSNSでフォロワーが多い、ブログで収益を得ている場合は、Webライターとしても大きな強みとなり、アピールポイントになります

こちらの記事でも紹介していますが、ブログは大きなメリットがあります。

特徴4:専門分野を身に着けている

こちらのツイートにあるように専門分野を身に着けてる人は、Webライターとして大きな強みとなります

なぜなら、専門知識が必要な分野は記事単価が高い傾向にあるからです

逆に誰でもできるライティング案件は、単価が安く大きく稼ぐことはできません。

私も前職がITエンジニアでしたので、スキルを活かしたライティング案件で安定した収入を得ることができました。

特徴5:一般常識・ITリテラシーを身に着けている

Webライターに限らずIT全般の仕事に言えることですが、最低限の一般常識・ITリテラシーは必須です

とくにITリテラシーを身につけておくことで、IT全般の業務において、適切な判断ができたり、情報の取扱、収集・発信ができるようになります。

自信がない人は、ITパスポートの資格を取得しておくことをおすすめします。

こんな人はやめとけ!Webライターに向いてない人の特徴6つ

Webライターに向いてない人

次にWebライターに向いていない人の特徴を解説します。

Webライターに向いてない人の特徴
  1. 注意力が散漫な人
  2. 孤独が苦手な人
  3. リサーチが苦手な人
  4. 短気な人
  5. パソコンのスキルがない人

それぞれ解説します。

特徴1:注意力が散漫な人

Webライターに向いてない人の特徴として「注意力が散漫な人」は辞めておいたほうがいいでしょう。

向いてる人の特徴で紹介しましたが、Webライターの仕事は1人でコツコツと仕事をするものです。

長時間じっとしているのが苦手な人や、注意力が散漫で意識があちらこちらにいってしまう人には向いていません

ズルズルと先延ばして毎回納期までに完了できないと、クライアントにも迷惑をかけてしまいます。

特徴2:孤独が苦手な人

孤独が苦手な人もWebライターには向いていません。

Webライターの仕事は基本的に在宅ワークです。

オフィスで雑談しながら仕事をするのが好きな人、共通の目的意識を持ったチームで仕事をするのが好きな人は他の仕事を探したほうがいいでしょう。

孤独に耐えられないとメンタルがやられます

メンタルがやられると、長期間仕事ができない状態に陥ってしまうことも…。

特徴3:リサーチが苦手な人

クライアントやユーザーのニーズに沿った記事を書くためには、リサーチは不可欠です。

リサーチとは記事を書くために正しい情報を集めること。

Webライターの仕事は主観のみで文章を書いてはいけません。クライアント(発注者)が用意した構成や指示書をもとに、文章を書いていきます。

また、ユーザーが満足する記事を書く必要があります。自分の思うがままに文章を書いていいわけではありません。

リサーチして情報を収集するためには、競合調査をしたり、関連キーワードの洗い出し、ニーズの洗い出しなどを地道に行う必要があります。

特徴4:短気な人

Webライターの仕事は短気な人には向いていません。

クライアントの指摘にいちいちムカッときて言い返してしまう人、思うように仕事が進まなくてイライラしてしまう人は不向きです

始終イライラしてしまっては、仕事も捗りません。

また、短気な人はせっかちな傾向にありますので、自分本位な文章を書いてしまいがち…。

よく見直さずに低品質な記事を納品しては、クライアントの評価も下がります。

特徴5:パソコンのスキルがない人

そもそも最低限パソコンのスキルがないとWebライターとして仕事はできません

文章を早く書くためのタッチタイピングやコピーアンドペースト、切り取りなど便利なショートカットキーが使えない場合、作業効率が著しく落ちます。

Webライターの仕事はスマホでも不可能ではありませんが、長文を書くのは向いていません。

特徴6:お金ありきな人

仕事はお金を貰うためにやるものですが、稼げそうだからという動機で安易にWebライターの仕事を始めるのはおすすめできません。

Webライターの仕事は日々勉強の連続です

クライアントが定めたレギュレーションやルールのキャッチアップ、入念なリサーチ、正しい日本語の書き方など、意外と勉強することがたくさんあります。

そして、駆け出しの頃は作業量の割に大きく稼ぐことはできません。

そうなると、

「Webライターの仕事は稼げない!」
「Webライターは搾取されている!」

という思考に陥ってしまいますね。

Webライターとして最低限のスキルを磨く5つの方法

ここまで、Webライターの仕事が向いてる人、向いていない人の特徴を解説しました。

ただし、向いてる人でもスキルがないとWebライターとして本格的に働くのは難しいです

でも、Webライターとしてスキルを磨くにはどうすればいいの?

という人向けに、最低限のスキルの磨き方を紹介します。

スキルを磨くためにやるべきことは次のとおりです。

  1. 情報収集力
  2. 写経する
  3. わかりやすい文章
  4. インプットとアウトプット
  5. 実績を積む

詳しくは次の記事で解説しています。

Webライターは副業に向いてる?

結論から言うと、Webライターの仕事は副業に向いています

理由として手軽に始められることと、スキマ時間にできることが挙げられます。

また、クラウドソーシングサービスで個人でも簡単に仕事を受けられるのも大きなメリットです。

ただし、副業として限られた時間で効率よく稼ぐには工夫が必要です。

具体的には次のとおりです。

  1. 実績をつくる
  2. 単価の高い案件を狙う
  3. 生産性を上げる

次の記事では、副業Webライターの1日のスケジュールや、稼ぐためのコツを紹介しています。

まとめ

この記事ではWebライターの仕事が向いてる人、向いてない人の特徴を紹介しました。

Webライターに向いている人の特徴
  1. 文章を書くのが好き
  2. コツコツと1人で仕事をするのが好き
  3. SNSやブログでの情報発信に慣れている
  4. 専門分野を身に着けている
  5. 一般常識・ITリテラシーを身に着けている

Webライターの仕事は手軽に始められますが、人を選ぶ職業でもあります。

向いてる人の特徴が当てはまるようなら、ぜひチャレンジしてみましょう!

私のKindleやnoteではWebライターの始め方、
成長するためのコツを紹介しています

合わせて参考にしていただくことで、
更に収入アップを目指せます。

専業Webライターとして稼ぎたい!
と考えている人はぜひご覧ください↓

こちらの記事もおすすめ