Webライター

Webライターはじめの一歩!おすすめのライティング練習法5選

Webライターの仕事に興味があるけどライティングの練習ってどうすればいいの?
おすすめのライティング練習法を教えてほしい

このような疑問に答えます。

Webライターとして働きたいと考えている人にとって、大きな課題がライティングの練習はどうやってすればいいのか?ということ。

そこでこの記事では、Webライターとして働くために効率のよいライティングの練習方法について解説していきます

おすすめのWebライティング練習法5選

Webライティングの練習をする女性

練習法1:気になるページを写経しよう

手っ取り早く文章力を鍛えたいなら写経がおすすめです。

特に文章力に自信が無い場合は、写経することでライティングスキルの習得に役立ちます。

「じゃあお手本になる記事はどれがいいの?」

と思われるかもしれませんが、気になる記事や雑誌の記事を見つけて写経しましょう

特定のジャンルの記事、例えば芸能関係の記事を書きたいなら、関連メディアの記事の内容を書き写すなど、テーマを絞って写経してみることをおすすめします。

写経をする上で気をつけてほしいことは、ただ書き写すだけではいけません。文章の流れや構成、書き方、起承転結の方法などを理解しながらテクニックを学ぶことが大切です。

練習法2:ブログやnoteで発信しよう

ライティングのスキルを上達するためには、ブログやnoteで記事を書いてみるのもおすすめです。

noteやブログで書きまくれば次第に文章の構成や書き方、テクニックなどを身につけられます。

ただし自分勝手に書きなぐるのではなく、次について意識して書いてみることです。

  • わかりやすく書くこと
  • 想定読者を意識すること
  • 読者のためになること

経験から得た学びやノウハウなどをブログをアウトプットの場とすることで、自分の考えを整理できます

noteやブログ経由で仕事が舞い込むこともありますので、積極的に活用しましょう。

また、こちらでツイートしていますが、自分のnoteやブログはポートフォリオ(作品集)にもなります。Webライターとして執筆したいジャンルがあるなら、記事を書いておくことで提案するときにサンプルとして活用できます。

noteやブログはWebライターにとって、元手もそれほどかからず、メリットも多いので使わない手はないです。

練習法3:Webライティング本から学ぼう

Webライティングの経験が全くない、文章力に自信がないなら、ライティング向けの本から学ぶのも1つの手段です。

本なら体系的にライティングスキルも学べますし、手元に置いておいて辞書代わりに使うこともできます。

とくにおすすめの本は次の2冊です。

こちらの記事ではWebライターとして読んでおきたい本を15冊紹介しています。合わせて参考にしてください。

基本的なライティングスキルから仕事術、ライターとして必要なマーケティング関連の本まで網羅的に紹介しています。

練習法4:通信講座で学ぼう

WEBライティング実務士資格
ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』
価格:PCなし32,000円
価格:スタートパック(Surface付き)213,500円
学習期間目安6ヶ月
特徴・WEBライティング実務士資格の資格を取得できる
・ノートPCを特別価格で購入可能

ヒューマンアカデミーの「WEBライティング技能検定」は、「WEBライティング実務士資格」を取得できる通信講座です。

資格を取得することで、WEBライターとして一定のスキルがあることを証明できます。

資格取得の過程でライティングのスキルを効率よく学べるます。まずはライティングのスキルを基礎から効率よく学びたい人におすすめです。

WEBライティング技能検定を取得することのメリット
  • ライティングのスキルを身につけられる
  • ビジネスマナー、個人情報、セキュリティなどに関する知識が身につく
  • 検索エンジンに関するスキルが身につく

WEBライティング技能検定講座は、以下通信講座たのまなの「Webライティングコース」から資料請求できます。

>> ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』はこちら <<

ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』

✔優遇処置で単価がアップしやすい
✔ライティングの基礎やスキルが学べる

練習法5:クラウドソーシングで仕事を受注しよう

ある程度文章力に自信がついたら、クラウドソーシングサービスに登録して早めに実績を作ることが大切です。

クラウドソーシングなら初心者でも案件を受注することが可能で、実際にメディアに自分の記事が掲載されるのは自信につながります

最初はお小遣いにもならない金額しか稼げないかもしれませんが、ここは実績と練習を割り切っちゃいましょう。

自信がない人はとりあえず簡単なタスクから消化していって、徐々に高単価な案件を狙っていく方法をおすすめします。

クラウドソーシングサービスは次の大手2社を登録しておけば大丈夫です。

クラウドワークス

クラウドソーシングサービスの大手でライティングの案件が豊富です。

初心者でも応募の少ない案件なら簡単に受注できる印象です。

>> クラウドワークス

ランサーズ

クラウドソーシングと並んでクラウドソーシングサービスの2大巨塔と言われています。こちらも案件が豊富で受注しやすいです。

>> ランサーズ

まとめ

ここではWebライターとして、まずライティングのスキルを上達したい人向けに、おすすめの練習法を紹介しました。

Webライターと一言でいっても収入はピンキリです。稼げるライターになるためには練習と実績作りがなによりも重要となります。

ぜひここで書いてることを実践して脱初心者を目指しましょう。

この記事でおすすめの通信講座

「WEBライティング実務士資格」を取得できる講座です。
一定レベルを超えたライティングスキルがあることを証明できます。

>> ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』はこちら <<

ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』

✔優遇処置で単価がアップしやすい!
✔ライティングの基礎やスキルが学べる

販売している商品

Webライターとして爆速で稼ぐためのたった1つの方法
フリーランスのWebライター|1年目でやったこと、やるべきこと
フリーランス|今すぐできる目標の設定方法

✅ あわせて読みたい