Webライター

Webライターとして本気で稼ぐ!必要な3つのこと

Webライターとして働いてみたけど、思うように稼げなくてお小遣い稼ぎ程度の収入しか得られていない人も多いのではないでしょうか?

  • Webライターになったけど思ったように稼げない。
  • このままだと貯金が底をつきそう。
  • Webライターとして本気で稼げるようになりたい!

よくWebライターは稼げないと聞きますが、これは事実です。クラウドソーシングサービスで安い仕事ばかりを請けていては、いつまでたっても大きく稼ぐことはできません。

そこで、この記事ではWebライターとして本気で稼げるようになりたい人に向けて、以下の内容で解説していきます。

  • Webライターとしてあなたが稼げない理由
  • Webライターとして本気で稼ぐための3つの方法

すぐに実践できる内容ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

Webライター向けおすすめの通信講座

>> ヒューマンの通信講座*たのまな『在宅WORK』 <<

「WEBライティング実務士資格」を取得できます。資格保持者は、一定レベルを超えたライティングスキルがあることを証明できます。

※「Webライティングコース」から資料請求できます。

✔ビジネスマナーが学べる
✔優遇処置で単価がアップしやすい
✔ライティングの基礎やスキルが学べる

Webライターとして稼ぐことは可能?

Webライターとして生計を立てたいけど、十分な金額を稼ぐことは可能なの?

まず、Webライターとしてサラリーマンの平均年収並に収入を得るのは相当難しいです。

理由として、

  • Webライターは新規参入者が多く日々ライバルが増えている
  • 単価が安い案件が多く割に合わない

Webライターの仕事はパソコンとネットさえ繋がればどこでも仕事が可能です。そのため誰でも始めやすいということが挙げられます。

「新規参入が増える=ライバルが増える」

Webライターの仕事を多く募集しているクラウドソーシングサービスでも、単価が安い案件が多く、丸一日働いて5,000円分しか稼げなかった……。

なんてこともありえます。

条件の良い仕事には応募が殺到している状況ですので、よほどスキルがないと多くのライバルから頭一つ抜け出すのは難しいです。

こちらでもツイートしていますが、本気で稼ぐなら早めに実績を積んで、大手と直接契約を結んだほうが手っ取り早いです

ただしいきなり直接契約して働くには、それなりのスキルが必要です。

次からは、稼げない理由と本気で稼ぐ方法について紹介していきます。

Webライターとしてあなたが稼げない理由とは

頭を抱える男性

安い単価ばかりを請けている

クラウドソーシングサービスで、文字単価1円以下の仕事ばかりを請けていたら当然ですが大きく稼ぐことはできません。

毎月生活費を稼ぐのに精一杯で、カツカツな状態となってしまいます。

文字単価0.5円なら1万文字書いてようやく5,000円です。クラウドソーシングサービスを利用する場合はそこからシステム手数料が差し引かれるので、実際の手取りはもっと少ないです。

1日1万文字書くのは結構な労力が必要ですし、苦労して書いてもたったの5,000円なら正直他の仕事をしたほうが大きく稼げますね。

執筆が遅い

  • ここはどんな切り口で書けばいいんだろう?
  • どうやって書いていけばいいのかわからない……

なかなか書く内容が思い浮かばなかったり、いちいち文章の体裁を気にしていては、執筆速度が遅くなって当たり前です。

ライティングをする上で手が止まるということはよくあります。

しかしあまりに執筆が進まないと、1記事書くのに1日がかりの場合があります。そんな速度で執筆していては大きく稼ぐことは難しいです。

流れに乗れば執筆が進むときはありますが、毎回そうとは限りません。

やる気が起きない

Webライターは基本的に一人で行う孤独な作業です。

心配事があったり、思い悩んでやる気が起きないこともよくあります。

やる気がおきないと動画やネットサーフィン、SNSなどに逃避して気づけば1日が終わっていた……。なんてことは見に覚えのある人もいるのではないでしょうか?

しかしそんな状態が続いてしまうと、激しく後悔したり自信を無くしてしまう結果となります。どこかでこの悪循環を断ち切らなければ、Webライターとして働いていくのは難しいと言えます。

Webライターとして本気で稼ぐための3つの方法

文字単価1.5円以上を目指す

Webライターとして本気で稼ぐためには、まず文字単価は1.5円以上を目指すべきです。

でも、1円以上の案件は難易度が高そうだし……

基本的に1円以上の案件は難易度が高めなので、なかなか手が出せない人も多いと思います。しかし、だからこそ狙い目なのです。

ランサーズやクラウドワークスで、高単価の案件でも思い切って提案してみるのもありです。募集内容に経験者優遇、経験○年以上とか記載されていても、応募してみると提案が通ることもあります。

難易度が高い案件は応募者が集まらない場合も多いです。実際に経験がなくても仕事が受注できたことは何度かあります。

難易度が高い仕事を請けることのメリット
  • 基本的に文字単価が高い
  • 専門的な知識が身につく
  • Webライターとしてレベルアップできる
  • 条件のよい仕事を紹介してくれることも
  • 更に難易度の高い案件にも挑戦できる

難易度の高い仕事をこなすことで、専門的な知識も身につき、少しずつレベルアップできます。一度クライアントと信頼関係を築ければ、更に良い条件で仕事を紹介してくれることもあります。

また、難易度の高い案件をこなすことで自信がつくので、さらに単価の高い仕事を目指すことも可能です。ただし、仕事を請けたからには納期までに必ず間に合わせるようにしましょう。

難易度の高い案件はそれなりにリサーチも必要です。

ライティングスピードを上げる

当然ですがWebライターとして稼ぐためにはこの方法が一番手っ取り早いと言えます。記事単価3,000円の仕事を5時間かかっていては、時給は600円にしかなりませんね。

早く書くためのコツは「とにかく手を動かすこと」につきます。

しかし、いきなり書き始めようとしても、書くことが思い浮かばなくなって手が止まってしまうのは当然のことです。手を止めないためには、手順を踏む必要があります。

「10倍早く書ける 超スピード文章術」で紹介されていますが、早く書くためには構成ごとに書くために必要な材料を自分の頭の中から、またはリサーチして集めておきます。

時間は掛けてもいいので、これ以上ないくらいたくさん材料を集めておきます。

あらかじめ書くための材料を集めておけば、何を書いていいのか分からずに手が止まるということも防げます。

そして文章の体裁を気にせずに、まずは一気に書き上げることが大切です。手直しは全て書き終えてから行いましょう。

目標を決める

本気でWebライターとして稼ぐためには、簡単で良いので目標を決めておくことをおすすめします。目標が曖昧なまま進めても、モチベーションを維持し続けることは難しいと言えます。

目標は具体的かつシンプルなもので、数値で測れる内容にします。

  • 月収30万円稼ぐ
  • 文字単価1円以上の案件を5件獲得する

目標を決めたら毎週進捗具合を30分以内でチェックします。達成が難しそうなら、どんなアクションをするか具体的に決めていきます。

目標の立て方や実践方法については、フリーランスのためのKGI・KPI入門で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

まとめ:Webライターはスキルさえあれば月収50万円以上も可能

ここで紹介した内容を継続して進めていけば、稼げないWebライターから脱出することは十分可能です。

  • 単価を上げる
  • とにかく手を動かす
  • 目標を決める

そして、稼げるようになってきたら更に上を目指していきましょう。クラウドソーシングサービスのみで仕事を請けている場合は、気になるメディアに自分で直接営業するなどして、さらに単価の高い案件を目指していきましょう。

こちらの記事もおすすめ