Webライター

【Webライター】生産性を上げる5つのコツをわかりやすく解説

  • Webライターとして書くのが致命的に遅い
  • 生産性を上げるためのコツがあったら知りたい
  • 書き方に悩んですぐ手が止まってしまう

Webライターの方で、このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?書くことが思い浮かばなかったり、あれこれ悩んでしまって時間ばかり掛かってしまうのは、Webライターとして生産性を上げるためのコツを理解していないからです。

記事を書く上で大切なのはユーザーの悩みを解決することなので、必要以上に悩まずにどうすれば伝わるかということに集中することが大切です。そこで、ここではWebライティングにおいて、効率よく書くためのコツについて紹介していきます。

Webライターが生産性を上げるためのコツとは

以下ツイートしていますが、Webライターとして生産性を上げるコツは、このとおりです。

ライティングの基本を守りつつ、この内容を実践していくことで、高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

それぞれ見ていきましょう。

制限時間を設ける

時間を管理する

ライティングのスピードを上げるコツとして、何よりも重要なのが制限時間を決めることです。

ライティングのスピードが遅いパターンとして、制限時間を決めずにダラダラとやってしまうことがまず挙げられます。企画の段階でリサーチに時間を書けすぎてしまったり、下書きの段階でどう書けばいいのか?わからずに手が止まってしまうような経験は誰しもあると思います。

しかし、それでいつまでも悩んでいたら時間ばかり浪費してしまいますね。特にWebライティングの案件は1記事単価制の場合が多いので、時間を掛けすぎるとその分時給換算での単価が下がってしまいます。

例えば記事単価2,000円の案件を2時間掛かった場合と、4時間掛かった場合の時給換算は以下のとおりです。

  • 2,000円 / 2時間 = 1,000円
  • 2.000円 / 4時間 = 500円

つまり、記事単価2,000円の仕事に4時間掛かったら、時給は500円にしかならないということです。これなら普通にアルバイトしたほうが稼げますよね。そのため2,000円の記事単価なら2時間以内に終わらせられるように、作業ごとに制限時間を設定することが大切です。

企画、WordPress入稿込みの時間の設定例
  • 企画・構成:30分
  • 下書き:60分
  • WordPress入稿:30分

そして、制限時間を決めたらその時間内に終了するように意識して取り組みましょう。

構成を決めておく

Webサイト

よくやりがちな例として、構成と下書きを同時に始めてしまうことが挙げられます。構成を考えながら下書きを書き始めると、途中でちぐはぐな内容になる可能性があります。

整合性が合わなくなって、余計な手戻りが発生する可能性が高く、一度手戻りが発生すると大きな時間のロスが発生します。そのため、ペルソナ(コンテンツの顧客となりうる人物像)やサジェスト(KW候補・サブキーワード)に沿ってあらかじめ構成は決めておきましょう。

構成を考えるコツとしては、ストーリー形式で流れるような構成を意識すると良いでしょう。構成さえできてしまえば、あとは構成に沿って文章を書くだけですので、作業としては実質半分は終わったようなものです。

素材を集める

風船

書くための素材をあらかじめ集めておかなければ、下書きの段階で悩んでは調べての繰り返しとなって、非常に効率が悪いです。書くと調べるでは別々の作業となるので、その都度悩んでしまうと今までのリズムがストップしてしまう恐れがあります。

そのため、最初から素材集めはしておきましょう。素材集めのポイントは以下のとおりです。

  • 自分の経験
  • 関連するキーワードで検索
  • Q&Aサイトで質問
  • 競合サイトの分析

素材集めを十分にやっておくことで、ライティングの効率を劇的に上げることができます。

箇条書きで書く

ToDoリスト

下書きの段階では、まず箇条書きで書いていったほうがテンポよく書くことができます。最初に紹介したコツである制限時間を設けるやり方で、例えば30分の間に書くことだけに集中しましょう。

その際手を止めないように注意してください。書いているときは、誤字脱字があっても手直しはしないでとにかく書きます。編集・校正はWordPressなどで清書を行う段階で実施すればいいので、この段階ではとにかく手を動かすことに集中します。

短時間でも集中して書くことで、2000〜3000文字の文章を書き上げることも可能です。

知識・経験を積んで数をこなす

ステップアップ

最後のコツは知識・経験を積んで数をこなすことです。

専門性の高い分野の場合、どうしても調査に時間が掛かってしまいがちです。聞き慣れない専門用語がたくさんあったり、そもそも内容が理解できなかったりすることはよくあります。

しかし、そんな専門分野でも知識や経験を積むことで、調べなくてもある程度書けるようになります。記事数をこなすことで、KWを見ただけでもさっと構成を頭に思い浮かべることができるようになれば一気に効率が上がります。

また、見出しごとにどういった内容を書くのかも迷わなくなるので、アウトラインと同時に下書きを始めても手戻りがなくなります。そのため、最初は時間が掛かってもまずは数をこなすことを意識しましょう。

まとめ

ここではWebライターとして早く書くために必要なコツを紹介しました。ここで紹介した方法を実践すればある程度早く書けるようになりますが、誰しもいきなり早く書けるわけではありません。

Webライティングは数をこなすことが大切ですが、ただ数をこなすだけではなくライティングする上で自分のボトルネックを見つけ出し、改善してくことも必要です。

こちらの記事もおすすめ